サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

ゾウムシ

2017年11月20日 (月)

小さな甲虫

順番が前後してしまいましたが。2週間ほど前のこと…。

「小さな甲虫が見たいよう。普通種でいいから小さい虫と遊びたいよう」

という心の声が。。。

日に日に大きくなる声を無視しきれなくなり

空き時間をみつけて、久しぶりの狭山丘陵へ。


最初に見つけたのは、たたずむアルファルファタコゾウムシ。
17111


ほげーーー。
17112


そこへ、毛虫が歩いてきた!むむむ、どうなる?危うし、タコゾウくん!
17113


…翅を舐めてるぽい。
17114


臭いを嗅いでるのか?なんか食べてる?口をもごもごしつつ、翅に乗ったままずっと降りようとしない。

うーん、気持ち悪いなあと思いながら、目が釘付けになっていたら

タコゾウが、いきなり膝をかくっとして姿勢を低くした。
17115


電車で隣の人が眠って寄りかかってきて重くて耐えられなくなったとき

しゅっと体を引くことで相手にハッとなって立て直してもらうことがありますよね、

あれによく似たやり方で、しゅっと低くなり、迷惑であることを伝えているようだった。

それで察した毛虫、去っていった。。。
17116


毎年この時期に見る場所で

コウヤボウキと
17111_2


キッコウハグマが咲いていたhappy01
17111_3


キバ付きのヒレルクチブトゾウムシがいた!
17111_4

キバが付いてるのは新成虫ということだろうから、成虫越冬するのかな?がんばれよー!


コミミズク幼虫がいた。
17111_5


そのすぐあとにミミズク成虫もいた!
17112_2

17113_2


この日大量に見た、カサハラハムシ。

カサハラハムシの仲間は同定が難しいのだけど、たぶんなにも付かないカサハラハムシと思う。
17111_6


こちらはクロオビカサハラハムシかな?カサハラの倍くらい。6mmくらいあるかと。
17111_7


ムクゲキスイの一種でしょうか。。。ザッツ甲虫。
17111_8


たたずむジュウジチビシギゾウムシ。ほげーー。
17111_9

他にも、クリシギゾウムシやドウガネサルハムシなど。

なにげにいろいろ甲虫が見られて、楽しい秋の日であった。

2017年11月 1日 (水)

家にて…

タオル

先日、洗濯したタオルをたたんでいたら、ゾウムシがついているのを発見。

ここしばらく自然遊びにいけていないので

家でゾウムシに会えるなんて!と、喜ぶと同時に一抹の不安が。

「家の中のどこかでわいてるとかじゃないよね…?」と。。。

ゾウムシって、乾物とかコーヒー豆につく場合があるし、家の中の食物でわいているとかだったら

さすがにそれはちょっとショック。

たとえ家の中でわいていても喜ぶのが、本物の甲虫好きなのだろうか。

…いや、本物になれなくたっていい。


というわけで、タオルにいたゾウムシ。
171101


アルファルファタコゾウムシかな。

タオルに埋もれて至福の表情。

「わいは離れたくないんや~」
171102


タオルと言えば、3年前にも干していたタオルにて、ツブノミハムシを見つけたことがあった。
14101


そしてアルファルファゾウムシといえば、家の中で見たのは初めてではなく

以前、ソファにて見つけたことがあった。
14113


またなにかやって来ないかな~。

==============================================================================

ヨコバイ

先日の記事にて、クロミャクイチモンジヨコバイというのを載せたことがあり

そのときに、シロミャクイチモンジヨコバイというのもいるんです、それも見たいです

というようなことを書いたのだけど

家の画像を整理していたら、今年4月に撮影していたことが判明したので、載せてみようと思います。

これがクロミャクのほう。白地に黒ですね。脈が。
17091


で、これがシロミャクイチモンジヨコバイ。茶色地に白い脈なんです~~。
17041

2017年10月10日 (火)

秋なので…

森にて。秋と言えば!のエゾビタキがミズキに来ているところを見ることができた。
17101


アマガエルがちょこんとしているのを、お仲間に教えてもらった。
17101_2


湖周辺で、何かいないかな~とぶらぶらしていたら、カモが10羽くらいの群れで飛んでいった。
17101_3

ヒドリガモかな?もう来てるんだね~。

===========================================================================

東京のはしっこのほうの谷戸田へ。。。

毎年数回行っている場所なのだけど今年はまだ行っていなくて

しかもフィールドノートを見てみたら、10月には行ったことがない。これは行ってみなくては~。

でも… 虫が少ない。。。

目を皿のように、更に皿のようにしてみても、いない。。。

アオイトトンボがいた。
17101_4


ヒメツヤゴモクムシかな?
17101_5


イノコヅチカメノコハムシかな?
17101_6

============================================================================

だるそうゾウムシ

昼近くなって、ゾウムシが目につくようになってきた。

けどみんなすっごいやる気なし!

この時期にドロハマキチョッキリ。……しかし。翅、しまう気なし!
17103


つんつんしたら、しぶしぶしまったけど、まだ出てる。
17101_7


飛んだ!ように見せかけて実は落下していた。。。
17102


口吻が短めだけど、クリシギゾウムシなのかな。
17101_8


脚がれろれろになっていて、もはやこれは死に体じゃないか。と、つんつんしたら、のそのそ動いた。

17102_2


タバゲササラゾウムシ。微動だにしない。けどこれはいつものことだった。。。
171012


ヒゲナガホソクチゾウムシかな?葉裏にて固まる。。。
17101_10


駅で、向かいのホームに、なぜかイソヒヨドリ♀がいた。ぐぜっていたよ~。
17101_11

2017年9月21日 (木)

アカアシオオアオカミキリ など

今回は居た

少し前に、アカアシオオアオカミキリがいなかった残念、という記事を書いたのですが

そのときにご一緒したお仲間mさんから、「今日いました!」との連絡を受け

ちょっとだけ見に行きたい… という気持ちを抑えきれず… 昼休みに行ってしまった。。。

まだいた~~。クヌギの樹液のとこでまったりしてた~~。6年ぶりの再会。。。
170912


いればすぐ分かるだろうと思っていたけど、案外と樹に溶け込んでしまっているし

樹液にスズメバチが集まってるので樹のそばに近寄りづらいし

これは前もって聞いていなかったら見つけられなかったですよ!

ということでありがとうございました!

============================================================================

渋い

虫もがっくりと数を減らしているけど、先日、狭山丘陵の湿地あたりをふらふらと。

小さなハムシ。これ初めて撮るやつだ~。渋いけどなんか嬉しい~。
17091

たぶんルリスネナガトビハムシ。


初めて見るヨコバイもいた!クロミャクイチモンジヨコバイ。
17091_2


「クロミャク」は、翅脈が黒っぽいことからで、「イチモンジ」は顔にある黒い線のことかな?と思う。

顔を真一文字に黒いラインが横切っている…。前見づらくないのかな?

ちなみにシロミャクイチモンジヨコバイもいるらしいよ。

==============================================================================

秋に見やすいムシ

ヒメケブカチョッキリ。春夏もいるけど、秋にも見られる貴重な存在。
17093


バラ科の植物でよく見られます。

これはキンミズヒキで、やっぱりバラ科。
17092


ウラナミシジミ、羽化不全なんだけど、いいかんじのところにいた。
17091_4


ヨツボシハムシは前回も9月に撮っていたから秋が見やすいのかな。
17092_2


トウキョウヒメハンミョウは春が多い気がするけど… 春は多すぎて撮らない…
17091_3


ふ節(脚の先のほう)が緑色だということに気づきました。
17092_3


2017年8月22日 (火)

虫や花や鉄道

このハムシ、けっこう時間をかけて調べたのだけど正体が分からなくて
17081_4

甲虫に詳しいお仲間にお聞きしたりして、ヤマナラシハムシが一番近いと思い検索したところ

これと同じハムシをヤマナラシハムシとして掲載しているサイトを発見。

体色変異に富んでいる、としていろいろな個体を載せていた。

でも図鑑には頭部が青藍色とあるので、本当にヤマナラシハムシなのか?という気はする。

そのサイトでも岩手県で撮影されているので、岩手ではヤマナラシハムシの色彩変異が見られるのか

それとも全国で見られるのか、はたまた近縁の別種なのか、詳しいことはよく分からないまま。


これも謎だなあと思っていたけど、トウホクヒメハナカミキリかもという気がしてきた。
17081_5


===================================================================================

湿原に咲いていた。イワイチョウかな。
17081


ヤマトリカブトかな。
17081_6


==================================================================================

その他のムシ

前回載せたコブヤハズカミキリの近くにて、ハナウドゾウムシもいた。
17081_2


御在所湿原の沼、エメラルドグリーンで神秘的!
17081_3


ルリイトトンボがたくさんいた。
17081_4

他のイトトンボもいろいろ撮る予定だったのだけど、そう簡単にはいきませんな。

=================================================================================

また鉄道

東北といえば、鉄道。。。

ということで、また撮ってしまいました。秋田内陸縦貫鉄道。

17081_5


次回こそ、乗り鉄したいな!

2017年8月 9日 (水)

ミヤマカラス

「ミヤマカラス」という言葉を聞いて、あなたは何を思い浮かべますか??


……いかがでしょう?浮かびましたか?

それでは診断を見てみましょう!

①「ミヤマガラスじゃなくて?」と思ったあなた

 あなたは鳥がとっても好きなようですね。
 その一途さを大切にしましょう。
 この夏のラッキーアイテムは「ブッポウソウ色のかき氷」です。

②ミヤマカラスアゲハを思い浮かべたあなた

 あなたはバランス感覚の優れた人のようです。
 周囲に気を配り、普通の人として世の中に溶け込んでいることでしょう。
 この夏は全力の盆踊りではじけてみてはいかが?

③ミヤマカラスシジミを思い浮かべたあなた

 あなたは渋さをこよなく愛する人でしょう。
 わびさびのある日本に生まれてよかったですね。
 紅色のTシャツに緋色のパンツ、朱色の靴を履いて出かけると、みんなからの注目度アップ!

④とくになにも浮かばなかったあなた。

 鳥にも虫にも興味がないのにこのサイトに来ていただきありがとうございます。
 今後はちょくちょく遊びにきてみてくださいね。
 この夏は、クマゼミと一緒に「すいすいすい…」と鳴いてみると、新しい自分に会えるかも?! 

==============================================================================

ということで、先日大菩薩にて撮影した写真を。。。

林道で撮影した、ミヤマカラスシジミ。
17081


アカハナカミキリとのツーショット。カメラ目線が2人ともかわいい。。。
17082


ミヤマカラスアゲハ。だと思う。
17081_2


17082_2


こちらはミヤマの付かないカラスアゲハかな。
17081_3


クロホシメナガヒゲナガゾウムシ。
17081_4


アカアシカスミカメ。これ好き~。
17081_5


ノリウツギに来ていたのは、ミヤマクロハナカミキリと思う。
17081_7


タカネトンボでしょうか。自然光で撮ったので翅が消えてしまいました。。。
17081_6


2017年7月28日 (金)

ヤマトキモンハナカミキリ など

大菩薩にて。この日は全体的にムシが少なかった…

ノリウツギが少し咲いていて、そこにハナカミキリがたくさん。でも遠い。

ハコネホソハナカミキリ♂だと思う。遠いんだけど、お腹が写ってたので…
170712


こちらはハコネホソハナカミキリ♀だと思うけど…
170712_2

170722


お友だちの車になんかとまった!と撮影したら、ヤマトキモンハナカミキリ。
17071_3


ちなみに比較用ですが、ヤマトの付かないキモンハナカミキリは、こんなです。(2014年7月)
14071


ミドリカミキリがイタドリの花に来ているのは初めて見た。
17071_2


フタコブルリハナカミキリだけは何頭もいたこの日。
17071_4


ケブカトゲアシヒゲボソゾウムシかな?イケマのつぼみにいたのがかわいかった~。
170712_4

2017年7月19日 (水)

ぬばたまの

また山へ…

お仲間が前回、下のほうでいいムシを撮影されていたので、私もじっくり探そう~と。

今年もいた、ユリコヒメ。ユリコヒメクチカクシゾウムシです。
17071


ミスジチョウ、初めて撮影した~。なのにこんな写真~。
17071_2


先週のドウボソカミキリがいた枝、たしかこのあたりだったかなー と思って見たら

同じ枝のまっったく同じ場所に、ニセビロウドカミキリが。目を疑った…
170713


ちなみにこれが先週のドウボソ。なんか居心地いい場所なのかな~~。
17073


シラホシヒメゾウムシも毎年撮影させてもらいます。
17071_3


思ったよりムシが少ないので、ダメ元で先週のタンナサワフタギをチェックしてみようと

上のほうまで行ってみる。

二週連続なので、足が軽い!すいすい登れるよ~。

…先週のタンナサワフタギ、どれだったか分からなくなってしまった。

こんなに歩いてないわーと気づいて、戻ろうとしたら別の木があったので念のためチェック。

今回は黄色いバージョンのがいた。
170711


現地では、メスだ~と思っていたけど、大きなオスかな。

170709


メスはもっと腹部が太くて、はっきりと縞々もようですよね。

トガリバホソコバネカミキリは黒いのと黄色いのがいて

しかも大きいのと小さいのがいるようで

今回のは黄・大タイプ、前回のは黒・小タイプ、だと思われます。

170708


メスも見たいけど来年かな。

戻りながら、前回の木を思い出した。けどそっちには何もいなくて

自分の記憶力が優れていたら、きっとここで粘ってしまい、先まで行かなかっただろうと思うと

自分のだめさ加減もたまには役に立つんだなあと複雑な気持ち。


帰り道はまた別ルート。

切株に、かわいいハナノミがいた。ネジロモンハナノミかな?
17071_4


タンナサワフタギで、今度は黄・小のオスを見つけた。走り回っててブレブレ。
170712


葉上にカミキリ。この猫背は…
17071_5


ヌバタマハナカミキリ。わーーい。
170733

ヌバタマハナカミキリって名前がかっこよくて好き。

ぬばたまって、ヒオウギっていう植物の実のことなんだそうで。

枕詞の由来になってるのかな。


2017年7月 7日 (金)

ゾウムシいろいろ

お仲間たちと富士山方面へ行き、目的の一つが花に来るムシを探すことだったのだけど

花はいいかんじで咲いているのに虫はあまり来なくて

うーん、思ったよりいないねえ… というかんじ。

でも、土場では個人的にすごく嬉しいものをたくさん撮影していて

やはりみんなでじっくり歩くといろいろ見つかるんだなあとつくづく。

====================================================================================

ゾウムシ

今回けっこうゾウムシをたくさん撮った。

嬉しかったのが、これ。ホソヒメカタゾウムシ。
17072

大きさは4mm弱。この形、この顔、好きかも。。。


17071


これも嬉しかったやつ、ノヒラカレキゾウムシ。
17072_2

17071_2

真上からも撮りたかったなあ。


チュウジョウアナアキゾウムシ。小さくてかわいかった!
17072_3

17071_3

保育社では「チョウジョウ」になっているけど、チュウジョウが正解なのかな。


カンノウカレキゾウムシかな?
17072_4


これはムラカミカレキゾウムシかな?…自信なし。
17071_4


ナカグロカレキゾウムシ…?
17071_5


モンイネゾウモドキ。たぶん…
17071_6


オトシブミ。久しぶりに見たよ。
17071_9


トドマツアナアキゾウムシも。。。
17072

=======================================================================

争う

この日はルリオトシブミがたくさんいた。
17071_7


メスが仕事している脇でオスがケンカし始めて
17073


そして最後には友情が芽生えた… 
17074


ドロハマキチョッキリもたくさんいた。
17072_5


交尾態に割り込もうと、それはもう必死なのがいて、その執心ぶりにちょっと引いた。。。
17071_8


2017年6月29日 (木)

カミキリ・ゾウムシ

先日、また山梨へ。。。

==================================================================================

カミキリ

オニグルミノキモンカミキリが葉裏に。久しぶりに見たら小さくてかわいかった!
17061


この日現地にて合流したお友だちに教えていただいた材置場にて、いろいろムシが見られた。

クリストフコトラカミキリ。この時期まだ見られるんだね。
17061_2


ムネマダラトラカミキリもいた~。
170613


こんなのがいると思わなかったので、見つけたとき5秒くらい固まってしまった。

上翅の木目調がすごいです。
170622

何か分からない縦に筋の入った材にいたけど一緒に置いてあったリョウブから発生したのかも。

ひと回り小さい個体もいた。そっちはオスかな。

昨年、石垣のムネマダラトラカミキリを載せる際に、ヤエヤマムネマダラ…と記載したのだけど

今はムネマダラトラカミキリの先島諸島亜種になってるんですよね。

この機会に訂正しました~。

ということで、これは去年撮影した先島諸島亜種。こちらのほうが大きいらしいけど、そうだったかな…
16044

脚のオレンジが濃いような気がする。個体差かな?


ハンノアオカミキリ。あれ?触角と脚の青がこんなにきれいだったんだ。
17061_3


いつも行く材置場では。。。

セミスジニセリンゴカミキリがいた。
17061_4


初めて撮ったし、これ系うれしいな~。

17062


別個体もいた~。
17064


==========================================

ゾウムシ

サビクチブトゾウムシかな?!オニグルミにいたらしい。
17061_5


ウスモンツツヒゲナガゾウムシ。これも見つけていただきました。。。
17062_2


便乗掲載。少し前に狭山丘陵に行ったときの。ババスゲヒメゾウムシかな?
17061_6


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー