サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カミキリ

2017年2月27日 (月)

虫のいる風景 #4

菊水っていうお酒、たしかありますよね…

13041

2016年9月12日 (月)

タマムシ など

知り合いのブログで見て、「これ見たいな!」って思って心に残るものってありますよね。

かと思えば、「これ見たいです~」とかコメントに書いておきながら

すっかり忘れしまって「こんなのいるんですね、知りませんでした!」と

新鮮な気持ちで書き込んでしまったり。。。

で、覚えてるほうのやつで、ムネアカチビナカボソタマムシっていうアカメガシワに付くタマムシがいて

アカメガシワがあるとなんとな~く気にしていたんだけど

先日偶然見つけることができた。

ムネアカチビナカボソタマムシ。胸が赤くチビっこい中細な玉虫 ということです~。
16093


大きさは、4mm程度。。。

暖地性らしく、千葉神奈川あたりだとけっこういるみたい。

16096

16098

----------------------------------------------------------------------------

別の日、山にて。ヨコヤマヒゲナガカミキリ見れた~。
160918


ちょっと遠かったけど、なんとか写真が撮れた。

いやーうれしいなあ!よかったよかった!

……って不自然に喜びすぎですかね。

ブナの高いとこ、3mくらいのとこにいて、カメラを向けた直後すたたたーーと登って行ってしまった。

撮れて嬉しい!でもしょぼ写真しか撮れなくて悲しい!の複雑な気持ちに。

なので、撮れて嬉しいのほうを前面に押し出してみた…

ちゃんとした写真は、また来年かなあ。。。


オオヒナノウスツボ。ぎりぎり終わりかけのを見ることができた。
16091
「まーたらーいねーーん」

2016年8月18日 (木)

花多め

長野方面へ。。。

道中、アカマツらしき材がちょこっとあったのでのぞいてみると

カラフトヒゲナガカミキリ交尾態。
16081


単独でいたのはメスかな。
16082

思いがけず、初めて見る種が見られてラッキーだったhappy01


そのそばには、クモゾウムシの一種。コウノクモゾウムシかな。。。
16081_2


霧ヶ峰では、キスジツツハムシ。以前撮った時もこの近くだったなー。
16081_3


ホソクチゾウムシ。ヒレルホソクチゾウムシかなあ?
16081_4


地べたを歩いていた甲虫。ゴミムシダマシとかそのあたりかと思ったら、ハムシのよう。
16081_5

ネギオオアラメハムシ。聞いたこともなかった。ネギにつくらしいです。


かわいい花に、かわいいツツハムシが!
16081_6

花はタチフウロ?ムシはチビルリツツハムシ?どちらも?付き…sweat02


湿原では、シュロソウ。渋い色のお花。
16081_7


イワアカバナ。柱頭が丸いのが、アカバナとの識別点だそう。
16081_8


フシグロセンノウ。全然花に詳しくない私は、最初ニチニチソウかと思った。。。
16081_9


場所を変えて、戸隠。ここでも花を。。。


前日、宿に置いてあった花の本を見ていて、見たいな~と思ったアケボノソウが咲いてた。
16081_10


花びらに、黄色いぷくっとした、どう見ても蜜状のものが。
16082_2


調べてみたら、やはり蜜腺があるらしい。

どうして花びらにあるんだろう~。不思議~。

おしべと花びらが、互生のようになっているので

蜜をなめにきた虫に花粉が付きやすい作りになっているとも考えにくいような。。。


タカネトンボが池の上を飛んでいた。
16081_11


花びらが上下2枚の小さ~い花。ミズタマソウ。
16082_3


派手めの花が目立っていた。サワギキョウ。
16081_12


小さなムシを追いかける気が起きず、珍しくお花ばかり撮ってしまった夏休みでした。。。

2016年8月 9日 (火)

クモノスクモノスクモノス

ほんとは昨年撮ったスネケブカヒロコバネカミキリを近くで撮るべく出かけたのだけど

その本命には会えず。。。

でもお仲間が、なんでもない枝にカミキリがくっついているのを見つけてくれたので

こんなところにカミキリがいるのか~と、周辺の枝をじろじろしていたら

赤っぽい翅に白い線の入ったカミキリが。

これは!あれだ!!!!と肉眼でも分かった。


16082

クモノスクモノスクモノス!と思わず連呼。興奮しすぎだよ。。。

クモノスモンサビカミキリという名前のカミキリ。

見たくて見たくて、今までミズキがあると落ち枝を見たり

部分枯れをチェックしたりしていたんだけど、なかなか見られず。

この日は「ミズキが多いね~、花の時期いいかもね~」なんて言ってただけで枝チェックはしてなかった。

名前の付け方も上手なんだと思う。

下のほうの白い模様をクモの巣に見立てて「クモノスモン」になってるわけだけど

これがモンシロサビカミキリとかシロスジサビカミキリとかいう名前だったらちょっと魅力が半減。

16083

実際のクモの巣かかってるけど、ちゃんと生きてます。


せっかくなので、ストロボで撮ったのとかもしつこく載せます。
16081


クワの木に、キムネツツカッコウムシもいた。
16081_2


クマタカ。わりと低く飛んでたけど、105mmでは。。。
16081_3

2016年8月 7日 (日)

地味だけど豪華 2

続きです。

黄色いホトトギスが咲いていた。タマガワホトトギスかな?
16071


クモゾウムシの一種。なんでしょう。。。
16071_2


16072


すぐそばで、チチチチ、とかピョピョピョみたいな、鳥の声がさかんにしていたので

足を止めて見ていたら、2,3羽動いてるのが見えた。

105mmしかないけど、いちおう撮ってみる。

あ!ヤブサメ。
16071_3


ヤブサメといえば、シシシシシという、鳥とは思えない虫の鳴き声みたいのが有名で

声はよくするのに姿は見えない鳥として知られているんです。

なので、ちらちら動く姿を見たことしかなくて、なにげに写真撮ったの初めて。

しかも、こういう鳴き声も出すんだーという、けっこう賑やかな声で鳴いてた。

あ!嘴が黄色い幼鳥。か、かわいい。。。
160733


なんかお腹いっぱいになった。。。まだ時間早いけどもう帰ろう。という気分に。

帰りがてら古い枯れ枝があったので、いちおうじろじろしていたら

ノコギリクモゾウムシがてけてけ歩いていて

16071_4


何か障害物にぶつかって止まった。

障害物、よく見るとヒゲがある。

チャボヒゲナガカミキリ。4個体いた。写真に写ってるのは2個体。
16071_5


ジュウジクロカミキリもいた。
16072_2

この個体はなぜか、ジュウジクロカミキリだ!ってすぐわかった。

最初のが分かっていないので、ここの時点でやったー初めてのやつだーと大喜び。

ほんとは2回めなのに。。。


羽根が落ちていた。ヤマドリのオスの尾羽みたいです。
Photo


2016年8月 5日 (金)

地味だけど豪華 1

奥多摩方面のいつも行く森。

ここでは毎回新鮮な出会いがあるので、定点観察せねばという勝手な使命感から

2週間続けて行ってみた。

最初のときは、tokiさんも同じ方面に行くということでご一緒。

残念ながら、一日中ずーっと小雨が降ってた。。。

アワフキが水玉だらけになってかわいいんだけど、写りこんでるのが看板ていうのが…。
16071

広角レンズみたいになって、どこからどうやって撮っても看板が入ってしまう!


霧雨がやまず、生きものが少ない中でも、わくわくする初めての出会いがいろいろ。

イタヤハムシ。サンゴジュハムシとかあのあたりに似てるね。
16071_2


小さなまーるいゾウムシ。チビヒョウタンゾウムシかな?
16071_3


わわ~、折り畳み傘カッコウムシこと、ホソカッコウムシ。これ見たかったんだ。
16071_4


じっとすることなく、傘を広げて飛んでいってしまった。。。
16073

------------------------------------------------------------------------------

そして翌週。同じ場所にて。

歩道脇のアザミの葉上にカミキリがちょこんと。ジュウジクロカミキリ。初めて見た。
16071_5

じつは家に帰って調べるまで、フタオビアラゲカミキリと思っていた。

フタオビアラゲとかフタモンアラゲとか、何回調べても覚えられないsweat02


初めて見るキクイゾウムシがいた。これ、なんだろう。。。
16071_6


ミゾハナキクイゾウムシというのが一番近そうだけど、自信なし。

16073_2


むむ、ハエトリグモ。これも見たことないやつ。
160722_2


クモマハエトリに似ているけど。頭胸部が違う。

16071_7


「ハエトリひろば」のハエトリ先生に質問してみたところ

クモマハエトリに近縁の未知種で、オス成虫だそうで。

東京都で初記録かもしれません。

そんなのと分かってたら、もっとたくさん写真を撮ったのにー。


と、地味めなんだけど初めて見る、個人的にはぜいたくな面々に会って

もったいないので次回に続きます~。

2016年7月31日 (日)

マダラ多め

お仲間たちと山梨へ。

朝、ムシが少ない。その辺に転がってる粗朶を見るけど、なんにもついてない。

セミがいた。よく見ると金色とか入ってきれい。
16071


コエゾゼミと思う。

あ!背中に蝶ネクタイした猫がいる!

蝶ネクタイした猫の部分を拡大↓
160712_4


フタコブルリハナカミキリ。なにげに遠めの写真しか撮ったことなかった。
16071_2


9時半くらいから急にいろいろ見つかり始める。

ゴマダラオトシブミ。撮りづらい場所にいたんだけど、かえって好きな雰囲気の写真になった!
16072


ブービエヒメハナカミキリ。わーい、初だ~。ぶーびえぶーびえ~~。
16071_3


ツチグリというキノコ。ミカン、皮むいたまま忘れて1年経っちゃった!っていうわけじゃないです。
16071_4


サルナシのつるをじろじろしていたら、小さなアリがくっついてた。

よく見るとアリモドキっぽいけど、アリかも。小さすぎてよく見えないので放置。。。

他もじろじろしたけどなんも見つからないので、アリモドキ、小さいけど撮るかーと

重い腰を上げて撮影してみると、アリでもアリモドキでもなく。カッコウカミキリ。
16071_5

去年も撮ってるけど、これ好きなカミキリなので何度見つけてもうれC~。


ゴマフキマダラカミキリも見つかった。
160712_2


160722_2


別の立ち枯れにもいて、そっちがポトリとしてうまく撮れなかったあとだったので

この日一番の盛り上がりに。

何が見られるかよりも、どういう状況で見られるかで、わくわく感てまた変わるな~とつくづく。


なんか模様の入ったコメツキ。キマダラコメツキかな。この日は3個体くらい見た。
16071_6


ヤナギにはミドリトビハムシがいた。
16071_7


登っていったところにちょうど陽が当たって、きらきらしてた。

160722


2016年7月27日 (水)

低山にて

7月中旬。連休。またいつもの低山へ。。。

前日の雨で樹がびしょびしょで午後になっても乾かない。

マスダクロホシタマムシ、久しぶりに見た。
160722


ウリハムシのようでウリハムシでない。これ最近よく会う。クビアカトビハムシかな。
16071_4


ノコギリカミキリ。この手の黒光り系、ちょっと苦手。。。
16071_7


ニセノコギリカミキリって撮ったことないから、念力でニセにしようと思いながら画像をチェックしたけど

ノコギリカミキリであるという分かりやすい特徴の、後肢脛節の溝がおもきし写っていた。。。

これですよね、溝。
16072_4


伐採木にいたのは、チャマダラヒゲナガゾウムシ。
16071_6


メレンゲに焦げめをつけました~っていうお菓子みたいなキノコ。フクロツルタケかな。
Photo

猛毒らしい。。。


道の脇の落ち枝をじろじろしていたら、ヒゲナガカミキリがいた。

でも枝の裏側にいて撮れない。

ポトリ防止策で、折りたたみ傘を広げて、枝を裏返す… と、やっぱり落ちた!そして飛ぼうと!

勇気を振り絞って、むんずとつかまえ、そして枝に乗せる。

「ごめんごめん、ちょっとちょっと」とお願いしてみると、飛ばずに、しかもポーズまでとってくれた。

16071_10


じめっと薄暗いところに、紫のお花、イワタバコが咲いてた。
16071_8


葉っぱの上でじっとしてるオレンジ色のムシ。
16071_9


力こぶで有名なルイスアシナガオトシブミ。久しぶりでした。

16072_5


2016年7月19日 (火)

ヒゲ長め

10日ほど前、平日に時間が空いたので、いつも行く低山へ。

公私ともにっていうんでしょうか、参ってしまうことばかりだったので、とにかく気分転換したく。。。

セマダラコガネとアジサイ。
16071


伐採木に、初めて見るゾウムシ。シリジロメナガヒゲナガゾウムシ。
16071_9


アメイロハエトリもいた!未だ2回めの出会い。
16071_3


ウスモンオトシブミが、ぶらーー。
16071_4


別の伐採木にて、ノコギリクモゾウムシ。眼がくっつきすぎ。
16071_5


ちょっと遠めの場所に何かいるので撮ってみると、ヒゲナガゴマフカミキリ。意外と脚が長い!
16071_6

崖っぷちみたいなとこで写真撮ってたら、たぶん中国の方が「キヲツケテネ!」と気づかってくれた。。。


階段にいた交尾態。アトジロカレキゾウムシでしょうか。
16071_7

これを撮影中にも、外国人の方に「ナニカドウブツガイマスネ?」とか聞かれたけど

いやー4mmくらいのカレキゾウムシ紹介できないわー期待に添えてる気がしないわーと思って

いえいえなにも~ととにかく笑顔でごまかした。


ルッキング先生のブログで、アブラチャンの立ち枯れにてのヒゲナガヒメルリカミキリが載っていたので

立ち枯れを重点的にチェック。

いた。。。ヒゲナガヒメルリカミキリ。見たかったので、めちゃ嬉しかった。
160712

鞘翅のくすんだ水色が和風な色だなあと思う。

すっごい暗くて、同じような写真になってしまうので

つんつんとしてちょっと明るめのほうに誘導したら

ひとしきり迷惑がったあと飛んでいったんだけど、写真を見たら産卵してたぽい。

うーん、産卵中につんつんして悪いことしたなあ~、と反省。


2016年7月12日 (火)

草原性のムシ

2週間ほど前の話になります。。。

オオルリハムシ+カミキリ2種、をいっぺんに撮ろうという魂胆で、箱根方面へ。半日の予定。

というかこれは去年も目論んで、去年はオオルリハムシのみ撮れたので

今年はカミキリ2種を優先して探してみる。

この日は全体的にムシが少ない。。。

かわいいハムシがいるーと思って撮った。ジュウシホシツツハムシかな。
16061


セオリーでいったら、写真の条件としてよくないわけだけど

ぺかっと晴れた日差しの下の生きものの姿って好きだなー。

そういう日の当たる場所にいるのか、それとも日陰にいるのか。

そのあたりも含めて写しとりたい。  できれば、だけど。。。

160622


で、撤収予定の昼になっても目的のものは見つからず。

3種どころか1種もだめじゃん… と思ってたら

いた!ヒマワリの種ちゃん!

16064


アサカミキリ。2頭見つかった。

16063


16065


最後の最後に見つかるのって、嬉しいね!

-------------------------------------------------------------------------------

さらにさかのぼって、一か月以上前。。。河川敷にてムシ探し。

マルモンサビカミキリ、見たいと思ってやっと見られたその翌週に、全然違う場所で偶然見つかった。
160612_2

一度見られると続けて見る現象、誰しもが経験してますよね。

なんだろう、ほんとにこれって。


ヘリグロリンゴカミキリはヨモギにたくさんいるんだけど、いつもいつも葉裏で

たまに表にとまったと思ったら、たいがいすぐ飛ぶ。
16061_5


アオバネサルハムシ。サルハムシのこの、がにまたがたまらない。。。
16063


ナガカツオゾウムシ。なにげに初だった!
16061_4


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー