2024年4月11日 (木)

久しぶりに鳥

さかのぼります。3月中旬です…

 

2403082
カンヒザクラが咲いていて、メジロが来ていた。

 

240301_20240409095001
オオカンザクラはヒヨドリが占拠していて

 

2403022
メジロはあまり花が咲いていない地帯に追いやられていた。。。

―――――――――――――――――――――――――

先日は、

頭の上で、コンコンコンと音がするので

240401_20240411101301
探してみたらアオゲラがいた。

 

240401_20240411101302
新緑だな~~の中で、コサギがストレッチ。飾り羽がきれいだった✨

 

ムシを探してキョロキョロしていたら

240401_20240411101303
ビンズイが静か~に歩いていた。。。

――――――――――――――――――――――

鳥ではないですが、植物園にて…

 

240401_20240409095002
ヒメカンアオイの花を初めて見た。

 

240401_20240409095001
タマノカンアオイ(多分)も探してみたら、たくさん、6輪咲いてた!

2024年4月 8日 (月)

花とか…

3月下旬、山のふもとの川沿いを散策してみたが

去年いろいろいいムシや花が見られた場所で

今年はまだ冬枯れの様相。

季節の進みが遅いようであった。

2403012
ハナネコノメが少しだけ咲いていた。

 

240301_20240408130401
ヨゴレネコノメも。

 

240301_20240408131001
川の近くにはスギタニルリシジミがいた。

 

240301_20240408130501
ナガバノスミレサイシンはたくさん咲いてた。

 

スミレつながりで…

狭山丘陵で去年も見られた白いスミレ

240301_20240408131101
シロバナタチツボスミレのようだ。

花が終わったあとの葉っぱが細長いのでノジスミレかなと思ったけど

シロバナタチツボスミレは「花後の葉は細長くなる」んだって~。

 

さらにスミレつながりで…

近場にて

2404012

今年もアリアケスミレ。

 

2404012_20240408131001
コスミレもギリギリ。

 

240401_20240408131001
ヒゴスミレも見れた~。

2024年4月 3日 (水)

ムモンチビシギゾウムシかな?

暖かな日に擬木をじろじろしながら歩いてみたところ

いろいろなムシに会うことができた。

 

チビシギゾウムシがいくつか見られた中で

明らかに違うやつが。

240402

ムモンチビシギゾウムシ(Koreoculio antennatus)かな、と思う。

図鑑によると、ウスモンチビシギゾウムシは「肢は赤褐色、吻や前胸前縁はときに赤褐色」

「前胸背板は両側に縦長の灰色条がある」らしいのだが

これは脚が黒く、前胸背板の側面にも灰色条がない

うっすら中央後の横帯があるようにも見えるが…

japanese weevil のタイプ標本を見ると同じような雰囲気。

 

240403
口吻も黒い。

 

 

比較用で、以前撮影したウスモンチビシギゾウムシ。

190403_20240403151601

190407
脚や口吻の色が赤褐色。

ムモンチビシギゾウムシとウスモンチビシギゾウムシの違いは

脚の色や口吻の色が分かりやすいのかも。

2024年3月28日 (木)

ババオビアカサルゾウムシかな?

擬木のムシを探してぶらぶら歩いた。

 

240302

なんかいい色のサルゾウムシがいた。

オビアカサルゾウムシか、と思ったけど

オビアカサルゾウムシってこんな色だったっけ。

家に帰って調べていたらババオビアカサルゾウムシ(Coeliodes babai)というのがいて

信頼できる筋のサイトを見ると、たぶんこっちだな、と思う。

しかし同定に関する情報が全く得られていなくて

絵合わせでしかないので自信はありません。。。

3/29追記:文献見つけました。

オビアカサルゾウムシはエリトラが赤茶色、

ババオビアカサルは茶色、または濃い茶色。

オビアカサルでは吻溝の形が雌雄共にU字型

対してババオビアカサルはオスがV。メスはU、しかし長さがオビアカサルと異なる。

他、腹節の凹みについての記述がありますが

また写真で確認できたら記事にします。

 

240305

240304

 

 

240303
これはオビアカサルゾウムシ(Coeliodes nakanoensis)でいいんじゃないかなあ。

 

あとはこの時期のいつものメンバーで

240301
ガロアノミゾウムシ。

横目でしっかりこっち見てる。。。

 

240302_20240326094901
レロフチビシギゾウムシも見れた。

 

240301_20240326102401
ラクダムシの幼虫かな。

正体を知らなかったら恐ろしげな生きものとしか…

 

240302_20240326102301
クモマハエトリ。

雲間から光が差す様子に見えるという、素晴らしいネーミング。

2024年3月22日 (金)

コガネコバチ(Mesopolobus sp.)

葉裏のヒメコバチをいろいろ撮影していたのだが

雪が降ったあたりから、急に見られなくなってしまった。

今シーズンはもう終わりかな。

 

Mesopolobus-sp240101
おそらくMesopolobusの一種と思われるコガネコバチ。@1月中旬。

自然光でのグリーンが美しく、今シーズン一番気に入ったコバチ

 

Mesopolobus-sp240103

ブレてる写真…

後日もけっこう探したけど、これ以降見れなかった。。。

 

Pediobius-atamiensis231201
おそらくPediobius atamiensis。

できれば撮り直したかったのだが。。。

 

240202_20240321102601
ウスクモリバヒメコバチ。

以前は一番数が多かったイメージ

だが今年はあまり見られなかった。

«シロフフユエダシャク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

  • タイワンクロボシシジミ
無料ブログはココログ