サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

カメムシの仲間

2017年10月18日 (水)

ツノゼミ

この間、火野正平が自転車に乗るやつを見ていたら(前にも出てきた…)

カマキリを持って、顔を眺めて、「かわいい顔しとるな~」みたいなことを言っていた。

カマキリ… そう言われるとかわいい顔… かなあ…

その前にも、道路を横断してる毛虫を見つけると「ひかれちまうぞ~」とか言いながら

手に乗せてとか、つまんでとか、わざわざ助けているのを見て衝撃を受けた。

毛虫って手に乗せてもかぶれないものなの?

虫が好きとかそういう次元ではなく… 生きものに対しての愛なんだな~と思った記憶が。

=================================================================================
ツノゼミ

ちょっと前、山にて。

一般の登山の方とのおしゃべりの中で、ツノゼミについての話が出て

そういえば私自身もごっちゃになっていると思い、ツノゼミについて整理をしてみようと。

画像は最近のものではないのですが…。


いちばんよく見られるのがトビイロツノゼミ。(2014年11月あきる野市)
14112


分かりづらいかもしれませんが、猫の耳のような突起が小さくあって、それが一番の特徴です。

141112


そして突起がまったくなく、つるっとしているのがマルツノゼミ。(2012年8月練馬区)
12081

これに似ているオビマルツノゼミというがいて、そちらは翅に斑紋があるらしいです。


突起が少し大きめの、モジツノゼミ。先端が尖らないのが特徴。(2012年6月長野県)
12061


耳が尖っているのが、何も付かない「ツノゼミ」。(2014年8月東京都)
140812


耳が大きめですが、これも何も付かないツノゼミと思われます。(2017年8月岩手県)
17081


同じく耳のような突起があるもので

より大きな突起があるのが、ニトベツノゼミ。(2014年8月埼玉県)
140822

あまりいい写真じゃなくて分かりづらいですが。。。突起の付く角度がツノゼミより立ってます。


番外編で、これはツノゼミじゃないけど、ツノゼミぽいよね!っていうのが

タケウチトゲアワフキ。 アワフキといって、ツノゼミに近い仲間です。
16051


海外には度肝を抜くフォルムのツノゼミがたくさん存在するので、見てみたいけど

簡単には見つからないんだろうなあ。

2017年8月28日 (月)

ブチミャクヨコバイ など

先日、久しぶりの森へ。

アカアシオオアオカミキリ、久しぶりに見たくなって探したのだけど、見られず。

あれは6年前のこと。当時はまだカミキリに興味がなくて…

たしかミドリカミキリとして載せて、「アカアシオオアオカミキリだよ」とメールで教えてもらって

修正したんだった。こんな記事でした。。。

カテゴリも、カミキリというのがなくて、「虫」になっている。。。

で、久しぶりの対面はならなかったけど

ずっと見たいと思ってたブチミャクヨコバイを見ることができた!
17083


ブチミャクヨコバイという不思議な名前は、「脈がブチのヨコバイ」という意味で

翅脈が白黒になっていることから付いているそうですが、私には電飾みたいに見えます。。。

ていうか、やぶにらみが気になるよ~~。
17081


正面顔も、にらんでるよ~~。
17082


眼が細長くてやぶにらみに見えるけど、よく見ると複眼は普通に丸くて

その中に横長の模様が入っているのですよね。

よく見ると、じつは複眼は普通に丸い。
170812_2

実際は偽瞳孔といって、黒目があるわけではないけど

細長~い眼が、こちらをにらんでいるように「見せている」ということに成功していると思う。

でもここまでする必要はなんなんだろう…

他のムシに対して、「あいつににらまれたらめちゃコワイ!」って思わせるため…?


草地にいたカエル、調べたらトノサマガエルだったじゃないかも。
17081_2

(8/29追記:ジダンさんのコメントを読んで、よく調べてみたら、私がいろいろと勘違いしまくっていて

埼玉ではトウキョウダルマガエルが在来分布なんですね。。。

背中の縦筋と斑紋からトノサマガエルだったと書いたのですが、言い切る自信がなくなりました。

訂正してお詫び申し上げます。ジダンさんありがとうございますm(_ _)m。)


お仲間に見つけていただいた、クロコノマチョウ。
17081_3


これも教えていただいた、コノシメトンボ。
17081_4


去年の場所に、今年もムネアカチビナカボソタマムシがいた。
17083_2

好きなタマムシなんだけど… 顔が、眼が、すごく撮りづらいのだった。。。

2017年7月13日 (木)

ネキは友を呼ぶ

毎年行く、奥多摩方面の山へ。。。

なんかかっこいいゴミムシがいたのだけど、名前が分からず。モリヒラタゴミムシの一種かなあ。
17071


これはヒゲナガビロウドコガネの一種かな?
17071_8


ここではいつも会う、シロズオオヨコバイ。
17071_3


渓流のところで、ゼフィルスが卍飛行~~。
17071_4


メスアカミドリシジミかな?

17072


アジサイにて、ドウボソカミキリ。
170714


しゃがんでムシを見ていたら、真上でオオルリがさえずっていて

よく見ると大きなアオムシを口に入れたまま鳴いてる!人で言うと、くわえタバコで歌う人みたいな?!
17071_7


上に登っていくとムシが減ってきて、戻ろうかと思いつつなんとなくタイミングを逸して

コアジサイがけっこう咲いているので、チェックしながら惰性で登って行き

そしたらタンナサワフタギがあちこちに見えてきた。

お知り合いの方のサイトでフォルモサを撮影してたので、一応チェック…と思って歩いていたら

いたーー。
17072_2


トガリバホソコバネカミキリ。オスのよう。

ホソコバネカミキリの仲間って、色気があるなあ。
17077


アリに襲撃されても
17075


一蹴。
17076


雰囲気~な写真も。
17074


真剣オーラ全開で撮影していたら、人がやって来たので

「こんにちわ~」とあいさつ… そして2度見。……お仲間のNさん!

これって、3年前に同じ山で、やはりネキのソリダを撮影した時にTさんと会ったパターンとまったく同じ!

ネキは友を呼ぶ、なのか。それとも類はネキを呼ぶ、なのか。。。

同じ樹で、ホソハナカミキリも産卵していた。
17071_9


そのあとは、コアジサイにピドニアが来てるのを見ながら歩いたけど

特筆すべきものは撮影できず。

でもなんかいろいろおもしろい日だった~。

2017年7月10日 (月)

チチブニセリンゴカミキリ など

更新がずれ込んでおります…

ツインピークスリターンが始まるということで

今さらながら旧ツインピークスを観たら… どハマりしてしまった…。

映画のは観たことあって、ドラマのほうは観てなかったんだけど

先にドラマ観てから映画観たほうが絶対おもしろいね。

あのボブって直視できないくらいコワイけど、あの人俳優じゃなくてスタッフだったんだってね~。

ってこんな話題、みんな25年前にしてるか…。

でも俳優さんたちみんな25年経ってもいい年齢の重ね方をしていて、すごい素敵。

==================================================================================

カミキリ

前回の続き…

土場にて午後粘っていたら、チチブニセリンゴカミキリが2個体見られた。
17072


17073


お仲間の車で空中浮遊の、シラフヒゲナガカミキリ。。。
17071_2


見つけてもらったカミキリ。ミヤマモモブトカミキリだと思う。
17071_3


メスで、腹端が広くて丸い。
17072_3


====================================================================================

その他いろいろ

ホオジロハエトリかな。さっそくハエトリハンドブックで調べたけど、腹部の模様が違うような。
(ホオジロハエトリ♂亜成体のようです。ジャワカ零さんありがとうございます。)
17071_4

富士山周辺は独自の形質が見られる個体がいるので、それなのだろうか…。


ヨコバイ。複数個体見かけたけど、名前が分かりません。
(Oncopsis属の一種と思います。Kazuさんありがとうございます。)
17071_5


ヤマドリのメスが!目の前を、というか車の前を横切った。フロントガラス越しで105mm。
17071_6


アリモドキカッコウムシもいた。
17071_8


アオバナガクチキって、ピントが合いづらいと思うんだけど
17072_2


ピントが合ってないほう↓が、いいかんじのムシに見える気がするのは私だけ?
17071_7

2017年5月13日 (土)

オレンジ色が目立つムシ など

近場にて

先日、母がうちのほうに来たとき一緒に歩いていたら、道の脇にある花壇を見て立ち止まり

「ここの菊、なんで先端が全部折れてるんだろう…」と。

菊の先端が折れる原因と言えばあれしかない。探すといたいた。複数。

そして後日、カメラを持って行ってみた。

キクスイカミキリ。久しぶりに見るとすごく小さく細くかんじた。
17052


見つけたとき、私がわ~かわいいな~とか言っていたら、母は「花が咲かなくなってかわいそう」と

もっともな発言をしていた…

17051_2


近場の公園へ。

昨年は5/6にタケウチトゲアワフキを見ているけど、今年はどうかな?

いた~。トゲ付きで犬顔。
17051

2個体見つけた。よかったよかった。。。


アオゲラがいた。
17051_2

17052_2


赤い花のトチノキ発見。アカバナトチノキっていうらしい。
17051_5

======================================

ハエトリ

あちこちで、最近ハエトリをよく見かけるようになりました。

少し遠くの公園で、久しぶりのカタオカハエトリ♂。調べたら5年ぶり~。
17051

擬木の上を歩いていて、オレンジ色の脚がすごく目を引いた。

おもしろポーズ。
170523


ネコハエトリ。恥ずかしがってる風でかわいかった。
17051_3


アリグモ♂、300mmで1.4m離れて撮ってみたけど…。
17051_4


2017年4月20日 (木)

ハナにゾウ

順番が前後してしまいましたが、数日前ムシ探しに神奈川方面へ。

ムシって、微妙に地域ごとの見やすさがあって

この種類はここではごく普通に見られるという場所と、全然見られない場所ってありますよね。

私がよく行く埼玉や東京北部ではあまり見られない種類を、神奈川方面で探そうと。。。


この日は、お天気もよくて気温も上がっていたけど、ムシが少なめ。

じろじろーとしながらゆっくり歩くけど、なんにも見つからない。

歩きはじめて1時間以上経って、ようやく見つけた今日の1種め。

わわっ、これは… オビモンハナゾウムシ。
17041

落ちてないかなーってヤマザクラの下を重点的に探してたので、うれしい!


ぱかーー。
17042


とことこ歩いてお花の上に。

17043


17044


このあとは、また何も見つからない。。。

アオダイショウが、にょろ~。
17041_2


じろじろしながら何キロも歩いてもいっこうに見つからないので

こんなときの最終手段!てきとうな場所でしゃがみこんで、じっくりじろじろーー。

…と、見つかった。ハコベタコゾウムシ。
17041_3


イナズマヒメヨコバイも。
17041_4


畑の脇でじっくり戦法をしてたら、いいのがいたーー。
17043_2


キムネヒメコメツキモドキ。

17045


翅が壊れているのが惜しい…

この、つやっとオレンジにキラッと青の配色、アオバアリガタハネカクシとおなじだね。

同じ配色… (以前撮った写真です)
151114


========================================

ザッツ甲虫

この間、丘陵歩きで見つけた不明種、けっこう真剣に調べても何か分からなかった…。

これぞ雑甲虫!ザッツ甲虫!ってかんじ。
17041_5

現地では、クチキムシの一種かなーなんて思ってたんだけど、全然分からない。

ゴミムシダマシの一種かなあ?分かる方、お助けを。。。

2017年4月 3日 (月)

あれこれムシ

週末になると寒くてそして雨が多い気がする…。

ちょっと前とか最近とかの、虫や花の写真を載せます~。

丘陵のムシ

「おびやかされるゾウムシ」ことオビアカサルゾウムシ。今年もいたよ!
17031


コゲチャホソクチゾウムシも、この時期のおなじみさん。
17031_2


ムネスジノミゾウムシは、今年何回も会う。
17041


ヒサカキの裏にいたオビヒメヨコバイの仲間。まーくさんのとこに載ってたやつだー。
17041_2


ミヤマセセリ。♀が撮れるとなんかうれしい。
17041_3


ヒメオドリコソウで蜜を!
17042

=============================================================================

緑地の

木柵にて、同定難度A判定の渋虫を見つけた。
17031_4

レロフコキノコムシではないかと。。。

触角の玉が4つか5つか、とかがポイントなんだって。

コキノコムシっていうジャンル、初めて知ったよ。

こきりこ節っていう歌があったよね。響きが相当似てるよね。


見たことないスミレが咲いてた!ヒゴスミレと思う。
17031_6


ウグイスカグラ。この花を見るとなぜかアイスクリームが食べたくなる。
17031_7


2017年3月 1日 (水)

小さい…

先日、ヤナギの樹にて、ヨコバイを見つけた。

車に戻らないとマクロレンズがないので、300mmで撮影したら微妙なもやもや写真しか撮れなかった。

17021

調べたら、ズキンヨコバイ。初めて撮るヨコバイであった。。。

今度また撮り直しに行こう~。


ズキンヨコバイ。

ズキン=頭巾なのだろか。頭巾て、なんだっけ??急に気になりはじめてしまった。

防空頭巾。赤ずきんちゃん。 そのくらいしか浮かばない、頭巾。

頭巾ずし、あ、あれはちゃきんだ。

茶巾てなんだろ… まあそれはとりあえず置いておいて…

ネットで調べると、頭巾といえば防災頭巾といったかんじ。

私がまっさきに思い浮かべた防空頭巾は、もはや戦後ではない、の時代以降絶滅している。(たぶん)

そして、ただの「ザ・頭巾」は、「水戸黄門のかぶってるあれ」としてしか存在しないようだ。

その頭巾をかぶっているように見えるということだろうか… ズキンヨコバイ…。


で、今までに撮影したズキンヨコバイの仲間、といっても3種類しかないけど

この機会におさらいしてみることにした。

シロズキンヨコバイ。これはただのズキンヨコバイよりもよく見られるみたい。
141212


ホシアオズキンヨコバイ。くろぽちが目印のようだ。
150112


ヤノズキンヨコバイ。この年にこの場所でしか見ていない…
150132


ズキンではないけれど…

先日、マダラヒメヨコバイを久々見つけたので、これも載せておきます。。。
17011_4


=====================================

2か月ほど前、植物に詳しいお知り合いのブログに「ナギイカダ」というかわいい花が載っていて

近場でどこの公園にあるかを調べたら、自転車で10分ほどのところにあるらしいので

行ってみたら、一つも咲いていなかった。。。

2か月ほど経って、咲き始めたのではないかと思い、また行ってみた。

また咲いていない…… と思ったけど、必死でじろじろしたら一つだけ咲いていた。

17031


さらに探したけど、結局もう一つ見つかっただけだった。
17032


すごい小さいんだよー。地味なんだよー。でもこのお花、なんかかわいくて好みです。

2016年11月24日 (木)

あとになって気づいた

数年前に撮影したハエトリグモ。

金色できれいなんだけど、極小。なんとなく、未知種だと思っていた。
120812

たまたま先日、コミナミツヤハエトリというクモに似ていることに気付いた。

「非常に珍しく超難関種」と書いてあったので、違うかも…と不安になって先生にお聞きしたところ

コミナミツヤハエトリで合ってるとのこと。 触肢が黒いのでたぶんオス。

私が撮影した埼玉県では初認みたい。

3mm弱くらいの小ささで金色で、まさに「砂金」。。。またいつか会えるかなー。


そして、同じ日にこんなヨコバイを撮影していたんだけど、これもまったく記憶になかった…。

120812_2

これはシロズオオヨコバイのメスで、茶帯型というやつと思われる。

ちなみにシロズオオヨコバイ♂はこう。

150713

別種みたいにちがうね~。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以前記事にした、すたすた歩くクヌギシギゾウムシを撮影した日

シギゾウムシを見て最初に思ったのは、「お尻がへん!ブラシみたくなってる!」ってこと。

でもそのあと、すたすた歩きを撮影することに夢中になってしまって、ブラシの件は頭から抜けてしまい

しばらくしてから思い出して、画像を見直してみた。

すたすた歩きのクヌギシギゾウ♂のお尻。
161915

突出していて、毛束が。すごく違和感があった。(というか気持ち悪かった)


ブラシ状の毛束がつんつん尖ってる。剣山みたい。
161914


頭に浮かんだのは、蝶とか蛾のヘアペンシル。

アサギマダラなどの蝶のオスは、お尻からヘアペンシルというブラシ状のが出て

そこからフェロモンを出してメスを呼び寄せるんですよね。

で、「ゾウムシ_ヘアペンシル」とかで検索したけどまっったく出てこなくて…

なんか額の生え際を黒く描く、鉛筆みたいのがいっぱい出てきた。。。笑


以前撮った写真を、お尻に注目して見直してみることに。

ブラシ的なものは、クヌギ・クリ・コナラのシギゾウ3種に共通して見られるようなので

その種類分けは今回はさておき、口吻の長さから雌雄が分かるもののみ注目してみた。

オス。顕著な剣山がある…
15106


別個体のオス。
15113

 

メス。ちょっとブラシ。両脇からトゲ状のが。
14101


別のメス。
14105


メス。まったくない!ノー毛束。
15114


こうして見てみるかぎり、オスのブラシは長めで、メスは短めな傾向にあるよう。

サンプル数が多くないので、確実ではないけど。

なんなんだろう、このブラシ。

図鑑やネットで調べても、今のところまったく情報が得られず。


すたすた歩きのシギゾウは、同じ場所を何往復もしていて、見ていて気の毒なほどあわてふためいて

人間でいうと、切羽詰まってトイレを探してる人、みたいなふうだった。

メスを探してるのかな?と思ったり。

ブラシ状は、やっぱりヘアペンシル的なもので、フェロモンを出してるとか…。

でもそうだとしたら専門家の人がとっくに調べていそう。

もし何か分かる方いたら教えてください~。

2016年11月 1日 (火)

甲虫まだいた

この時期、しかも寒い日に、自分一人だったら甲虫なんて一つも見つけられないけど

みんなで歩いたらなんといろいろ見つかった。

というか見つけてもらった。。。ありがとうございます。

ハッカハムシは、ニホンハッカと思われるハッカの葉っぱにいた。
16101


よく見ると、触角と眼と脚が青いね。
16102


ベニカナメモチの葉上には、カシルリチョッキリが。この時期にチョッキリは嬉しいね!
161022


クチナガチョッキリも鉄柵の上にいた~。
16101_2

16102_2


ハッカの葉っぱで丸くなるヒメクチカクシゾウムシ。
16101_3

この、顔を隠してうつむく姿勢もちょっとコワイんだけど、肌の質感?トリハダぽさ?もちょっと苦手。。。


ヨモギハムシはけっこうあちこちにいた。
16101_4


畑の脇で、コガシラアオゴミムシ。これも一人では絶対見つけられない。。。
16101_5


渋い色合い、けっこう好みかも!
16102_3


カメムシの仲間では、コミドリチビトビカスミカメウスモンミドリカスミカメ。
16101_6


ミドリグンバイウンカもいた。
16101_7


大きな白い花。しょうがの花だと教えてもらった。爽やかないい匂いがしたよ!
16101_8


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー