サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カミキリ

2017年9月21日 (木)

アカアシオオアオカミキリ など

今回は居た

少し前に、アカアシオオアオカミキリがいなかった残念、という記事を書いたのですが

そのときにご一緒したお仲間mさんから、「今日いました!」との連絡を受け

ちょっとだけ見に行きたい… という気持ちを抑えきれず… 昼休みに行ってしまった。。。

まだいた~~。クヌギの樹液のとこでまったりしてた~~。6年ぶりの再会。。。
170912


いればすぐ分かるだろうと思っていたけど、案外と樹に溶け込んでしまっているし

樹液にスズメバチが集まってるので樹のそばに近寄りづらいし

これは前もって聞いていなかったら見つけられなかったですよ!

ということでありがとうございました!

============================================================================

渋い

虫もがっくりと数を減らしているけど、先日、狭山丘陵の湿地あたりをふらふらと。

小さなハムシ。これ初めて撮るやつだ~。渋いけどなんか嬉しい~。
17091

たぶんルリスネナガトビハムシ。


初めて見るヨコバイもいた!クロミャクイチモンジヨコバイ。
17091_2


「クロミャク」は、翅脈が黒っぽいことからで、「イチモンジ」は顔にある黒い線のことかな?と思う。

顔を真一文字に黒いラインが横切っている…。前見づらくないのかな?

ちなみにシロミャクイチモンジヨコバイもいるらしいよ。

==============================================================================

秋に見やすいムシ

ヒメケブカチョッキリ。春夏もいるけど、秋にも見られる貴重な存在。
17093


バラ科の植物でよく見られます。

これはキンミズヒキで、やっぱりバラ科。
17092


ウラナミシジミ、羽化不全なんだけど、いいかんじのところにいた。
17091_4


ヨツボシハムシは前回も9月に撮っていたから秋が見やすいのかな。
17092_2


トウキョウヒメハンミョウは春が多い気がするけど… 春は多すぎて撮らない…
17091_3


ふ節(脚の先のほう)が緑色だということに気づきました。
17092_3


2017年9月13日 (水)

ヨツボシシロオビゴマフカミキリ など

日曜は、山へ。。。

メインは2年ぶりの赤いトラカミキリ。

お仲間たちと合流地点まで、一人であれこれ探しながら歩こうと。

今の時期ここで、どんなものがいるのかいないのか。

==================================================================================

だめもとその1。モミの黄色と黒の。

探すとか待つとかでもなく、いるかな~とじろじろ。…で、いなかった…。

だめもとその2。イヌブナにて…。

時期的に遅いんだよね。。。

イヌブナの上のほうから、ヒゲの長いのが降りてくる!よく見ると2頭!
17091


順調に降りてくると思ったのに、途中のツタのところでまったりしてしまった…。

肉眼ではまったく分からないよ~。この状態で見つけてたら、ぜっったい気づかない (>_<)
170942


で、フラッシュをたくと…

をを~、ヨコヤマヒゲナガカミキリ。地上3mくらいのところで止まってしまったけど、去年よりは近い。
17092

=============================================================================

だめもとその3。モミにて、メディオ。

今まで何度か探してるけど見つからないし、今日も見つかる気がしないけど…

いちおう落ち枝とかもじろじろ…

なんかくっついてる?いちおうフラッシュたいて…
17091_2


め、メディオだー。わーいわーい!本名はヨツボシシロオビゴマフカミキリといいます。

170943


これって地味だけど、前胸の黒丸4つとか、全体ピンク色なのとか

かわいいな~見たいな~と思っていたので嬉しかった。

17092_2


=============================================================================

もう帰ってもいいくらいの気分だけど、引き続き…。

だめもとその4。白い花に赤いトラカミキリ。

以前お会いした方が「白い花に来てるのを見て、すごくかわいかったのが忘れられない」

とおっしゃってたのが忘れられず、白い花を見ながら歩いたけど、だめ。。。


見たいと思っていたツルニンジン。人が撮影していたので、見つけることができた。
170912


だめもとその5。 以前見たところでアカジマトラカミキリ。

だめもとというほどでもないのだけど、去年見られなかったので、自信がない…。

ここでお友だちと合流。今年もいないかなあ~と不安がよぎる中

「痛ーーっ」という声が聞こえたので、ケガした?大丈夫?と駆け寄ったら

「居たーーっ」だった。。。そっか!居たんだ!二重の意味でよかった!

葉っぱの上にいた。アカジマトラカミキリ。
170901


ちなみにこのときで、時刻は14時すぎ。

よく見ると、前胸後縁に木くずのようなものが。もしかしたら出たてなのかも。

お腹も赤黒なんだね。
1709042


放尿?みたいな写真も写っていた。ピント合ってないけど。
170906


幹の上を歩いていった。
170908


貯まっていたツキを使ってしまった感が……

2017年9月 6日 (水)

オオヨツスジハナカミキリ など

近場にて

先日、近場の公園へ久しぶりに赴いた。

渡りの鳥を探そうと、初めのうちこそ上を見ながら歩いていたけど

鳥が少ないので、やっぱりだんだん目線は下に…。

カラスアゲハが花に来ていた。
17092


17093


オナガアゲハもいた。翅が欠けているけど。
17091


激渋な甲虫にもカメラを向ける季節になりました。ヒメハナノミの一種というところかな?
17091_2

==============================================================================

アオタマムシ

タイミングを逸してしまったのだけど…

1か月以上前、7月の終わりに、アオタマムシを見たいと思い山へ行ってみた。

ポイントのあたりに小学生10人くらいと先生が陣取っていたので

少し離れたモミの立ち枯れの前でじっと待つ。。。

オオヨツスジハナカミキリが複数個体来た。
17071

17072


よく見ると、黄色の部分が金色のふさふさとした毛でできているのだった。
170722


しばらく昼近くまで待つと、アオタマムシが飛んできて止まった~。

うろうろと動き回るので全然写真が撮れない。。。
170701


上に登っていきそうになったので、手で下に誘導したら、飛んでアオキの葉っぱに止まった。

170704


よく見ると翅がすごく痛んでいた。誰かが強くつかんだのか。それとも事故なのか…。

170709

170710

この日は結局昼過ぎに雨が降ってきてしまったので、これだけで帰宅。

また撮り直しに行って記事をupしようと思っていたら、撮り直さぬまま今に至ったのでした。。。

2017年8月28日 (月)

ブチミャクヨコバイ など

先日、久しぶりの森へ。

アカアシオオアオカミキリ、久しぶりに見たくなって探したのだけど、見られず。

あれは6年前のこと。当時はまだカミキリに興味がなくて…

たしかミドリカミキリとして載せて、「アカアシオオアオカミキリだよ」とメールで教えてもらって

修正したんだった。こんな記事でした。。。

カテゴリも、カミキリというのがなくて、「虫」になっている。。。

で、久しぶりの対面はならなかったけど

ずっと見たいと思ってたブチミャクヨコバイを見ることができた!
17083


ブチミャクヨコバイという不思議な名前は、「脈がブチのヨコバイ」という意味で

翅脈が白黒になっていることから付いているそうですが、私には電飾みたいに見えます。。。

ていうか、やぶにらみが気になるよ~~。
17081


正面顔も、にらんでるよ~~。
17082


眼が細長くてやぶにらみに見えるけど、よく見ると複眼は普通に丸くて

その中に横長の模様が入っているのですよね。

よく見ると、じつは複眼は普通に丸い。
170812_2

実際は偽瞳孔といって、黒目があるわけではないけど

細長~い眼が、こちらをにらんでいるように「見せている」ということに成功していると思う。

でもここまでする必要はなんなんだろう…

他のムシに対して、「あいつににらまれたらめちゃコワイ!」って思わせるため…?


草地にいたカエル、調べたらトノサマガエルだったじゃないかも。
17081_2

(8/29追記:ジダンさんのコメントを読んで、よく調べてみたら、私がいろいろと勘違いしまくっていて

埼玉ではトウキョウダルマガエルが在来分布なんですね。。。

背中の縦筋と斑紋からトノサマガエルだったと書いたのですが、言い切る自信がなくなりました。

訂正してお詫び申し上げます。ジダンさんありがとうございますm(_ _)m。)


お仲間に見つけていただいた、クロコノマチョウ。
17081_3


これも教えていただいた、コノシメトンボ。
17081_4


去年の場所に、今年もムネアカチビナカボソタマムシがいた。
17083_2

好きなタマムシなんだけど… 顔が、眼が、すごく撮りづらいのだった。。。

2017年8月19日 (土)

八幡平の甲虫

夏休みは、東北へ…。

八幡平では、最初に八幡沼の周りの高層湿原を歩いた。

ニッコウキスゲもまだ咲いていて、気持ちのよい散策路。

ただ、鳥は思ったよりも少なかった。というか全然いなかった。

ウメバチソウになんかいいハムシがいる!と思って夢中で撮ったけど、スゲハムシだったぽい。。。
17081


17082

ネクイハムシ系、いろいろ撮りたいんだけどなあ。

================================================================================

カミキリ

沼の周りは、とっても心地よいのだけど、ムシは全般少なかった。

で、駐車場に戻りがてら歩いた、数十mが一番ムシの密度が濃かった。。。

「カミキリがいるよ~」と呼ばれて行ってみると

地べたにいた、コブヤハズカミキリ。
17081_2


どう考えても踏まれてしまうので、葉っぱの上に移動さした。。。

17082_2


尾瀬で4年前にこのカミキリを見たときにも地べただった!なんでいつも地べた?(2013年8月)
13081


ウドの花に、トウホクヒメハナカミキリ。
17081_3

17082_3


ルリハナカミキリもいた!これ見たかったやつー。やったーー。
17084


17082_4


嬉しかったので、しつこく撮りました。

17083


これ!見てよー!アオジョウカイにしか見えなくない??花粉の付いたルリハナカミキリだなんて…
17085_2


ちなみにアオジョウカイはこちらです。。。
120712


御在所湿原周辺で、センノキカミキリ。久しぶりに見て、一瞬なにか分からなかった。。。
17085


続きます。。。

2017年8月 9日 (水)

ミヤマカラス

「ミヤマカラス」という言葉を聞いて、あなたは何を思い浮かべますか??


……いかがでしょう?浮かびましたか?

それでは診断を見てみましょう!

①「ミヤマガラスじゃなくて?」と思ったあなた

 あなたは鳥がとっても好きなようですね。
 その一途さを大切にしましょう。
 この夏のラッキーアイテムは「ブッポウソウ色のかき氷」です。

②ミヤマカラスアゲハを思い浮かべたあなた

 あなたはバランス感覚の優れた人のようです。
 周囲に気を配り、普通の人として世の中に溶け込んでいることでしょう。
 この夏は全力の盆踊りではじけてみてはいかが?

③ミヤマカラスシジミを思い浮かべたあなた

 あなたは渋さをこよなく愛する人でしょう。
 わびさびのある日本に生まれてよかったですね。
 紅色のTシャツに緋色のパンツ、朱色の靴を履いて出かけると、みんなからの注目度アップ!

④とくになにも浮かばなかったあなた。

 鳥にも虫にも興味がないのにこのサイトに来ていただきありがとうございます。
 今後はちょくちょく遊びにきてみてくださいね。
 この夏は、クマゼミと一緒に「すいすいすい…」と鳴いてみると、新しい自分に会えるかも?! 

==============================================================================

ということで、先日大菩薩にて撮影した写真を。。。

林道で撮影した、ミヤマカラスシジミ。
17081


アカハナカミキリとのツーショット。カメラ目線が2人ともかわいい。。。
17082


ミヤマカラスアゲハ。だと思う。
17081_2


17082_2


こちらはミヤマの付かないカラスアゲハかな。
17081_3


クロホシメナガヒゲナガゾウムシ。
17081_4


アカアシカスミカメ。これ好き~。
17081_5


ノリウツギに来ていたのは、ミヤマクロハナカミキリと思う。
17081_7


タカネトンボでしょうか。自然光で撮ったので翅が消えてしまいました。。。
17081_6


2017年8月 6日 (日)

ピドニア(少々)

生態写真のピドニア

前回の続きで、ピドニアです~。

間違いありましたら、ご指摘お願いいたします。

ハクサンシラネヒメハナカミキリでしょうか。
17071

170722


オヤマヒメハナカミキリ交尾~~。
17073


オヤマヒメハナカミキリ♀。
170712


ニセフタオビヒメハナカミキリかな。ピント合ってませーん。
17072_2


17071_3

===================================================================================

ピドニアのいる景色

以前、「虫のいる風景」という記事を上げて

今回は景色という言葉を使ってみたんけど…  しっくりくる言葉が浮かばない…

同定は置いておいて、花鳥風月としてのムシ、景色の一部としてのムシ、というかんじでしょうか。

ネタバレになってしまうのだけど、虫や鳥の入ってる日本画が大好きで

そういう雰囲気の写真を撮りたいという気持ち。


ということで、超個人的な嗜好のピドニア写真。

170723


17071_4


17074


2017年8月 2日 (水)

上高地

6年ぶりの上高地へ。。。

お天気はよくないけど、日中は曇りくらいでなんとかなりそうだったので、強行~。

この日のお目当ては、蝶とカミキリ。

何年も前から行きたかった場所があって、なかなか行けず、今年やっと実現した。


早朝は雨がやみそうもなかったので、8:30から登り始める。

もろもろ不安な中、雨に濡れた黄色い花を撮る。トモエソウ。
17071


もし雨が止まないなら、上に行かずに下で遊んでたほうがいいのかな~?とか

相談しながらぐだぐだ歩いていたら雨が上がってきたので、あとは真剣に登る。

8割くらい登ったところで、足が上がらなくなってきた…

途中、ひらひら~~と蝶が。まさかと思って急いでカメラを出すと、クモマベニヒカゲ。。。
17071_2


170733


6年前の木曽駒では、飛んでいるところを見ただけだったので

とりあえず近くで見られて嬉しい…。ほっとしたー。

17074


小屋到着後、引き続きお花畑を目指して歩く。

かわいいお花が咲いてた!ヨツバシオガマ。実物はもっとかわいいです。
17072


あーーー、ハクサンフウロにーーー
17071_5


トホシハナカミキリ。うれしい。。。
17072_2

17073


雨がまた降って来たし、時間もすでに昼なので、小屋まで引き返すことに。

テガタチドリ。たくさん咲いてた。
17071_4


ホシガラス。「あんたがさっき『やったーー』とか叫んでた人間だな。うるさいんだよ」
17071_6


小屋の周辺で、ムネグロリンゴカミキリもいた~。
17073_2


ドロハマキチョッキリ。なんかいつもよりきれいに見えたけど普通にドロハマキだった。
17074_2


それほどないですが、続きます。

2017年7月28日 (金)

ヤマトキモンハナカミキリ など

大菩薩にて。この日は全体的にムシが少なかった…

ノリウツギが少し咲いていて、そこにハナカミキリがたくさん。でも遠い。

ハコネホソハナカミキリ♂だと思う。遠いんだけど、お腹が写ってたので…
170712


こちらはハコネホソハナカミキリ♀だと思うけど…
170712_2

170722


お友だちの車になんかとまった!と撮影したら、ヤマトキモンハナカミキリ。
17071_3


ちなみに比較用ですが、ヤマトの付かないキモンハナカミキリは、こんなです。(2014年7月)
14071


ミドリカミキリがイタドリの花に来ているのは初めて見た。
17071_2


フタコブルリハナカミキリだけは何頭もいたこの日。
17071_4


ケブカトゲアシヒゲボソゾウムシかな?イケマのつぼみにいたのがかわいかった~。
170712_4

2017年7月24日 (月)

仁義なき戦い@お花

左:ニンフホソハナカミキリ。右:ヨコモンヒメハナカミキリ(かな?)。一つのお花で仲良く食事と思いきや
17071


ニンフホソハナのほうはヨコモンヒメハナが邪魔なよう。

肩(前胸)に手をかけて「そこのヨコモンさんよお、痛い目に合いたくなかったら、よその花に行きな!」
17072


と、ここで何が起きたのか… ヨコモンヒメハナが合気道をたしなんでいて、相手の力を利用したのか…
17073


次の瞬間、左のニンフが3mくらい(イメージ)飛ばされていた!
17074


怒りに肩をわなわなと震わせ、逆ぎれニンフが戻ってくる。。。「あいつ、ゆるさーーん!」
17075


怒髪天をつく勢いで、ヨコモンヒメハナを踏んづける。
17077


と、ここでまたヨコモン合気道!

ヨコモン:「勝負あり…」
17078


気づいたときには落下しているニンフ。ヨコモンは勝利の美酒(花粉)に酔いしれるのであった。。。
170792

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー