サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

甲虫

2019年5月20日 (月)

続・地べた

  ココログがリニューアルしてから使いづらくて

ゾウムシアルバムも、一つ一つの写真のタイトルが消えてしまっている。

タイトルが消えたら意味ないじゃん。。。

 

記事中の写真も、なんかもやーっとしていて。

クリックした写真は大丈夫な気がするけど…

ココログやめようかな。

=========================================

アリの巣周辺の不思議ワールド、続きです。

トビイロケアリ?の巣を見ていたら、なんかオレンジがかった甲虫が

巣に入っていった気がした。

死体だったのかなと思いつつ、しばらく眺めていたら

出てきた。赤ぽい甲虫。

19051

 

なんと、キノコアカマルエンマムシ。

なんでなんで?なんでアリの巣から出てくるの?

…てかやっぱりかわいい、この虫。。。

19052

 

コクゾウムシだったり、このエンマムシだったり

蟻にまったく関係なさそうな虫がアリの巣のそばで見つかって

どういう意味なのかまったく分からないけど

アリは攻撃するでもなく、興味を示すでもなく、スルーしたりふんづけていた。

 

地中で蛹になっていた甲虫がこの時期ちょうど羽化して

地面から出てくるタイミングなのかな?とも思うけど。

とくに木の根元なんかはアリの巣もできやすく土もやわらかくて

幼虫も潜りやすいし成虫も出やすい、っていう。ことかなと。。。

でもキノコエンマムシの場合、潜っていくところも見たんだった。

いろいろ謎なので、今後も要観察と思います。

 

これはアリヅカウンカの幼虫かな?

190501_4

 

葉っぱなども見てみると、きれいなタマムシがいたけど

190501_5

なんとなく… いつものホソアシナガタマムシなのかなあ。

 

これはたぶんガロアノミゾウムシ。

190501_6

 

で、アリの巣周辺には、またゾウムシ。ハリゲカシワクチブトゾウムシ。

190501_9

 

=========================================

雑木林

翌日もまた飽きもせず、地面を見る…

きのうからこればっかり。ツヤツチゾウムシ。

190504

コケの上にいた。小ささが分かってもらえるかと。。。

 

ほそーい葉っぱの上に、ちいさーーい虫。

190501_15

今までのよりずっと小さく見えたけど、レロフチビシギゾウムシなのかな。

 

落葉の上にはハエトリグモ。 キレワハエトリのオス亜成体かな?

190502_4

 

ササバギンランを撮ろうと思ったら

ヒゲブトハナムグリが飛んできて、しれーっととまった。

1905022

2019年5月15日 (水)

謎ワールド@地べた

アリの巣周辺

「アリの巣の生きもの図鑑」というのを読んでいたら

アリの巣周辺をじろじろしたくてたまらなくなり

とはいえまったくのアリ素人なので

まずは種類や生態を観察すべく、雑木林で地面をじろじろしてみた。

アメイロケアリかな?の巣の近くに、小さな2mmほどのハネカクシがいた。
190501_1

図鑑を見ると、ナガアリヤドリが一番近いけど。。。

 

そして脇でもぞもぞ動く甲虫がいる…

たぶん一回くらいしか見たことないやつ。チビヒョウタンゾウムシかな。極小。
190501_2

アリの巣とは無関係にただ近くにいたぽく

このあとすたすたと歩いてどこかへ行った。。。

 

目を上げると、松の葉っぱを噛んで休憩中のハチが。 それ、楽ちん??
190501

 

==============================================================

狭山丘陵にて

毎年この時期行く場所へ。。。

見始めてすぐ、アリの巣がそこここで見つかる。

 

じーーとアリたちを見ていると、極小甲虫が目に入ってきた。

……あれ?これコクゾウムシ。。。なんでこんなとこに?
190501_8

コクゾウムシって1度しか見たことないから、、、ま、撮るけど。。。

 

といいつつ別のアリの巣でも、また見つけた。コクゾウムシ。
190502_1

結局この周辺で、5個体のコクゾウムシをみた。

 

アオオビハエトリ成体♂にたくさん会った。

「ねね、見て見て!腕のここんとこ、こんな色になったおーー!」
190503_2

アオオビハエトリも、図鑑には好蟻性昆虫として載ってる。。。

 

再び木の根元のアリの巣を見ていると、またゾウムシ。

リンゴアナアキゾウムシかな(クリアナアキかも。kazuさんありがとうございます)。
190501_11

これは大きめ。12mmくらい。

 

あと、こんなのもいた。アカネクチブトキクイゾウムシ。
Sp190501_1

 

…てか。 なんでこんなにゾウムシがいるの??

 

まだ散策始めて50mくらいしか進んでない。

アリの巣の周辺に甲虫が多いのかな。

それとも、今の時期の地面はどこをじろじろしてもこんなかんじなのかな。。。

 

気を取り直して、、、アリをじろじろ。

…で、また甲虫。ホソヒメカタゾウムシ。
190502_2

家に帰って調べたら、ホソヒメカタゾウムシはツヤツチゾウムシに名前が変わっていて

外見では見分け付かないイナギツヤツチゾウムシだとか、何十種とある。

これは何も付かないツヤツチゾウムシだと思われます。

 

めったに会わないから…と、ベンチの上に移動して必死に撮影したけど…
190503

これから飽きるほどこの虫に会うことを、この時のわたしはまだ知らない。。。

 

なんかかっこいい色のオサムシに遭遇。
Sp190501

 

そこそこ長いので、いったん納めます。続きは次回。。。

 

 

2019年5月 6日 (月)

ツヤドロムシ など

川で

一週間ほど経ってしまいますが…

谷戸のほうにムシ探しに行くついでに、河川敷が近いので寄ってみた。

一度やってみたかった、川底がさがさ。

このときのために購入していた金魚網で、川底をがさがさーとして

もあ~と浮いてきたものたちをすくう。そして中身を確認。

ネクタイしたおかっぱ頭の宇宙人、みたいの。たくさんいた。
Photo_2


5分くらいたったころ……

…見つけた!!ヒメドロムシ。
190401_11


ストロボどこだっけ とか、ケースケース、とかやって目を離しているすきに

どこかへ逃げてしまった…

それからまた15分くらいがさがさしたところで2匹目見つけたーー。

ヒメドロムシ科の、ツヤドロムシと思います。体長は1.7mmほど。。。
1904042_1


金いろの縁どりが素敵…!
190405_1


しぇーー 
190406

脚も金いろに見える。


あとシジミガムシの仲間(たぶん)も入った。
190401_9

=====================================================

谷戸

がさがさが楽しくて川で一日遊んでいたかったけど、せっかくなので谷戸へ。


スゲハムシ。ここでは青いタイプしか見たことない気がする。
190401_6


まんまるちゃん。ドウガネツヤハムシ。
190401_10


ヨコバイがいた。あれ?こんなの見たことない…!!
Idiocerus-sp1904012

しかし1枚撮ったところでどこかへ行ってしまった…

さんざん調べたけど、これ!というものが見つからず

たぶんIdioserus属の一種と思います。


ヒサゴトビハムシサシゲトビハムシ(Sodaさんありがとうございます)。とげがつんつんしているよ。
190401_8


チビタマムシの同定が超苦手。ヤノナミガタチビタマか、ドウイロチビタマだと思うが…
190401_12

2019年3月30日 (土)

最近の小さ虫

時間がなかったり風邪をひいたりでなかなかまとまった時間で遊べていないけど

空き時間に少しぶらぶらしてみると

柵やてすりで小さな虫が見つかるようになってきました。

========================================================

小さいけど2mmはある

丘陵にてムネスジノミゾウムシ。毎年会える安心感。

190301_6 

 

雑木林にて。カシワノミゾウムシ。この時期の虫だけど、今年はよく見る。

190301_14

 

レロフチビシギゾウムシ。

190301_11

 

メダカチビカワゴミムシ、けっこう歩いてた。

190301_12

 

おしゃれなマントをお召しになっている。アカスジアオリンガかな。

190302

 

「わしに用かね?」

190301_7

 

お友だちが教えてくれた。シュンランにビロードツリアブ。かわいい恰好でとまってた。

190301_9

=====================================================

小さいし2mmない

以前スルーしていたような小さくて地味なパッと見ても名前がまったく浮かばない甲虫にも

最近は 愛おしさが沸いてくるようになりました…

たとえばこのような。2mmに満たないムシ。。。ウスチャヒメマキムシあたりでしょうか。

190301_8

 

これはまた別のものと思うけど。名前が分からなかった…

190301_13   

 

ベニモンツヤミジンムシかな。もう名前が微塵ムシだよ!微塵!

190301_10

 

2018年12月23日 (日)

ばえない虫

年下の知り合いと話していて「インスタとかやらないんですか?」みたいなことを言われ

ブログやってると言うと、あーもうブログとか古いですよねと言いたげな顔をされるけど

映えとかいいねとかまったく気にしないで写真が載せられる、そんな自由さがわたしは好きです。


ということで映えると思えない、地味で小さな虫を載せてみます。


甲虫

2週間ほど前。雑木林の林縁部にて、小さな甲虫いないかな~と探してみた。

甲虫先生のとこに、「今の時期でもビーティングで小さな甲虫が見られる」と書いてあったので

慣れないビーティング的なことをしてみたのだけど

小さなワラジムシの子どもたちが数十匹落ちてきてわらわらわら。

ぞわーーとなってビーティングはあきらめ。結局いつものようにじろじろすることに。。。

倒木の枝に、小さな甲虫を発見。
181201


初めじっとしていたのにカメラを向けたらスイッチ入ってすたすた歩き。しまいにはおっこちた。。。

181203

181202_2

クロオビヒメマキムシかな。ニセが付くのもいるらしいけど、これはたぶん付かないやつかと。

====================================================================================

ヨコバイ

日当たりのよいところにヨコバイもいた。アカカスリヨコバイ。
181201_2


これは草の上で見つけた。調べたら、Balclutha impictaというのに似ている。
Balclutha_impicta_1812012_2


これ…なに?マダラヨコバイかと思っていたけど、上のほうの翅脈が違う気がする。
181201_3

お分かりになるかたいたらご教授ください。。。


2018年12月 8日 (土)

擬木見てある記 (←ありがち)

久しぶりに擬木見てあるきをしてきました。

クロスジフユエダシャクがそこらじゅうで飛んでいる…

その中で、擬木の一つのまわりを執拗に飛んでいるのがいて

その周辺を見てみると交尾がいた。
181103


道の脇で、ノササゲがぶらーーんとなっていた。
181101


瀕死の状態のキボシカミキリ。紅葉を背景にお顔を撮ってみた。
181101_2


ピカピカのコバチ?かな。この季節見ると嬉しい。
181102


181103_2


アカハバビロオオキノコかな。
181101_3


飛んでいたクロスジフユエダシャクのオスが丸まった落葉のところに降りたので

メスがいるのかな?と思って見てみたら、やはり交尾であった。
181105

フユシャク探しも楽しいな~。

2018年11月 6日 (火)

フラーバラゾウムシ など

ゾウムシ

先日のこと…

熊童子という多肉植物の葉っぱの先端に

謎の食痕を見つけて、むむ?なんだろうと不思議に思っていた。

そして翌日ふと見ると…

ゾウムシが頭をつっこんで食べている!出たての葉っぱを!!
181002


犯人の首根っこをつかまえて顔を見てみると…
1810012


知らない人だ~。…だれ??

こんな顔見たことないよーー。

コフキゾウムシ系にしては眼が小さくてかわいくないし

ヒョウタンゾウムシ系にしては口がなんか違うし。(個人の見解です)

と思って調べに調べたところ、Naupactus cervinus(Fuller's rose weevil)というのがそっくりで

和名フラーバラゾウムシという外来種らしいということが判明。

181003


翅は退化して飛べないらしい。

どうやって歩いてきたんだろう。土の中に入っていたのかな。

==============================================================================

ハムシ

山のほうに紅葉見に行ったときのこと…

虫いないかな~とじろじろしていたら見慣れないハムシを見つけた。

181001


帰って調べたら、イタヤハムシ。

1810022

翅の色が渋い~。何色って言えない、和風な色合い。

==================================================================================

ヒメグモ

車のガラスにくっついていた極小クモ。

マクロで撮影してみたら、私の好きなタイプのヒメグモ。。。

181001_2

ビー玉みたいできれい。

体長で2~3mmだったのでカグヤヒメグモの幼体とかかな?

1810032


便乗で載せますが。2か月ほど前に撮影したヒメグモ。。。たぶんマダラヒメグモ。
18081


2018年10月20日 (土)

ハエトリ・ゾウムシ

今日J-WAVEを聞いてたら甲本ヒロトが出ていて、虫が好きだという話をしていた。

虫と言っても、カブトムシとかカマキリとかそういうのかなと思っていたら

なんと5mmとかの小さな虫が好きとのこと。

例えば?と聞かれて「ムシクソハムシとかアカガネサルハムシとかジンガサハムシとか

喜んでとってます」って。

思わず一人で運転しながら「おおーーっ」と声を上げてしまった。。。

「最近一番嬉しかったのは、ダイコクコガネをとったんです。今飼ってます」って。

なんか嬉しい。。。

でもMCの渡辺祐は、相変わらず変わってますねえ… とリアクション薄めだった。。。


ということで、ムシの写真です。

順番が前後してますが…  1か月ほど前のこと…

狭山丘陵にてムシ探し。

湿地のところで、久しぶりに見つけた!メガネアサヒハエトリ。
18091


すささ!といつも素早く隠れてしまうので、今までなかなか撮影できずにいて

この日も近くで撮る前に、跳び去ってしまった…orz
18092


ミゾソバの周辺でゾウムシ探しをしたら、タデノクチブトサルゾウムシがいた。
18091_2


葉っぱの上に、小さな小さなゾウムシ。アカクチホソクチゾウムシ。9月でもいるんだー!
18091_3


クロオビカサハラハムシ。いっつもこんな風だよね、この人たち。
18091_4


クリシギゾウムシの交尾態がいた!
180923


今まで数十個体見てきたと思うけど、交尾は初めて見た。

へええ~~、交尾器はどうなってるんだ??とじろじろ眺める。かなり変態じみている。。。

以前記事に載せた、お尻の毛束が気になった。
18091_5

でも何の役割なのかは依然として不明。。。

2018年9月 4日 (火)

甲虫&トンボ

ゴミムシ再訪

小さいものに寄って撮れる仕様のレンズ(60mmマクロ+クローズアップフィルター)を購入してみた。


で、この間撮影に苦労したちっこいゴミムシを再度撮りに行ってみた。

池の水はさらに減っていて、ゴミムシの数も全体的にぐんと減っていたけど…

がんばって探していたら、前回と同じ小さなヒョウタンゴミムシがかろうじて2個体見つかった。

たぶんダイミョウチビヒョウタンゴミムシかな。くびれがすごいよ!
180813


寄れて大きく撮れるのだけど

すごく小さい、というのが伝わるのかな?という問題が…

18082_2


メダカハネカクシの仲間も再び。なんか食べてた。
180812


ヒメキベリアオゴミムシもだいぶ減っていたけど、なんとか見つかった。
180812_2


=============================================================================

カミキリ

低山にて。。。

この日はめちゃ暑くてだるだる。

しかも登山道があちこち通行止めで回り道ばかり…

本当はもう少し遠くまで歩く予定を、短めに変更。

ホオノキに何かいるかな?とじろじろしてみると

いた。。。ホウノキトゲバカミキリ。
180812

トゲバカミキリとは、前胸側縁のトゲが長いこと、後肢脛節に毛列がないことなどで区別するそう。


全部で3個体いた。8月末でも見られるのですね~。
18083


ご一緒したお友だちに教えていただいた、サネカズラ。
18081


これも教えていただいた。タカネトンボ。
18081_2


ルリボシヤンマも。暗いところだけど近くで見られた!
180812_2


2018年8月29日 (水)

斑猫 など

ハンミョウ

斑猫と書いてハンミョウと読むって知ってましたか?

わたしは知りませんでした~。

なんで猫なんですかね。


…で、前回の続きになりますが

河川敷にて、ふと足元を見てみたら、ハンミョウがたくさんいることに気づいた。

撮ってみた。
18081


コニワハンミョウかな?

18082


家に帰ってハンミョウの名前を調べていたとき

いろいろ素敵なハンミョウ画像が出てきて、あれもこれも見てみたくなった。

けど近場ではなかなか見れなそう。

そんな中、実家方面の神社の名前が出ていて、土地勘のある場所なので行ってみた。


日当たりのいい砂利っぽいところをじろじろしていると、ハエのような動きのムシが…。

ハンミョウだ。と撮ったけど、これはトウキョウヒメハンミョウ。
180802


これは近所にもいる唯一のハンミョウ。

180803


少し大きいのがいたので追いかけたけど、すぐ飛んでしまう…

参拝に来ていた女性に「何かいるんですか~?」と声をかけられて

トウキョウヒメハンミョウを紹介すると

「ハンミョウって、こんな地味なのもいるんですね~~」と

意外にも食いついてくれて、地面をじろじろし始めた。

そして「こっちにもたくさんいますよ~~」と呼んでくださった。

行ってみると、少し大きいのがいる。おお!エリザハンミョウだーー。

180802_2


その方もコンデジで一生懸命撮られていて

「これから楽しみが増えました~」と喜んでいて、こちらも嬉しくなった。

180804


====================================================================================

他にも甲虫

そのあと別の公園に移動。

たしか松の伐採木が積んであったような気がした… と思っていたら、やっぱりそこここに積んである。

小さなゾウムシ発見。

マツオオキクイゾウムシのようです。
180802_3


クズの葉っぱの上にハイイロヒラタチビタマムシがいたーー。
180801


より以前の記事一覧