サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017年6月23日 (金)

オオアオゾウムシ・ホソキリンゴカミキリ など

山梨にて

去年、開拓しようと歩いてみた山梨の北杜市周辺をさらにあちこち歩いてみた。

針葉樹の材に、ひげの長~いカミキリがいた。

これ、見た覚えないなあと思ってたら、ヒゲナガモモブトカミキリ。前に見たときと印象が違ってた…
17061


エンマムシの一種かな?
17061_2


午後、同じ材をチェックしに行くと、朝よりもいろいろいた。

ヤマムツボシタマムシ。
17062


白い石の舞台上で、オオコクヌストが撮って撮ってーと。。。
17061_3


木陰に車を停めてたら、高いオニグルミの葉っぱになんか黄色いムシが見える。

ビニール傘を開いて、柄でつん。落っこちた。

オオアオゾウムシだった~。わーい。
17061_4


近くに落ちてたオニグルミの葉っぱに乗せてみました。

17062_2


この色この姿… ザテレビジョンの表紙の人が持ってても分からなそう…って分かるわ。

17063

オオアオゾウムシのホストにオニグルミって入ってないみたいだけど。たまたまいたのかな。


ずっと前に行ったことのある林道へ行ってみる。

ダンコウバイの葉に、小さなゾウムシ。口吻、触角ともに短い。コルリチョッキリ♂かな。
17061_5


折れた木片のような蛾がいた。
17061_6


ダンコウバイの葉裏に、リンゴカミキリ系の姿が。
17061_7


見たことないホソキリンゴカミキリかな?
170622


低いところにとまったので横から見れた。腹部4節以外黒いのでホソキリンゴカミキリで合ってた~。
17064


=========================================

ちなみに他のリンゴ

以前撮った写真ですが、ソボリンゴカミキリはすらっとして肩まで黒くてホソキリンゴに似ているけど
150712


腹節は先端のみ黒い。このときはホストのツツジの裏にいた。
15072


ヒメリンゴカミキリは、同じく先端のみ黒で、後翅は縁以外が薄い。
14071


ホソツツリンゴは、全然違うね…。細ーい。
140712


2017年6月19日 (月)

チャイロチョッキリ など

この日はどこへ行こうか迷ったけど、コツコツ開拓している狭山丘陵地へ行こう、と

特に目当てもないまま行ってみた。

いつも行く場所の奥にふらふらと足を踏み入れてみると、行ったことのない広場が。

こんなところに広場があったんだーへえーなんて思って、ぷらぷらしてみると

一本のクヌギに大量にクロホシクチブトゾウムシ。
17062

このゾウムシ好きだし今まで一度しか会っていないけど、大量にいすぎて引いた…

じろじろしていると、あーー!チャイロチョッキリ!めちゃ見たかったやつ。

そおっと葉っぱをつかむとすぐにポロっと落ちてしまった。。。

悔やんでも悔やみきれず、必死に他のを探すとそこそこ個体数がいる。

どれも高いところ。
170633

チャイロチョッキリって、すごい撮りづらくないですか?

手が届かないくらい上のと眼が合っただけで落っこちちゃう。

でも、葉を後食している行動は観察できた。

産卵形態が謎に包まれていると図鑑に書いてあったので、産卵を見てみたいな~。


アオスジアオリンガがいた。なんかさわやか~~。
17061


エノキの立ち枯れに、アシナガオニゾウムシ。ちょい不気味~。
17061_2


帰り道、イチヤクソウが咲いてた~。
17061_3


チャイロチョッキリが撮りたくて、後日また行ってみた。

相変わらず、クロホシクチブトゾウムシが大量に。

大の字、ではなく、水の字?みたいな体勢が好きだよね。
17063


そしてチャイロチョッキリ、まあまあ低いところにも見つかった。
17065


一つ、鷹揚な個体もいた。葉っぱをつかんでも落ちない。奇跡。。。
17066


自然光でも撮ってみた。
17067

最後には落っこちて飛んでいってしまったが。長いこと付き合ってくれてありがとう!鷹揚な個体!

2016年10月18日 (火)

ムーミン など

最近や少し前の写真、地味すぎるものをあれこれ載せてみます。


先日、桜並木のところにトケンがいた。カッコウかなと思ったけど
16101


ホトトギスでしょうか。
161022_2


ムラサキツバメ。すっごく相性が悪く、裏ですら撮ったのは二度め。表にいたっては未だ見たことない。
16101_2


---------------------------------------------------------------------------

近場の公園にて。ムーミンがいたよ。 あれ、ムーミン耳が取れちゃったみたい。
16101_3


あ、ムーミンが口あいたよ。キバがあるんだね。
161002

なーんて。アケビコノハの幼虫です。

これ、見たことなかったんだよねー。昆虫博士に教えてもらった。3匹もいた。

目玉模様もさることながら、小宇宙みたいな模様も目を引く。

ちなみに、以前撮った写真ですが、成虫はこのような枯葉そっくりの蛾です。
15011


イチジク(たぶん)の葉裏にいたクワササラゾウムシ。
16101_4


そっくりなオオクボササラゾウムシっていうのがいて、まだ撮影したことないので

そっちだといいなと思い、「オークボ!オークボ!」と心の中でオオクボコールをしていたけど

オークボは白い線が入るので、これはクワササラのほうに決定。

16102_2


----------------------------------------------------------------------------

別の日、栃木のほうの公園にて。

クヌギの幹に、メダカチビカワゴミムシがいた。
161022


ちびカワだわ~。
16101_5


そしてこれは、池袋西武の屋上にて。。。
Photo

2016年1月 5日 (火)

フユシャク・シノリガモ

新年おめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


今シーズンもあちこちで探している、イチモジフユナミシャク♀。

きのうは、現地でお会いしたお友だちが先日見たという周辺をじろじろして

擬木の裏にいるのを見つけた。

イチモジフユナミシャク♀。
16011


相変わらず私の中のフユシャクブームはこれのみなんですよね。。。

鳥はカワセミしか撮らない、の人みたいだよね。。。

16012

----------------------------------------------------------------------

前回見た遠いシノリガモ、もっと近くで見たいなという思いが高まってしまい、茨城の海へ行ってみた。

初日の出ではないけど、三日め日の出を見ることができた。(写真ないです)

朝日に照らされるシノリガモのオス。
160112


左がオスで右がメス。こっちに向かってくると思いきや、進路変更して遠くへ。。。
160142


貝を食べてた。
16016


あ!近くにいるーと思って海岸に近づくと、しゅららーーと遠ざかっていく。。。
16017


横目でこっち見てるし。
16019


ウミアイサ♀も遠くにいた。
16011_3


ゆっくりシノリガモを観察したあとは、稲敷のお弁当自販機に寄って、また焼肉弁当をば。。。

15011


写真は去年のものを使っています。笑

15011_2


前回、米がおいしいと書いたんだけど、やっぱ肉もおいしいわー。

40年継ぎ足しの秘伝のたれを使っているって書いてあった。だからかー。

2015年12月 9日 (水)

狭山丘陵の鳥と虫

狭山丘陵の、鳥→虫コースへ。

山では、冬鳥が少なかった。

ジョウビタキもカシラダカもいない。

カラ類だけが目につく。

黄色い中にエナガちゃん。
15121


メジロは久しぶりに撮った気がする。。。
15121_2


ルリビタキだけはあちこちで鳴いていて、去年もそうだったけど控えめなさえずりも聞こえた。

ルリビタキ♂。近くにもう1個体いて、小競り合ってた。
151232


杭、好きだよね~。
15125

151242


虫を探しに、擬木コースのほうへ移動。

クモマハエトリ幼虫が多かった。
15122


たぶん初めて見るカメムシ。ミイロカスミカメかな?
15121_3


15122_2


フユシャク♀がひとつだけいた!クロオビフユナミシャク♀でしょうか。
15121_4


わーい、ミミズク幼虫~。歩いてる。
15121_5


真上から。
15122_3


湖でカモを探したらマガモのみたくさんいた。

カモ図鑑でトモエガモ生殖羽の美しさを再認識したので撮りたかったのだけど。。。


2015年11月17日 (火)

もうフユシャクがいた

空き時間にて、擬木見て歩き。

すごく暖かで、半袖で歩いてる人もいたよ。

擬木では、カサハラハムシが相変わらず目についた。

あとはアルファルファタコゾウムシとか、ヒレルクチブトゾウムシとか。シギゾウもまだいた。


モンキツノカメムシ。他のところでは見かけないのに、ここではわりとよく見るんだよね。
15111_2


グンバイムシがいた。クチナガグンバイかな…。
15111_3


コモンヒメヒゲナガゾウムシ。前回もよく撮れなくて、がんばったんだけど今回もだめ。。。
151112


言い訳ぽいけど、ほんと小さいうえにずっと歩いてるんですよ。。。

15112


もうフユシャクがいた!チャバネフユエダシャク♀。
15111_4

行きには気づかず、帰りに気づいた。

フユシャク博士の方たちに報告したら、「まじで!!」というような反応。

今年はだいぶ早いみたい。


ミミズク成虫もまた会えた!今回は耳が小さめだからメスオスかも。
15111_5

2015年1月 5日 (月)

ひつじ年だけど牛

今年の年末年始はとくに遠出をしてないのですが

どうも休みに入るとPCに向かう気が起きなくなってしまう。。。

いちおう喪中なので、お祝いムードにもならず、あいさつも簡素にしてたけど

大往生だったということを理由に、おせちとか初詣とかは普通にしたり

結局自分に都合のいいようにしてしまった。


今年初の生きもの活動は、昨年末と同じ場所にてのフユシャク探し。

偶然お会いしたお友だちにもポイントなど教えていただいて感謝でした。

ギボッチ(擬木を見ること)していたら、ホルスタインの、しかもぷっくりのに会った!

再登場のチャバネフユエダシャク♀。
15011_3

そろそろ牛に見えてきませんか~taurus 殿様ぽくも見えますよね~?

最初のころは、気持ち悪い…とか思っていたのに、今はめっちゃかわいく見えて

しかも、なでなでしたい気持ちを抑えていたりするからこわい。

ジャポニカ学習帳の表紙担当の人!私みたいに虫大嫌い人間がこんなふうにもなるんだよー!


とはいってもフユシャクは今のところ、チャバネフユエダシャク♀とイチモジフユナミシャクの♀

に対してのみしか探す情熱が沸いてこなくて

他のフユシャクになるとテンションが、がっくり1/10くらいにまで落ちてしまう。。。

そんなふうに言われてしまう、その他のフユシャク♀。(同定もできず…)
Sp15011


ジャコウアゲハのさなぎ、初めて見たよー。プラッチック製ぽい。
15011_2

お菊虫とかいう別名があるらしいんだけど、後ろ手に縛られたお菊さんとかいって

こわすぎるよーうshock

その他のカテゴリー