サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カメムシの仲間

2017年3月 1日 (水)

小さい…

先日、ヤナギの樹にて、ヨコバイを見つけた。

車に戻らないとマクロレンズがないので、300mmで撮影したら微妙なもやもや写真しか撮れなかった。

17021

調べたら、ズキンヨコバイ。初めて撮るヨコバイであった。。。

今度また撮り直しに行こう~。


ズキンヨコバイ。

ズキン=頭巾なのだろか。頭巾て、なんだっけ??急に気になりはじめてしまった。

防空頭巾。赤ずきんちゃん。 そのくらいしか浮かばない、頭巾。

頭巾ずし、あ、あれはちゃきんだ。

茶巾てなんだろ… まあそれはとりあえず置いておいて…

ネットで調べると、頭巾といえば防災頭巾といったかんじ。

私がまっさきに思い浮かべた防空頭巾は、もはや戦後ではない、の時代以降絶滅している。(たぶん)

そして、ただの「ザ・頭巾」は、「水戸黄門のかぶってるあれ」としてしか存在しないようだ。

その頭巾をかぶっているように見えるということだろうか… ズキンヨコバイ…。


で、今までに撮影したズキンヨコバイの仲間、といっても3種類しかないけど

この機会におさらいしてみることにした。

シロズキンヨコバイ。これはただのズキンヨコバイよりもよく見られるみたい。
141212


ホシアオズキンヨコバイ。くろぽちが目印のようだ。
150112


ヤノズキンヨコバイ。この年にこの場所でしか見ていない…
150132


ズキンではないけれど…

先日、マダラヒメヨコバイを久々見つけたので、これも載せておきます。。。
17011_4


=====================================

2か月ほど前、植物に詳しいお知り合いのブログに「ナギイカダ」というかわいい花が載っていて

近場でどこの公園にあるかを調べたら、自転車で10分ほどのところにあるらしいので

行ってみたら、一つも咲いていなかった。。。

2か月ほど経って、咲き始めたのではないかと思い、また行ってみた。

また咲いていない…… と思ったけど、必死でじろじろしたら一つだけ咲いていた。

17031


さらに探したけど、結局もう一つ見つかっただけだった。
17032


すごい小さいんだよー。地味なんだよー。でもこのお花、なんかかわいくて好みです。

2016年11月24日 (木)

あとになって気づいた

数年前に撮影したハエトリグモ。

金色できれいなんだけど、極小。なんとなく、未知種だと思っていた。
120812

たまたま先日、コミナミツヤハエトリというクモに似ていることに気付いた。

「非常に珍しく超難関種」と書いてあったので、違うかも…と不安になって先生にお聞きしたところ

コミナミツヤハエトリで合ってるとのこと。 触肢が黒いのでたぶんオス。

私が撮影した埼玉県では初認みたい。

3mm弱くらいの小ささで金色で、まさに「砂金」。。。またいつか会えるかなー。


そして、同じ日にこんなヨコバイを撮影していたんだけど、これもまったく記憶になかった…。

120812_2

これはシロズオオヨコバイのメスで、茶帯型というやつと思われる。

ちなみにシロズオオヨコバイ♂はこう。

150713

別種みたいにちがうね~。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以前記事にした、すたすた歩くクヌギシギゾウムシを撮影した日

シギゾウムシを見て最初に思ったのは、「お尻がへん!ブラシみたくなってる!」ってこと。

でもそのあと、すたすた歩きを撮影することに夢中になってしまって、ブラシの件は頭から抜けてしまい

しばらくしてから思い出して、画像を見直してみた。

すたすた歩きのクヌギシギゾウ♂のお尻。
161915

突出していて、毛束が。すごく違和感があった。(というか気持ち悪かった)


ブラシ状の毛束がつんつん尖ってる。剣山みたい。
161914


頭に浮かんだのは、蝶とか蛾のヘアペンシル。

アサギマダラなどの蝶のオスは、お尻からヘアペンシルというブラシ状のが出て

そこからフェロモンを出してメスを呼び寄せるんですよね。

で、「ゾウムシ_ヘアペンシル」とかで検索したけどまっったく出てこなくて…

なんか額の生え際を黒く描く、鉛筆みたいのがいっぱい出てきた。。。笑


以前撮った写真を、お尻に注目して見直してみることに。

ブラシ的なものは、クヌギ・クリ・コナラのシギゾウ3種に共通して見られるようなので

その種類分けは今回はさておき、口吻の長さから雌雄が分かるもののみ注目してみた。

オス。顕著な剣山がある…
15106


別個体のオス。
15113

 

メス。ちょっとブラシ。両脇からトゲ状のが。
14101


別のメス。
14105


メス。まったくない!ノー毛束。
15114


こうして見てみるかぎり、オスのブラシは長めで、メスは短めな傾向にあるよう。

サンプル数が多くないので、確実ではないけど。

なんなんだろう、このブラシ。

図鑑やネットで調べても、今のところまったく情報が得られず。


すたすた歩きのシギゾウは、同じ場所を何往復もしていて、見ていて気の毒なほどあわてふためいて

人間でいうと、切羽詰まってトイレを探してる人、みたいなふうだった。

メスを探してるのかな?と思ったり。

ブラシ状は、やっぱりヘアペンシル的なもので、フェロモンを出してるとか…。

でもそうだとしたら専門家の人がとっくに調べていそう。

もし何か分かる方いたら教えてください~。

2016年11月 1日 (火)

甲虫まだいた

この時期、しかも寒い日に、自分一人だったら甲虫なんて一つも見つけられないけど

みんなで歩いたらなんといろいろ見つかった。

というか見つけてもらった。。。ありがとうございます。

ハッカハムシは、ニホンハッカと思われるハッカの葉っぱにいた。
16101


よく見ると、触角と眼と脚が青いね。
16102


ベニカナメモチの葉上には、カシルリチョッキリが。この時期にチョッキリは嬉しいね!
161022


クチナガチョッキリも鉄柵の上にいた~。
16101_2

16102_2


ハッカの葉っぱで丸くなるヒメクチカクシゾウムシ。
16101_3

この、顔を隠してうつむく姿勢もちょっとコワイんだけど、肌の質感?トリハダぽさ?もちょっと苦手。。。


ヨモギハムシはけっこうあちこちにいた。
16101_4


畑の脇で、コガシラアオゴミムシ。これも一人では絶対見つけられない。。。
16101_5


渋い色合い、けっこう好みかも!
16102_3


カメムシの仲間では、コミドリチビトビカスミカメウスモンミドリカスミカメ。
16101_6


ミドリグンバイウンカもいた。
16101_7


大きな白い花。しょうがの花だと教えてもらった。爽やかないい匂いがしたよ!
16101_8


2016年10月11日 (火)

虫じゃなくてタネだった

きのうは写真展打ち合わせのあと、一時間ほど鳥探し。

エゾビタキ。さっきまでクサギ?の実を食べてたらしい。
16101


何かくわえた。
16102


虫だーと思い、「枝にとまりながらにして虫を捕って食べてるよ!」とお仲間に報告してしまった…

あとで画像をよく見ると虫食べてるわけじゃなかった!種出してるんだったー。
16103


出した種を、ポイと捨てる。
16104


ポーズをキメる。
16106


おもむろに口を開けた。 …むむ、もしかして?
16105


やっぱり!また種を出した!
16107

うーん、ぽいぽいとタネを出すんだなあ。

飲みこんだ金魚をぽこぽこと出す手品、あれを思い出したーー。ってあれは手品じゃなくて、芸?


先週、アカメガシワの実に来ていた、エゾビタキ。
161012


近くにキビタキのオスも来ていた。
161013


ウラナミシジミ。300mmf2.8で撮ってみた。
16101_3


タデについていたのは、コバネヒョウタンナガカメムシかな?
16101_2


セイタカアワダチソウにヨコバイが!以前近くで見たので、アライヒシモンヨコバイだと思う。
16102_2

2016年10月 1日 (土)

ブレてみた

説明をすると長くなるというか… 長く説明をすると野暮になるというか…

そんなかんじなので説明は省きますが

ムシの写真でやってみたいことがあったんです。

それはブレ写真。。。

クヌギシギゾウムシが、ものすごい速さで目の前を右へ左へと疾走するのを見て

ブレ写真を撮ってみたらどう?と思い、ちょっと試してみることに。

とりあえずは脚だけブレてる写真を撮ろうと、流し撮り風に被写体を追ってみた。

ブレてるブレてる~。
161902


もっとブレる。
1619132


もっともっと~。SS1/60。
161903


気づきました?口吻の先はほぼブレずに直進してるんです。

脚は前後に動いて、体は回転する動き。

口吻の先は進行方向をまっすぐ目指して、体をひねりながら前進してるってことかな。

あ、野球のバッターやゴルファーのスイングと同じ?! なーんて。


擬木の上をしばらく疾走したのち、ヤマノイモ?のつるを伝って降りてきた。

161904


161905


降り切ったところには実が。
161906


また登って、降りて、実のところで行き止まり、を繰り返す。
161908


行き止まりの実のところで、周りをぐるぐる回り始めた。何周も何周も。
161910_2


ぐるぐるが止まらない!壊れちゃったみたい。何十周も回る。

それを撮るわたしも壊れた。シャッターを押すのが止まらない。何十枚も撮る。

壊れたわたしたち。 延々、ぐるぐるパシャパシャを繰り返すのであった。。。
161912


また歩きはじめると、アカスジキンカメムシ幼虫がいた。

またやってみよう、と。まずは脚ブレ写真。
16191


ここで、もっと遊んでみたくなった。

わざと手ブレ写真。

斜め方向に思いっきり振って、それをさらに切り取ってみた。
1619342

わたし的には気に入ったんですけど… だめですかね。。。


…普通の写真に戻ります。

ヒロオビジョウカイモドキ♀がいた。
16192


赤い色がすごく目立ってた。
16191


チャイロナガカメムシかな?たぶん初めて撮った。
16191_2


ヒヨドリジョウゴが咲いてたよ。
16191_3


2016年9月24日 (土)

鳥が……

秋の渡りで鳥が入ってきているので、久しぶりに森へ行った。

最初に行ったときには人が20人弱いて、ツツドリやムシクイなどが一ヵ所に入ってるらしい。

双眼鏡を使うのも久しぶりだし、鳥が見つからないんだよね。。。

「どこ?どこ?」とか言ってばかりで。

みんなのシャッター音が響く中、一人でぼんやりつっ立ってるっていう。。。

で、数日後同じ場所に行ったらもう誰もいなくて、ツツドリは3羽いた。

16092


どうやらツツドリブームはもうすっかり去ったらしく

別の場所にてサンコウチョウとかキビタキがブームになっていた。

うーん。夏の間、虫撮影ばかりやっていたので、鳥が… ファインダーに入らないんです。。。

このままじゃヤバイ、と思い、また別の日に森へ行ってみると

だんだん鳥が見えるようになってきて、ファインダーにも収まるようになってきた。

キビタキ♂がなんとか撮れたけど。微妙。。。
16092_2

16091_2


アカゲラ♂も今年はもう姿を見せている。
16091_3

16092_3


鳥に慣れて春になると、今度はまた虫撮影が難しくかんじるんだよねー。


田んぼでムシ探ししてみようーとぶらついてみた。

サクラタデが目立っていた。
16091_4


ツバメシジミが来た。
160912


ルリクビボソハムシかな?
16091_5


かわいい花にマダラヨコバイ。にらむよね~。横目でにらむよね~。
16092_4


アオクサカメムシ幼虫。赤青黄色でカラフル。
16091_6


ポップな色合いにしてみた~。
16092_5


アジアイトトンボのメスかな。
160913


よく見ると、食べられてるキジラミみたいなの、ちょっとかわいい。
160912_2


2016年9月20日 (火)

身近なムシ

今の時期の河川敷ってどんなムシが見られるのかな~と、ぶらぶらぶらついてみた。

河川敷、日陰がなくて。。。風も通らなくて草いきれが、むああ~。

暑い。。。着いてすぐ、もう帰ろうかなと。

帰る前にまあちらっとそこら辺を見てみよう… としぶしぶあたりを見回すと

オニグルミの葉に、なんかいいヨコバイを見つけた。

16091

ヒシモンヨコバイの一種。

ヒシモンヨコバイの仲間には、アライヒシモンヨコバイとかオオヒシモンヨコバイなどいて

ちょっと区別がつかないので、ヒシモンヨコバイの一種とさせていただきました。。。


葉っぱの上にはドウガネサルハムシの銅金いろバージョンと
16092


青色バージョン。
16093


ヤブガラシで仲良く一つのお花を分かち合うトビイロシワアリ。
16091_2

よく見ると、ときどきこぜりあったりしておもしろー。


珍しいものはいないけど、なんか今の時期って逆に楽しいかも…!

オンシーズンだと、とりあえず今はいいかなーと通り過ぎてしまう身近なムシを

今の時期、じっくり観察したりゆっくり撮影したりできる。って、去年も同じこと思ったんだった。

めっちゃ楽しくなってきた!


ちいーさなハエトリがいた。チクニハエトリかな?
16091_4


几帳面に並べて卵を産んでいた、シロヘリクチブトカメムシ。
16091_5


卵、よく見ると歯車みたいなギザギザが。
16092_3


石の間を、ささ!ささ!と走り回る、小さなムシ。撮ってみるとコメツキ。
16091_3

たくさんいたけど全然撮れない。。。


アリ状の生きものが、私の視線に反応してすばしこく動いた。

アリは人の視線ですばしこく動くということはほぼないので、アリじゃないな。アリグモかな?

よくよく見ると、カメムシ幼虫。
16091_6

ホソヘリカメムシ幼虫かな。

顔にトゲというか、ぽよぽよしたものが生えてるんだね。
160912


アオモンイトトンボ。久しぶりに見た。
16092_2


帰りに、駅の近くの緑地をのぞいてみたら、サルスベリの樹がぼろぼろに剥げていて

なんかいるかな~とじろじろしてみると

あ!見たいと思ってたキマダラカメムシ幼虫!終齢かな。
16091_7

この押しボタン付きみたいなの、見たかったんだ~。

ってかほんとは押しボタン押したいけど、臭いの出そうだからやめとく~。


成虫もいたし
16091_8


4齢幼虫?もいたよ。クサギカメムシ幼虫ぽいです。ジダンさん、まーくさん、感謝です!
4

2016年5月 6日 (金)

期待したのと意外なのと

石垣の続きがあるんですが、その前に旬の話題を…

1日1upを目標にがんばるぞー。


今日は近場の公園へbicycle

この公園のそばでタケウチトゲアワフキの写真を撮った人がいて

その近くにあるボダイジュにて発生しているということを知ったのが、2年前。

去年、5月の中ごろにわくわくしてのぞいてみたら、もう抜け殻になった筒状のものばかりで

1週間遅かったね~はいあと11ヶ月と3週間待ち~、となってしまい、がっかりだった。

今年もみんなのブログに載り始めたので、今が旬なんだろうと思い、探しに行ってみた。

やっと見れた~。タケウチトゲアワフキ。2年かかった。。。
16051


そのあと公園をぐるっと回ってみる。センダイムシクイの声多数に、キビタキちらほら。

鳥の人たちが集まって何か撮ってるので、キビタキですか?と聞くと、へんなサギがいるという。

アカガシラサギだった。久しぶりに見た。
160513

うーん、意外な場所で意外なものを見たな~。


クヌギの新芽かな、クロケシツブチョッキリが付いていた。
16051_2


グミがあったので、グミチョッキリいないかなーと思って探すと

グミチョッキリじゃないチョッキリ。なんだろこれ。
16051_3


たぶんカシルリチョッキリだ~。ホストにナツグミが入ってるし!見たことなかったので嬉しかった!
16053


2016年5月 5日 (木)

石垣島1 

ちょっと前になっちゃうんですけど… 4月22日から石垣島に遊びに行ってきました。

石垣は二年ぶり。(二年前のはこちら。鳥とトンボがメインです)


1月2月すごい忙しくて、何か楽しみをつくらないとやってられない気持ちになり、つい航空券をぽちっと。

今回は、前に見られなかった蝶と、甲虫をてきとうに探してぶらぶらしようというかんじ。

鳥は今回はほぼスルーすることに。(でも、4日目に出てくるよ。留鳥だけどね)


ということで、珍しい種を目当てに行ったわけでもなく、記事にする動機を見失いかけたんけど

ぶらぶらしてるだけでもこういうムシに会えますよ~という

参考にしてもらえればいいのかな、という理由でのupにします。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一日めは、西の方の林道に行ってみようと向かいつつ、途中わき道をちょこちょこのぞく。

サンショウの立ち枯れに、さっそく地味~なカミキリがいた。

16041

ハヤシサビカミキリでしょうか。。。これは毎日毎日あちこちで見た。


初日なので、なんでもないところもじろじろする。じろじろしたい!

なんでもない植え込みに、なんかいいタマムシがいた。

16041_2


タイワンナカボソタマムシでしょうか。図鑑でもネットでも生態写真が見つからない。

16042

16043


暗いところにセセリチョウ。黒い星が二つしかないけど、クロボシセセリなのか。。。
16041_3

なぜこのようなしょぼい写真を載せるかといえば

今回セセリチョウを見たいと思っていたのに、結局これだけだったから。。。


林道到着。

ミヤコキンカメムシ。やったあ。
160412


葉っぱが小さくてピンクの実がなってる木にたくさんいたけど、この木はなんなのか。。。

160423


紋があるやつもいた。

160433

160442


ハチみたいに触角をプルプルさせている虫がいたので、あれだな!と思ったら、やっぱりあれ。

ヤエヤマムネマダラトラカミキリ。

16041_4


横を見ると、もう2頭。全部で3ついた。

16043_2


けっこう動き回るよ。

16044

16045


みんなのを見て、これは見たいな~でも無理だろうな~と思っていたので初日から嬉しくて

もうすでに満腹感が。。。


オオミドリサルハムシ。
16041_5


お!前回狂喜乱舞したミドリナカボソタマムシ。今回は冷静に。。。

16042_3

16043_3

16044_2

これはアカメガシワがあればけっこういるのかも~なんて思っていたけど

結局この日しか撮れなかった。(もう一度見たけど、ポロリしてしまった…)


夜は、今回は自販機などを回ろうと思い、前もって夜回り先生にコツなどを教えてもらっていた。

結果から言うと… そんなに簡単ではなく…

ゾウムシを一つ見つけただけ。しかも同定できてない。。。
16041_6


がっかりしてホテルに戻ると、部屋の前の壁に…

16041_7

サキシマヒメカミキリでしょうか。さんざん探して何もいなくて、部屋の前って。どゆこと。

急いで部屋に荷物を置き、ひとしきり写真を撮って、部屋に戻ろうとすると、ドアが開かない。

オートロックだったんだ。。。今知った。毎回カチャってやってた。

フロント行って開けてもらった。検査着みたいの着てなくてよかった~。


続きます~。

2016年4月 4日 (月)

ムシとり

気温が低いけど虫探しをしたい~という気分で

でも、桜にとまるオジロビタキも見に行きたい~というのもあり

しかも渋滞してそうだから電車で移動したい~ということで、すべてを網羅する作戦に。

まずは寒い日でもムシがいそうな擬木コース。

鳥のレンズをいったん駅のコインロッカーに預ける。

この日はももクロのコンサートがあるらしく、カラフルな若人たちであふれかえっていて

コインロッカーもぎりぎりいっこ見つけた。なんかすごい場違い感。保護者然としている私。

と、そこまでして虫を探したのに、寒いせいなのかなんなのか、虫が全然いない。

コバチがいて、よく見るときれいだったので、撮ってみた。

160412

眉間の青色が目立っていた。


なにコバチ?トビコバチの一種とか?

16044

160472


おしゃれなカメムシがいた。コガシラコバネナガカメムシかな。
16042


じっとしていた、シダヨコバイ。
16041


コスミレかな?
16041_2_2


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

移動してオジロビタキ。

人の手によって桜に誘導されているので、本気でいい画を撮る!とかではなく、桜祭りを楽しむ感覚。

知り合いがいるかなーと探すと、お仲間が。

この方との遭遇率、じつはめちゃ高い。去年とか、池でも川でも池でも湖でも会った。

で、オジロビタキ。

160463


おもしろい瞬間が撮れた!
16047

16043


160442

16041_3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十年ぶりに行ったBlue Note東京。周りの店がすっかり変わってた!
2016040407590000

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー