サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

甲虫

2017年3月22日 (水)

ムシムシ出てきた

先日、久しぶりに擬木を見て回ったら、そこそこムシが出ていた。

おお!と思い、調子に乗って数日後また行ったら、今度は全然見られなかった…

気温だけでなく、湿度とか風とか、いろいろ要因があるのかな?自然界は謎だなあ。


ハエトリ

石神井公園でもムシがいろいろ見られるかもと思い、久しぶりにじろじろしたけれど全然だめだった。

ただ、ハエトリだけは、ここで初めて見るものが2種も見られた。

イワテハエトリ(もしくはヤガタハエトリ)。
17031

イワテハエトリとヤガタハエトリの2種は、専門家でも外見で判断できないらしいので

心おきなく同定を放棄することができます。。。


トサハエトリ。松の幹にいた。
170314


=========================================

花と鳥

オオカンザクラにメジロが来ていた。もうだいぶ散っていましたが…。
170312


トサミズキにヒヨドリが止まっていて、花をぱくぱくと食べ始めた。
17031_3


17033

君たちは何の花でも食べるんだね!

========================================

ハチ・ハエ

丘陵にて、見つけたムシたちです。

ハチには以前はあまり興味がなかったけど、みなさんの載せるコバチの写真を見ているうちに

いつの間にか私も「コバチかわいい!」と思うようになり

小さなハチに対してだけはカメラを向けるようになりました。。。

これはたぶんタマバチの一種。
17031_4


タマバチという名の由来が分かりますね。
17032


これは名前が分かった!キアシブトコバチ。
17031_5


お顔もかわいい。このハチ好きだ~。
17032_2


ナガコバチの一種かなあ。。。
170322


額の黄色がいやに目立つうえに猫背な個性派がいた。なんだこれ??
17061


シマバエの一種の未記載種で、「埼玉県昆虫誌」にて Steganopsis sp.2 として載っているらしい。


この猫背で、もみ手!媚びてる人にしか見えない!
17062


=======================================

渋虫たち

アカホソアリモドキ。翅が凹んでる、捕食者に襲われた跡かなーなんて思ってたら
17034

なんと性標だそうで。凹んでるのはオスなんだってー。びっくり。

アリモドキも飛べるんだね!
17033_2


アトホシヒメテントウ。渋い~。
17031_6


アラカシの葉上でじーっとしていたのは、キスイモドキではなかろうかと。これまた激渋~。
17031_7


2017年3月17日 (金)

虫のいる風景 #7

ブログを始める以前に撮影した写真でした。

10091


2016年12月13日 (火)

川の鳥・虫

先日、多摩川に行ってみた。

家にあった、移植ごて?スコップ?をいちおう持って行ってみる。(ゴミムシ掘る用)

川にはカモがたくさんいる。なにガモ?と気になる。。。

鳥のレンズも持ってきたので、写真を撮ってみる。

コガモ・オカヨシガモ・オナガガモ・キンクロハジロ が写っているようです。
16121


カンムリカイツブリもいた。左端のはマガモ♀でしょうか。。。
16122


てきとうに砂地の壁を掘ってみると、アオゴミムシ。
16122_2


たくさん歩く気満々で来たけど、探している環境がまったく見つからないので

早々に目的のものを探す気がしゅうぅーとしぼんでしまった。

てきとうにしゃがんでじろじろしてみる。

あ!なんか翅におされな赤い点があるハネカクシ!
16123


「甲虫」を見ると、ホソフタホシメダカハネカクシかなと思ったけどハネカクシ談話会ニュースによると

翅に星があるメダカハネカクシは、本州にはフタホシメダカハネカクシとホソフタホシメダカハネカクシ

しかいないらしく、ホソ…は脚が黄色いことで区別がつくらしい。

私が撮ったやつは脚が黄色いようには見えないので、フタホシメダカハネカクシかと。

16124


アオバアリガタハネカクシもすたすた歩きをしていた。
16122_3

16121


トホシクビボソハムシ。相変わらずクコに。
16121_2


川にコサギがたくさん下りて、魚捕りをしはじめた。

16121_3


魚捕りをするコサギ撮りをしたかったけど、なかなかうまくいかない。

写真を撮ると魚が捕れておらず、魚を捕ると写真が撮れていない!

でも久しぶりにじっくり見たコサギ、ふわふわと舞いを踊っているようで、思わずうっとりしてしまった。

16122_4

16125

16126

2016年11月 7日 (月)

チョウや鳥やカエル

あちこちで撮った写真です。

近場の公園にて、ムラサキツバメを撮りたいと思って探してるのですが、見つからず。。。

開いてるのがいるーと思って撮ると、ムラサキシジミのほう。
16111


いじけて地面を見ていたら、後ろ向きで地面に潜ろうとしている、不思議なムシ発見。
16101


調べたら、ムネアカセンチコガネ。ちょっと貴重なムシぽい!
16102

でも、途中で潜るのをやめて、飛んでいってしまった。。。


上を見上げると、紅葉しかけたおもしろい葉っぱ。ナナカマドとか?
16101_2


最近ウラギンシジミをよく見かける。止まってくれたのは、メス。
16101_3

16102_2


==========================================

別の日。日本で確認されるのはごく稀なムシクイ、を見に行った。

16103


ムシクイと付く鳥は数種類いて、どれも似通っていて識別が難しいのですが

これは黄色味が強くて、個性があるほう。なので、見てみたいな~と思っていた。

動きもちょこまかして撮影困難なものが多いけど、比較的おっとりだった。

鳴き声は、メジロをかぼそくしたような。ピョーというような声を小さく発していた。

16105


桜の樹に手をつこうとしたら、なんかウズラの卵みたいのがくっついてた!

アマガエルかな。日光浴してるの?
16101_4


========================================

先日の土曜から、写真展始まりました!

まだ行っていない方、ぜひ今週末あたりお出かけください~。

で、秋ヶ瀬の森にて、見られたのは…

ムラサキツバメ。メス。開翅がやっと撮れた~。
16111_2


アカハラはたくさんいました。
16111_3


シメ。ムクノキの実を食べていた。
161112


マヒワも10数羽いたけど、落ち着きがない。2羽いるのが分かりますか…?
16111_4


2016年11月 1日 (火)

甲虫まだいた

この時期、しかも寒い日に、自分一人だったら甲虫なんて一つも見つけられないけど

みんなで歩いたらなんといろいろ見つかった。

というか見つけてもらった。。。ありがとうございます。

ハッカハムシは、ニホンハッカと思われるハッカの葉っぱにいた。
16101


よく見ると、触角と眼と脚が青いね。
16102


ベニカナメモチの葉上には、カシルリチョッキリが。この時期にチョッキリは嬉しいね!
161022


クチナガチョッキリも鉄柵の上にいた~。
16101_2

16102_2


ハッカの葉っぱで丸くなるヒメクチカクシゾウムシ。
16101_3

この、顔を隠してうつむく姿勢もちょっとコワイんだけど、肌の質感?トリハダぽさ?もちょっと苦手。。。


ヨモギハムシはけっこうあちこちにいた。
16101_4


畑の脇で、コガシラアオゴミムシ。これも一人では絶対見つけられない。。。
16101_5


渋い色合い、けっこう好みかも!
16102_3


カメムシの仲間では、コミドリチビトビカスミカメウスモンミドリカスミカメ。
16101_6


ミドリグンバイウンカもいた。
16101_7


大きな白い花。しょうがの花だと教えてもらった。爽やかないい匂いがしたよ!
16101_8


2016年10月25日 (火)

身近ないろいろ

近場の公園にて。。。

撮りたいと思っているものをあれこれ探すけど、見つからない。

とりあえず赤く色づいたハナミズキにとまっているヒヨドリなぞを撮ってみたり。
16101


蝶も鳥も少ないので、また視線は下へ。。。

小さな甲虫や、カメムシが日向ぼっこをしている。
16101_2

16101_3

16101_4


見たことないテントウだな~と思ったら、たぶんヒメカメノコテントウの黄点黒型みたいです。
16102


あ!久しぶりにメスジロハエトリのメス!
16101_5


アリがちょっかいを出す。
16102_2


アリのこと、すっごい嫌いみたい。ネコパンチみたいのを繰り出して、追い払う。
16103


パンチを受けて、仰向けにひっくり返るアリ。
16105


16107


オオアオイトトンボはこの時期毎年会うね。
16101_6


オナガが二羽、仲良く並んでいた。
16102_3


16103_2


ペアかと思ったけど、両方ともまだ若い個体みたい。仲良しきょうだいかな?

羽づくろいまでしてあげてる?
16105_3


隣の木に移っても、なかよし。
16107_2


帰りにまたハナミズキをのぞく。

今度はキジバトがくつろいで「ぽーぽーぽぽー」と。
16101_7


キリの木、二種類の実がなってる… と思ってあとで調べたら、左の納豆みたいのは花芽だそう。
Photo


2016年10月18日 (火)

ムーミン など

最近や少し前の写真、地味すぎるものをあれこれ載せてみます。


先日、桜並木のところにトケンがいた。カッコウかなと思ったけど
16101


ホトトギスでしょうか。
161022_2


ムラサキツバメ。すっごく相性が悪く、裏ですら撮ったのは二度め。表にいたっては未だ見たことない。
16101_2


---------------------------------------------------------------------------

近場の公園にて。ムーミンがいたよ。 あれ、ムーミン耳が取れちゃったみたい。
16101_3


あ、ムーミンが口あいたよ。キバがあるんだね。
161002

なーんて。アケビコノハの幼虫です。

これ、見たことなかったんだよねー。昆虫博士に教えてもらった。3匹もいた。

目玉模様もさることながら、小宇宙みたいな模様も目を引く。

ちなみに、以前撮った写真ですが、成虫はこのような枯葉そっくりの蛾です。
15011


イチジク(たぶん)の葉裏にいたクワササラゾウムシ。
16101_4


そっくりなオオクボササラゾウムシっていうのがいて、まだ撮影したことないので

そっちだといいなと思い、「オークボ!オークボ!」と心の中でオオクボコールをしていたけど

オークボは白い線が入るので、これはクワササラのほうに決定。

16102_2


----------------------------------------------------------------------------

別の日、栃木のほうの公園にて。

クヌギの幹に、メダカチビカワゴミムシがいた。
161022


ちびカワだわ~。
16101_5


そしてこれは、池袋西武の屋上にて。。。
Photo

2016年10月 1日 (土)

ブレてみた

説明をすると長くなるというか… 長く説明をすると野暮になるというか…

そんなかんじなので説明は省きますが

ムシの写真でやってみたいことがあったんです。

それはブレ写真。。。

クヌギシギゾウムシが、ものすごい速さで目の前を右へ左へと疾走するのを見て

ブレ写真を撮ってみたらどう?と思い、ちょっと試してみることに。

とりあえずは脚だけブレてる写真を撮ろうと、流し撮り風に被写体を追ってみた。

ブレてるブレてる~。
161902


もっとブレる。
1619132


もっともっと~。SS1/60。
161903


気づきました?口吻の先はほぼブレずに直進してるんです。

脚は前後に動いて、体は回転する動き。

口吻の先は進行方向をまっすぐ目指して、体をひねりながら前進してるってことかな。

あ、野球のバッターやゴルファーのスイングと同じ?! なーんて。


擬木の上をしばらく疾走したのち、ヤマノイモ?のつるを伝って降りてきた。

161904


161905


降り切ったところには実が。
161906


また登って、降りて、実のところで行き止まり、を繰り返す。
161908


行き止まりの実のところで、周りをぐるぐる回り始めた。何周も何周も。
161910_2


ぐるぐるが止まらない!壊れちゃったみたい。何十周も回る。

それを撮るわたしも壊れた。シャッターを押すのが止まらない。何十枚も撮る。

壊れたわたしたち。 延々、ぐるぐるパシャパシャを繰り返すのであった。。。
161912


また歩きはじめると、アカスジキンカメムシ幼虫がいた。

またやってみよう、と。まずは脚ブレ写真。
16191


ここで、もっと遊んでみたくなった。

わざと手ブレ写真。

斜め方向に思いっきり振って、それをさらに切り取ってみた。
1619342

わたし的には気に入ったんですけど… だめですかね。。。


…普通の写真に戻ります。

ヒロオビジョウカイモドキ♀がいた。
16192


赤い色がすごく目立ってた。
16191


チャイロナガカメムシかな?たぶん初めて撮った。
16191_2


ヒヨドリジョウゴが咲いてたよ。
16191_3


2016年9月29日 (木)

擬木にてムシ

よくムシ探しに行くフィールドのそばにある、あずまや。
16191

この間、アズマー宣言をしてしまったので、写真を撮ってみた。

新緑の季節などにはここでちょっと休憩したり、お昼を食べたりするんだけど

今の時期は蚊がすごいので、憩うことなく退散。

先日も書いたけど、なんでもない場所にあるあずまやがとくに好きなので、ここはポイント高め。

そういえば沖縄の人はのんびり気質なのか、なんでもないあずまやでも人が休憩してる率高いなあ。


少し離れた場所にあるべつのあずまや。
16192


竹林がそばにあって、なかなか風情あり。

16194_2


周辺にてムシ探し。

地味すぎるゾウムシ発見~。
16091_2


ヒサゴクチカクシゾウムシ。見た目もだけど存在も地味。。。

16092


16094


ツツジ地帯にて、ツツジコブハムシがたくさんいた!

16195


16192_2


ぱかーんは、また今度じっくり撮ろう。。。
16194


正面顔、好き。フンのかぶりものしてるみたい~。
16193


この日はシギゾウムシもたくさんいた。

これはコナラシギゾウムシ。
16091


ぱかーっとしたのが撮れたんだけど
16092

右の後翅、Zみたくなっている。

鞘翅の中で、後翅はZ状になってしまわれているんだね。


不思議な歩き方をしているアリがいたのでじろじろ見てみると
16091_2


……あーーー!!

脚に頭がくっついてるじゃん。別のひとの頭がー。
16092_2

これ、死んでも離さないぞ!ってやつじゃん。。。

すごい歩きづらそうだし、気になって仕方ないってかんじだった。

ちょっとしか調べていないけど、生きてるほうはイトウオオアリっていうのが一番近いみたいで

脚にくっついてるのは別種ぽい。

2匹の間に何があったんだろう。。。


クヌギシギゾウムシ。ここでは初めてかも。
161901


と、ここで、前からやってみたかった撮り方をしてみよう!と思いついた。

それは……

…内容があまりに散らかってしまうので、次回にします~。


2016年9月20日 (火)

身近なムシ

今の時期の河川敷ってどんなムシが見られるのかな~と、ぶらぶらぶらついてみた。

河川敷、日陰がなくて。。。風も通らなくて草いきれが、むああ~。

暑い。。。着いてすぐ、もう帰ろうかなと。

帰る前にまあちらっとそこら辺を見てみよう… としぶしぶあたりを見回すと

オニグルミの葉に、なんかいいヨコバイを見つけた。

16091

ヒシモンヨコバイの一種。

ヒシモンヨコバイの仲間には、アライヒシモンヨコバイとかオオヒシモンヨコバイなどいて

ちょっと区別がつかないので、ヒシモンヨコバイの一種とさせていただきました。。。


葉っぱの上にはドウガネサルハムシの銅金いろバージョンと
16092


青色バージョン。
16093


ヤブガラシで仲良く一つのお花を分かち合うトビイロシワアリ。
16091_2

よく見ると、ときどきこぜりあったりしておもしろー。


珍しいものはいないけど、なんか今の時期って逆に楽しいかも…!

オンシーズンだと、とりあえず今はいいかなーと通り過ぎてしまう身近なムシを

今の時期、じっくり観察したりゆっくり撮影したりできる。って、去年も同じこと思ったんだった。

めっちゃ楽しくなってきた!


ちいーさなハエトリがいた。チクニハエトリかな?
16091_4


几帳面に並べて卵を産んでいた、シロヘリクチブトカメムシ。
16091_5


卵、よく見ると歯車みたいなギザギザが。
16092_3


石の間を、ささ!ささ!と走り回る、小さなムシ。撮ってみるとコメツキ。
16091_3

たくさんいたけど全然撮れない。。。


アリ状の生きものが、私の視線に反応してすばしこく動いた。

アリは人の視線ですばしこく動くということはほぼないので、アリじゃないな。アリグモかな?

よくよく見ると、カメムシ幼虫。
16091_6

ホソヘリカメムシ幼虫かな。

顔にトゲというか、ぽよぽよしたものが生えてるんだね。
160912


アオモンイトトンボ。久しぶりに見た。
16092_2


帰りに、駅の近くの緑地をのぞいてみたら、サルスベリの樹がぼろぼろに剥げていて

なんかいるかな~とじろじろしてみると

あ!見たいと思ってたキマダラカメムシ幼虫!終齢かな。
16091_7

この押しボタン付きみたいなの、見たかったんだ~。

ってかほんとは押しボタン押したいけど、臭いの出そうだからやめとく~。


成虫もいたし
16091_8


4齢幼虫?もいたよ。クサギカメムシ幼虫ぽいです。ジダンさん、まーくさん、感謝です!
4

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー