サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

甲虫

2018年12月 8日 (土)

擬木見てある記 (←ありがち)

久しぶりに擬木見てあるきをしてきました。

クロスジフユエダシャクがそこらじゅうで飛んでいる…

その中で、擬木の一つのまわりを執拗に飛んでいるのがいて

その周辺を見てみると交尾がいた。
181103


道の脇で、ノササゲがぶらーーんとなっていた。
181101


瀕死の状態のキボシカミキリ。紅葉を背景にお顔を撮ってみた。
181101_2


ピカピカのコバチ?かな。この季節見ると嬉しい。
181102


181103_2


アカハバビロオオキノコかな。
181101_3


飛んでいたクロスジフユエダシャクのオスが丸まった落葉のところに降りたので

メスがいるのかな?と思って見てみたら、やはり交尾であった。
181105

フユシャク探しも楽しいな~。

2018年11月 6日 (火)

フラーバラゾウムシ など

ゾウムシ

先日のこと…

熊童子という多肉植物の葉っぱの先端に

謎の食痕を見つけて、むむ?なんだろうと不思議に思っていた。

そして翌日ふと見ると…

ゾウムシが頭をつっこんで食べている!出たての葉っぱを!!
181002


犯人の首根っこをつかまえて顔を見てみると…
1810012


知らない人だ~。…だれ??

こんな顔見たことないよーー。

コフキゾウムシ系にしては眼が小さくてかわいくないし

ヒョウタンゾウムシ系にしては口がなんか違うし。(個人の見解です)

と思って調べに調べたところ、Naupactus cervinus(Fuller's rose weevil)というのがそっくりで

和名フラーバラゾウムシという外来種らしいということが判明。

181003


翅は退化して飛べないらしい。

どうやって歩いてきたんだろう。土の中に入っていたのかな。

==============================================================================

ハムシ

山のほうに紅葉見に行ったときのこと…

虫いないかな~とじろじろしていたら見慣れないハムシを見つけた。

181001


帰って調べたら、イタヤハムシ。

1810022

翅の色が渋い~。何色って言えない、和風な色合い。

==================================================================================

ヒメグモ

車のガラスにくっついていた極小クモ。

マクロで撮影してみたら、私の好きなタイプのヒメグモ。。。

181001_2

ビー玉みたいできれい。

体長で2~3mmだったのでカグヤヒメグモの幼体とかかな?

1810032


便乗で載せますが。2か月ほど前に撮影したヒメグモ。。。たぶんマダラヒメグモ。
18081


2018年10月20日 (土)

ハエトリ・ゾウムシ

今日J-WAVEを聞いてたら甲本ヒロトが出ていて、虫が好きだという話をしていた。

虫と言っても、カブトムシとかカマキリとかそういうのかなと思っていたら

なんと5mmとかの小さな虫が好きとのこと。

例えば?と聞かれて「ムシクソハムシとかアカガネサルハムシとかジンガサハムシとか

喜んでとってます」って。

思わず一人で運転しながら「おおーーっ」と声を上げてしまった。。。

「最近一番嬉しかったのは、ダイコクコガネをとったんです。今飼ってます」って。

なんか嬉しい。。。

でもMCの渡辺祐は、相変わらず変わってますねえ… とリアクション薄めだった。。。


ということで、ムシの写真です。

順番が前後してますが…  1か月ほど前のこと…

狭山丘陵にてムシ探し。

湿地のところで、久しぶりに見つけた!メガネアサヒハエトリ。
18091


すささ!といつも素早く隠れてしまうので、今までなかなか撮影できずにいて

この日も近くで撮る前に、跳び去ってしまった…orz
18092


ミゾソバの周辺でゾウムシ探しをしたら、タデノクチブトサルゾウムシがいた。
18091_2


葉っぱの上に、小さな小さなゾウムシ。アカクチホソクチゾウムシ。9月でもいるんだー!
18091_3


クロオビカサハラハムシ。いっつもこんな風だよね、この人たち。
18091_4


クリシギゾウムシの交尾態がいた!
180923


今まで数十個体見てきたと思うけど、交尾は初めて見た。

へええ~~、交尾器はどうなってるんだ??とじろじろ眺める。かなり変態じみている。。。

以前記事に載せた、お尻の毛束が気になった。
18091_5

でも何の役割なのかは依然として不明。。。

2018年9月 4日 (火)

甲虫&トンボ

ゴミムシ再訪

小さいものに寄って撮れる仕様のレンズ(60mmマクロ+クローズアップフィルター)を購入してみた。


で、この間撮影に苦労したちっこいゴミムシを再度撮りに行ってみた。

池の水はさらに減っていて、ゴミムシの数も全体的にぐんと減っていたけど…

がんばって探していたら、前回と同じ小さなヒョウタンゴミムシがかろうじて2個体見つかった。

たぶんダイミョウチビヒョウタンゴミムシかな。くびれがすごいよ!
180813


寄れて大きく撮れるのだけど

すごく小さい、というのが伝わるのかな?という問題が…

18082_2


メダカハネカクシの仲間も再び。なんか食べてた。
180812


ヒメキベリアオゴミムシもだいぶ減っていたけど、なんとか見つかった。
180812_2


=============================================================================

カミキリ

低山にて。。。

この日はめちゃ暑くてだるだる。

しかも登山道があちこち通行止めで回り道ばかり…

本当はもう少し遠くまで歩く予定を、短めに変更。

ホオノキに何かいるかな?とじろじろしてみると

いた。。。ホウノキトゲバカミキリ。
180812

トゲバカミキリとは、前胸側縁のトゲが長いこと、後肢脛節に毛列がないことなどで区別するそう。


全部で3個体いた。8月末でも見られるのですね~。
18083


ご一緒したお友だちに教えていただいた、サネカズラ。
18081


これも教えていただいた。タカネトンボ。
18081_2


ルリボシヤンマも。暗いところだけど近くで見られた!
180812_2


2018年8月29日 (水)

斑猫 など

ハンミョウ

斑猫と書いてハンミョウと読むって知ってましたか?

わたしは知りませんでした~。

なんで猫なんですかね。


…で、前回の続きになりますが

河川敷にて、ふと足元を見てみたら、ハンミョウがたくさんいることに気づいた。

撮ってみた。
18081


コニワハンミョウかな?

18082


家に帰ってハンミョウの名前を調べていたとき

いろいろ素敵なハンミョウ画像が出てきて、あれもこれも見てみたくなった。

けど近場ではなかなか見れなそう。

そんな中、実家方面の神社の名前が出ていて、土地勘のある場所なので行ってみた。


日当たりのいい砂利っぽいところをじろじろしていると、ハエのような動きのムシが…。

ハンミョウだ。と撮ったけど、これはトウキョウヒメハンミョウ。
180802


これは近所にもいる唯一のハンミョウ。

180803


少し大きいのがいたので追いかけたけど、すぐ飛んでしまう…

参拝に来ていた女性に「何かいるんですか~?」と声をかけられて

トウキョウヒメハンミョウを紹介すると

「ハンミョウって、こんな地味なのもいるんですね~~」と

意外にも食いついてくれて、地面をじろじろし始めた。

そして「こっちにもたくさんいますよ~~」と呼んでくださった。

行ってみると、少し大きいのがいる。おお!エリザハンミョウだーー。

180802_2


その方もコンデジで一生懸命撮られていて

「これから楽しみが増えました~」と喜んでいて、こちらも嬉しくなった。

180804


====================================================================================

他にも甲虫

そのあと別の公園に移動。

たしか松の伐採木が積んであったような気がした… と思っていたら、やっぱりそこここに積んである。

小さなゾウムシ発見。

マツオオキクイゾウムシのようです。
180802_3


クズの葉っぱの上にハイイロヒラタチビタマムシがいたーー。
180801


2018年8月24日 (金)

ウスリーハエトリ など

岐阜~富山あたりで撮影したムシを…。


奥飛騨方面では。

橋の欄干でいいハエトリがいた~~
18081


久しぶり、2度目、のウスリーハエトリ。

18083


なんか眼の上に黄色い点が3つあるけど……なんなん?
18084


サカハチチョウ夏型。
18081_2


ここからルリ4連。

ルリハムシ。
18081_3


ルリツツハムシ。好きなかんじのところにいた。
18081_9


クロルリトゲハムシ。クロトゲハムシに比べるとトゲが長いよ!
18081_5


ルリオトシブミ。
180822


針葉樹の土場があって、なにかいないかな~~とじろじろしたけれど

いたのはこれだけ… カラマツヤツバキクイムシ。
18081_6


場所をよく覚えていないが、河川敷にて…

ミヤマアカネを見上げて撮った。
18081_7


アサマイチモンジがいた!すぐ飛んだ…
18081_8


=======================================================================
ネガ風

自分の中で流行中、ネガ風虫写真。

ルリハムシ。ネガ風にしてさらに荒く。
180816


2018年8月15日 (水)

ネキダリス など

ホソコバネカミキリというカミキリの仲間がいて、総称でネキダリスとかネキと呼んだりするんですが

それは、別にかっこつけてるとかではなく

ホソコバネカミキリというと長ーーくなって呼びづらいし

ヒゲナガコバネカミキリの仲間やコバネカミキリとごっちゃになるので

それらと区別するためにNecydalisという属名で呼ぶのだと思います。

そういうのって、いろんな分野であるのかな。

鳥だと、ソリハシセイタカシギ=アボセットもほぼ同じ理由かな?

実際、混乱して「ソリハシシギ?え?え?」とかなってる人見たし…


で、ネキなんですが、この間栃木でたまたまじろじろしてみた立ち枯れにて

クロホソコバネカミキリが見られました。

180733


クロホソコバネカミキリは、アルマンとも呼ばれます。
180742


そして昨年トガリバホソコバネカミキリ(フォルモサと呼ばれます)を見た山にて

今年はメスが見たい!と思って2時間半粘ったけれど

またオスしか見られず……

18072


全部で4個体見た。
18073


「何撮ってるんですか?」って聞かれて「カミキリです」って答えようとすると

なぜか「カマキリです」って口がすべってしまう

すぐに「あ、カミキリです」って言い直すんだけど相手が「あーカマキ…」ぐらいまで言ってるときあって

なんで言い間違うのか不思議。毎回笑える…

180714


ネガ風にしてみた。
180713

=====================================================================================

土日だと人が多そうなので、平日の空き時間にアオタマムシ探し。

涼しそうな日を狙って行ったら、現地の虫やさんにあまり涼しいと見られないのだと教わった。

1個体だけ見られたのだけど、虫やさんが見つけて好意で撮らせてもらったもの。

18074

うーん、もうアオタマはいいかな……


待ってる時、エサキオサムシを見つけた。きれいだった!
18071


2018年8月 9日 (木)

悩んだムシ

またまたゾウムシの同定でもたついてしまいました。。。

まずは奥多摩方面にて撮影したもの。(7月中旬)

青みが強い。。。
18071


脚が黒いこと、横からの写真を見ても毛が見られないことなどから

トゲアシヒゲボソゾウムシ(旧ミヤマヒゲボソゾウムシ)ではないかと。

「違ってたらごめんねーー。 ひらりっ!」
180722


そしてこれは、調べていてオチバアナアキゾウムシが一番近いと思い
18072


でも自信がないなあともたもたしていたら

同じ場所で撮影されてる同じゾウムシ(と思われる)が、甲虫に詳しい方のブログに載っていた。

オチバアナアキゾウムシの一種、でよさそう!
18073


ゾウムシじゃないけど、同じときに撮ったもので

パッと見て、科からまったく分からない!と思ったムシ…
Ischalia_brachyptera180713


で、調べてみたら、キスジヘリハネムシかなと。

ネットで画像があまりないので参考になればいいなと思い載せてみまっす。

==============================================================================

ハイイロヒョウタンゾウムシ

これは栃木県にて撮影したゾウムシ。(7月下旬)
18071_2


触角の形状からハイイロヒョウタンゾウムシだと思うんだけど、亜種がいろいろ居り。

まず基亜種ハイイロヒョウタンは、単為生殖だそうで

写真のは雌雄と見るのが自然なので、亜種ハイイロヒョウタンではなさそう。

18073_2


そのほかに5亜種いるのだけど、雌雄ともに灰褐色だとか、メスは灰色~灰緑色だとかで

当てはまるものがなく…

強いていうなら亜種ニシツガルヒョウタンゾウムシが一番近そうだけど

青森と宮城のみしか記録がなくて、自信が持てない…

ということで、今後また何か分かったら載せます~。

何か分かる方いれば教えてください~。

2018年8月 4日 (土)

平地も楽しいな ~もろもろ編~

トンボを探しているときに、水が枯れかかっている池の、水のない所に降りてみた。

水が枯れているといってもどろどろだし、ちょっと油断するとけっこう沈むところもあり

慎重に歩かないと人食い沼に食べられてしまう…と、足元をよく見て歩いていると

すさ!すさささ! と、キラキラした虫がちょいちょい視界を横切る。

歩く振動で?泥のすきまから出てきて、またすきまに入っていく。

うーーーん、モグラたたき状態で、なかなか見れず。いらーー。

こんなかんじ。
18071


たまーにじっとしているのがいる。

18072


ヒメキベリアオゴミムシだと思うんですが…

18073


しゃがみ込んで一生懸命写真を撮っていると、すさささ!と視界を横切る虫が他にもいて…

見れば見るほどいろんな種類がいるような気がしてきて、楽しくて止まらなくなってしまった。

たくさんいた。ヨツモンコミズギワゴミムシかな。
180713


これはメダカハネカクシの一種かな。
180712


肉眼ではアリにしか見えなかった虫。撮ってみたらなんかおもしろい体型!ステキ!
180712_2


チビヒョウタンゴミムシの一種かな。

小さいし素早いんだよーー。←言い訳
18072_2


==================================================================================

葉っぱの上にツマキシャチホコがいるのを教えていただいた!
18072


顔がもふもふ。機嫌の悪い猫みたい。
18073


=================================================================================

田んぼにて

休耕田を回ってみたところ、タカブシギが1羽だけ見られました。
18071

18072_2

2018年7月28日 (土)

平地も楽しいな ~ゾウムシ編~

暑いさなか、平地もコツコツ回っています。短時間ずつですけど…

雑木林で。初めて見るオオクチブトゾウムシが見られた。
180772


きなこのおはぎにそっくりだよこれー。ちょっと緑がかったきなこのやつ。

180732


このきなこ状の鱗片は落ちやすいみたいで。はがれてる個体の画像をよく目にします。


別の日にも見られた。
180782


ツマグロカッコウムシもいたよ!@栗の木。
180722


180732_2


==============================================================================

エゴノキで

別の日別の公園にて。。。

暑いさなかに毎年見られるウシヅラこと、エゴヒゲナガゾウムシ。これはオス。
1807022


オスは眼が後ろに向いてついているように見えるので、きっと前はほとんど見えてないんじゃないかと

前からすごい近寄ってみたら、全然見えてるらしく、普通に逃げられた。

前なんて見えてるように思えないけど…


オスは自分の縄張りにメスが来るのを待ちつつ、また他のオスが来ないよう見張りつつ

たまにエゴの実を食べているのか。かじっている姿が見られた。

口のアップ。二重構造。外側に鋭利な刃物のような器官があってエゴの実を剥いていた。
1807084


メスは産卵の穴を掘る。けどたまには食べているのか?どうなんだろう。
1807012


前がメスで後ろがオス。
1807072


悪だくみしてる風。
1807062


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー