サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

タマムシ

2017年6月23日 (金)

オオアオゾウムシ・ホソキリンゴカミキリ など

山梨にて

去年、開拓しようと歩いてみた山梨の北杜市周辺をさらにあちこち歩いてみた。

針葉樹の材に、ひげの長~いカミキリがいた。

これ、見た覚えないなあと思ってたら、ヒゲナガモモブトカミキリ。前に見たときと印象が違ってた…
17061


エンマムシの一種かな?
17061_2


午後、同じ材をチェックしに行くと、朝よりもいろいろいた。

ヤマムツボシタマムシ。
17062


白い石の舞台上で、オオコクヌストが撮って撮ってーと。。。
17061_3


木陰に車を停めてたら、高いオニグルミの葉っぱになんか黄色いムシが見える。

ビニール傘を開いて、柄でつん。落っこちた。

オオアオゾウムシだった~。わーい。
17061_4


近くに落ちてたオニグルミの葉っぱに乗せてみました。

17062_2


この色この姿… ザテレビジョンの表紙の人が持ってても分からなそう…って分かるわ。

17063

オオアオゾウムシのホストにオニグルミって入ってないみたいだけど。たまたまいたのかな。


ずっと前に行ったことのある林道へ行ってみる。

ダンコウバイの葉に、小さなゾウムシ。口吻、触角ともに短い。コルリチョッキリ♂かな。
17061_5


折れた木片のような蛾がいた。
17061_6


ダンコウバイの葉裏に、リンゴカミキリ系の姿が。
17061_7


見たことないホソキリンゴカミキリかな?
170622


低いところにとまったので横から見れた。腹部4節以外黒いのでホソキリンゴカミキリで合ってた~。
17064


=========================================

ちなみに他のリンゴ

以前撮った写真ですが、ソボリンゴカミキリはすらっとして肩まで黒くてホソキリンゴに似ているけど
150712


腹節は先端のみ黒い。このときはホストのツツジの裏にいた。
15072


ヒメリンゴカミキリは、同じく先端のみ黒で、後翅は縁以外が薄い。
14071


ホソツツリンゴは、全然違うね…。細ーい。
140712


2017年5月30日 (火)

ちぢこまる

今年初の低山へ。

普段は、お目当てとか決めないで歩くことが多いのだけど

この日はいちおう目指すものが2種あり。

でもそう簡単に見られるものじゃないので… 結果的には2種ともだめだった…


ちぢこまる

アブラチャンでじっとしてたサルゾウムシ。
17051


じろーーーと見ていたら、ころん!と下の葉っぱに落っこちて、擬死状態になって固まってしまった。

膝を抱えてるみたい。おもしろーい。
17053


脚が疲れてきたらしい…
17054


麓の道では、ポッキリと折れた枝のようなムシ。
17051_2


コブスジサビカミキリ。質感も木っぽい。擬木だよね。
17052


じろーーーと見ていたら、前肢をちぢめてしまった。
17053_2


パンチを繰り出しそう。
17054_4


=====================================

その他甲虫いろいろ

山の上の柵にはけっこうムシがくっついていた。

マエグロチビオオキノコ。
17051_3


カミキリは、ブナケシカミキリや
17051_4


シロオビゴマフカミキリ。
17051_5


初めて見るハムシがいた~。
17051_6


似たようなのがいろいろいるけど、顔が黄色いのと前胸背の点刻からチビルリツツハムシかな。

17052_2


たぶんウグイスナガタマムシ。
17051_7


目当てのものを探したり待ったりしたけど、小雨が降ってきてだめそうなので下山。

下は晴れているので散策路にてじろじろ。。。

クワにクワナガタマムシ。脱糞。お食事中の方すみません。
17051_11


ヤツボシツツハムシ、黄色いイメージなので、オレンジ色が新鮮だった。
17051_12


釣鐘状のかわいいお花。柿の花なんだって。知らなかったよー。
17051_13


他にもゾウムシ撮ったのですが、また別で。。。

2017年5月25日 (木)

ササササコクゾウムシ

また丘陵

先週末。暑くなるということで、気合を入れつつ、毎年この時期に行く場所へ。。。

午前中は、出会いが少なく。ていうかなんにもいなく。

眠い… 暑い… 帰って寝ようかなーとか。。。

葉っぱの上には、チャイロサルハムシかな?
17051


伐採木地帯に、キレワハエトリ。
17061


なんかいいゴミムシとか、ダンダラチビタマムシとかも見かけて(撮れてないけど)

昼過ぎから急にムシが増えてきたかんじ。


今までじっくり探索したことのない薄暗い水辺に、小さなゾウムシが…

17053


おあー、サ、ササササ、ササコクゾウムシだー。

170526


せっかくかわいらしいゾウムシなのに、よく撮れないうちに消えてしまった…

がっかり肩を落として3歩くらい歩いたところにまたゾウムシ。

小さい……。あまりに小さいので見なかったことにしたい気持ちを抱えつつ

いちおう撮影して画像を確認したら、アカクチホソクチゾウムシ。
17054

しかも今回のは口が褐色のやつぽいー。

わーーと思って、顔を上げたら速攻どこかへ消え失せてしまっていた…。

そこからまた10歩くらい歩いたところで、また小さなゾウムシが。

あー、さっきよく撮れなかったササササだ!と思って、今度はフラッシュ取り付けて撮影。

17051_2

家に帰ってよく見たら、ササササじゃないぽい。何もつかないコクゾウムシ。


極小ゾウムシが次々に見つかる、ポテンシャルの高い場所であった。。。

なんでもない、薄暗ーいところなのに。ぷちぎ~。


そして、さっき見たときにはなんにもいなかったコナラの木もパラダイス化しており。

カシルリチョッキリペアがいたり
170522


コナライクビチョッキリが葉裏に貼りついていたり。
170512


毎年この時期大量に見られていたシラホシナガタマムシが、今回は一つだけ。
17051_5


午前中何もいなかった伐採木で、クビアカトラカミキリも走り回っていた。
17051_6

やっぱり午後なんだなあ…

2017年4月25日 (火)

馴染みのムシたち

週末なにかと用事など重なって、ゆっくり遊べていないのですが…

狭山丘陵にて2時間だけムシ探しに…


キンランがぽつねんと咲いていた。採られずに咲いていてほしい。
17041


この間、場所によって普通種が違うというようなことを書いたけど

トビサルハムシも狭山丘陵ではたくさん見られて、他ではそんなには見ない気がする。

トビサルハムシの口の下にはなんかへんなのが4つぶら下がっているんだね。
17041_2


ヒメクロオトシブミもたくさんいた。
17043


あえてちっこい写真のみにしてみた…

17042


ヒシモンナガタマムシも毎年見られます。
17041_3


ナガタマムシの一種…。
17042_2

17043_2


ミカドアリバチ。お腹の毛がもふもふだーー。
17042_3

17041_4


ヨツボシチビヒラタカミキリはこういう緑の上であまり見かけない。
17041_7


小さなお花が咲いてた。クチナシグサ。自分では全然分からなくてtokiさんに聞いちゃった!
17041_5

2016年9月12日 (月)

タマムシ など

知り合いのブログで見て、「これ見たいな!」って思って心に残るものってありますよね。

かと思えば、「これ見たいです~」とかコメントに書いておきながら

すっかり忘れしまって「こんなのいるんですね、知りませんでした!」と

新鮮な気持ちで書き込んでしまったり。。。

で、覚えてるほうのやつで、ムネアカチビナカボソタマムシっていうアカメガシワに付くタマムシがいて

アカメガシワがあるとなんとな~く気にしていたんだけど

先日偶然見つけることができた。

ムネアカチビナカボソタマムシ。胸が赤くチビっこい中細な玉虫 ということです~。
16093


大きさは、4mm程度。。。

暖地性らしく、千葉神奈川あたりだとけっこういるみたい。

16096

16098

----------------------------------------------------------------------------

別の日、山にて。ヨコヤマヒゲナガカミキリ見れた~。
160918


ちょっと遠かったけど、なんとか写真が撮れた。

いやーうれしいなあ!よかったよかった!

……って不自然に喜びすぎですかね。

ブナの高いとこ、3mくらいのとこにいて、カメラを向けた直後すたたたーーと登って行ってしまった。

撮れて嬉しい!でもしょぼ写真しか撮れなくて悲しい!の複雑な気持ちに。

なので、撮れて嬉しいのほうを前面に押し出してみた…

ちゃんとした写真は、また来年かなあ。。。


オオヒナノウスツボ。ぎりぎり終わりかけのを見ることができた。
16091
「まーたらーいねーーん」

2016年6月25日 (土)

富士山方面にてムシ

更新がずれ込んでおります。。。

富士山方面にムシムシ探しツアー。お仲間にお声かけいただき。。。

現地では、お久しぶり!の方や、初めまして!(ウェブでは拝見してます!)の方にも会って

いろいろ教えていただいたり、ムシ談義をしたりで、楽しく。


それから今回は自分ではあまりいいのを見つけられなくて、同行のお仲間に頼りきりで

人という字で言ったら、ノ こっちっていうの?寄りかかる側っていうかんじ?

でもそこは、ありがたいことだ~と素直に感謝あるのみです。。。


新しい、針葉樹メインの土場にて、ホンドニセハイイロハナカミキリがたくさん。

16061


タマムシいるよ~とのことで行ってみると、ヤマムツボシタマムシ。

16065


わーいわーい、うまく撮れてないけど、わーい。

16062

16064


前回こぶたちゃんと書いた、マツコ、あちこちにいた。
16061_3

マツコブキクイゾウムシです。。。


ナガアナアキゾウムシもいた。
16061_4


イタドリにドロハマキチョッキリ。
160663


16065_2


この周辺のイタドリにだけ、オトシブミが集まっていた。

ルリオトシブミと思う。
16062_2


ガマズミに、セダカシギゾウムシ。何頭かいた。
16061_5


以前撮ったのもセダカシギゾウだったんだなあ。。。

16062_3


これなんだろう… と悩んでしまった。
16061_6

フタスジハナカミキリ富士山タイプというのがいるらしく。その黒化型だと思う。


お友だちが見つけたキノコ~。こうゆうランプありそう~。
Photo


これが… いくら調べても正体不明。。。
160612

保育社(Ⅲ)を5往復くらいしてしまった。どなたか分かる方~。
(オビモンマグソコガネかなと思われます。Sodaさん、ヘムレンさん、ありがとうございます!)


クロコブゾウムシ。これがクロコブでなくて何がクロコブなんだ!ってことで命名したんだろうな~。
16061_7


オオキボシゾウムシかな。自信なし。あは。
16061_8


見られそうで見られなかったシラフヒゲナガカミキリ。ありがたや~。
16061_9


オオマルクビヒラタカミキリ。何か違うやつかも!と思って一生懸命撮ったけど…
16061_10


これはヒメマルクビヒラタカミキリ。ですよね… 顔がかわいい~。
16061_11


交尾態。これもヒメかなと思うけど。。。
16062_4

みなさまありがとうございました!

2016年6月20日 (月)

チビハナカミキリ など

奥多摩方面で、新しい場所を開拓しよう~と歩いてみた。

ブドウの蔓にいたゾウムシ。たぶんツヤケシヒメゾウムシ。
16062

16061

これしか見つからないので、標高上げて、結局いつも行くところに行ってしまった。

ちょっと歩いて、虫が少ない。

ヒゲボソゾウムシだけは大量にいる。キュウシュウ、ハダカ、旧リンゴコフキ。

ゾウムシのいる風景。。。
16062_2


キンムネヒメカネコメツキがいた。金胸がいいね。
16061_2


去年の同じ時期に、コゴメウツギがほぼ終わっていた場所、今年はちょうど咲いてる。

パッと見よさげムシはいないんだけど

日陰にてぼーっとしてたらじつは細いハナカミキリがたくさんいた。

16061_3

前胸が黒いので、ハコネホソハナカミキリかも!と喜んだけど

結局何もつかないホソハナカミキリであった。。。

お腹が見えて、雌雄も分かって、同定しやすくていいわ~これ。
16062_3


頭上の葉裏に見たことないカミキリ。小さい。前肢が赤いのが目立ってた。

16061_4

これなんだっけ?

全然名前が浮かばない。。。

なんか存在が地味っていうか… 図鑑やウェブで目にしてるはずなんだけど見えてないっていうか…

チビハナカミキリっていうらしい。
16062_4

このような黒くて小さなムシが、カミキリというだけで急にありがたくなるとは。。。


派手めなヨコバイを発見。同定できず。
16061_5


タマムシ。かわいかった。これも名前分からず。。。
16062_5

16063


キクイゾウムシでこんなに口が短いのいるんだ?!
16061_6

こぶたちゃんみたい。

マツコブキクイゾウムシ。だと思う。

16062_6


クチブトヒゲボソゾウムシ。頭が剥げてる。。。
16063_2


ダルマカレキゾウムシかな。けっこう小さかったな~。
16061_8


ここではほぼ100%会う。ユリコ姫。
16061_9

ユリコヒメクチカクシゾウムシです。。。


なにげに楽しかったな~と駐車場まで歩いていたら、ドロハマキチョッキリがいた。

160612


都内では今まで紺色タイプしか見たことなかったので嬉しかった…shine

16063


最近ゾウムシをよく見かける気がする。。。

そのわりに写真がパッとしないんだけど。。。

2016年6月 2日 (木)

いぶし銀カミキリ

見られそうで見られていないムシ、まだまだたーくさんいて

そのうちのひとつ、マルモンサビカミキリが見られそうな場所をお聞きしていたので

家から近いほうのポイントに行ってみました。


このカミキリは各種広葉樹につく、とあるけど、私が行ったのはクワ地帯。

ここは実家から近い場所で、通学路にもたくさんクワ畑があったので、すごく懐かしい。

今度、子どものころの通学路を歩きながら、カミキリ探ししてみようかな~。


途中、ぶらぶら歩いていて、葉の裏にきれいな蛾を見つけた。

ウスキツバメエダシャク。和風なデザインで着物の柄みたい。
16051


伐採木がちょっと積んである地帯をのぞくと、ホタルカミキリが走り回っていた。
16051_2

このカミキリ、上品なかんじで好きです。


で、クワ地帯にて、マルモンサビカミキリを見つけることができた。。。
16051_3


どれもこれも枝の裏側に付いていて、立て続けにポトリしてしまい焦ったけど

複数個体見つけられてなんとか撮影。

全体的に白と黒のつぶつぶで覆われていて… 丸い紋も、きれいなまん丸で… 素敵。。。

そして、このすらーっとした縦長フォルムが、他のサビカミキリとは違うんだよね~、…と

今まで見られなかったということで、ものすごいひいき目に見てしまう自分がこわいです。

16052


クワナガタマムシもいた。渋いな~。
16051_4


未だ記憶に新しいところで、また景色吸いです。クロハナケシキスイ。
16052_2


シラオビゴマフケシカミキリもいた。これもまだ一度しか見たことない。
16051_5


まさにゴマです。白ゴマです。
16052_3

教えてくださったお知り合いに感謝です。。。

2016年5月30日 (月)

地味タマ

狭山丘陵の伐採木地帯、今年も行ってみた。

去年はクビアカトラカミキリとか普通種カミキリが運動会していたのに

今年はもう木が古くなったのか、なんっにもいなくなっていた。

タマムシも、赤い小さいのがたくさんいたのに、今年はいない。

いつでも撮れると思っていないで、いるときに撮らなくては…、と思い

地味系タマムシを重点的に撮ることにした。

黒くて小さいタマムシ。たくさんいるし動き回るので今まで真剣に撮らなかったけど…

ホソアシナガタマムシでしょうか。
16053


本当にたくさんいるよ。
16051_10


これはウグイスナガタマムシかな。
16051


ちょっと大きめのがいた。オオウグイスナガタマムシかな。
16052


頭が赤いんだね。
16053_2


ウラナミアカシジミ、出たてピカピカのがいくつもいた。
16051_2


エゴノキがたくさんあるので、シギゾウを探し回っていたら、いた!うれしい。

エゴシギゾウムシ。未だ実になっていないのに、穴開けちゃうんだね。
16051_4


「何かいるんですか?」と聞かれて、見るとマクロレンズにストロボを付けている方だったので

ムシ撮影だろうと思って、エゴシギゾウムシを紹介したら

「あ…虫ですかー」と、反応が鈍かったので、よく見えないのかと思い

これですよこれ、としつこく紹介したけど、蝶以外の虫には興味がないらしく。

苦虫、というかゾウムシをかみつぶしたような顔で「見えてます、ええ、ええ」と。

でも、ウラナミアカシジミを紹介したら、めちゃ喜んで撮影されていたのでよかった。。。


で、エゴシギゾウムシ。ポトリと落ちてしまい、落ちた先でしつこく撮影。
16053_3


しつこく。。。

16055


見たことない不思議な花が咲いてた。
160512

帰って、tokiさんにメールしてみたら、「サイハイラン」というらしい。

ちょうど前日に見て調べたとのこと。偶然~~。


ジムグリ。ブレブレ。。。
16051_9


ガマズミの花をじろじろしていたら、見たことないゾウムシが!

撮影しようと思ったら、どんどん逃げて、葉っぱの上に… 今にも飛んでしまいそう。

見おろされている…
16051_6


こんな写真しか撮れず。とほほ… たぶんセダカシギゾウムシ。
160523


コクワガタでしょうか(ヒラタクワガタです。まーくさんありがとうございます)。
16052_2


この日たくさん会った、カサハラハムシの一種。
Sp16052

チビカサハラハムシかなーという気がするんだけど、触角にピントが合ってる写真がなかった。


コナラの葉っぱの上にいるのは…
16053_4

ダンダラチビタマムシ。わーーい、これ好き。以前一度見たきり。

同じような写真を何枚も撮る。

16052_3


私のフラッシュでは、こんなふうになってしまう。。。
16051_11


わ、ちょびっと開いた。

16054_2

このような激渋タマムシで、50枚近く撮ってしまった。。。


狭山丘陵は意外なときに意外なものに遭遇するなーと再認識したのでした。

2016年5月21日 (土)

里山の甲虫

2週間近く前になりますが…

神奈川方面の里山、うちのほうで見られるムシとはまた違うものに会えるので

今の時期はどんなのがいるかな~と足を運んでみた。

暗ーい擬木の上にいたのは… ケブカクチブトゾウムシでしょうか。。。
16051

そうそう、ツンプトとケブカは同種になったそうですね。今回知りました~。


この日は結局、暗ーい擬木の上が一番ムシが多かった。

居心地いいのかな。なんだろね。


おびやかされるぞうむし、こと、オビアカサルゾウムシ。
16053


顔にモザイク入ってるみたいになっちた。
16051_2


セモンジンガサハムシの背中のXが、暗闇に光って、エーックス!って主張していた。
16051_3


コゴメウツギにトゲヒゲトラカミキリが数頭。
16051_4


ムネアカナガタマムシ。  てか横の人!パタパタして気になる!
16051_5


横のは、クロモンムクゲケシキスイっていうらしい。
16052

ケシキスイって、芥子木吸なんですよね。

ぜっったい違うって分かってはいても、どうしても頭の中で「景色吸い」って変換されて

バクが夢を食べるように、ケシキスイは景色を吸う…みたいなイメージがある。。。


ヤツボシハムシ。数年ぶりだった。
16051

16052_2


高尾丸、って勝手に呼んでるタカオマルクチカクシゾウムシ。見たいと思いつつ見たことがなかった。
16052_3


さっきのコゴメウツギに、コジマヒゲナガコバネカミキリ。
16054

16053


あ!たぶん見たことないゾウムシ!でもなんかかぶってる。
16051_3


何?レースみたいのかぶって。。。花嫁か!って突っ込みたくなった。
16052_4


白い膜状のもの、そっとはがしてみたら、ぺららーーとはがれた。

はがれたんだけど、今度は幼虫みたいのに顔面登られてた。
16054_2


やっと素に戻ったとこ。オリーブアナアキゾウムシかな。
16053_2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー