サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2017年6月19日 (月)

チャイロチョッキリ など

この日はどこへ行こうか迷ったけど、コツコツ開拓している狭山丘陵地へ行こう、と

特に目当てもないまま行ってみた。

いつも行く場所の奥にふらふらと足を踏み入れてみると、行ったことのない広場が。

こんなところに広場があったんだーへえーなんて思って、ぷらぷらしてみると

一本のクヌギに大量にクロホシクチブトゾウムシ。
17062

このゾウムシ好きだし今まで一度しか会っていないけど、大量にいすぎて引いた…

じろじろしていると、あーー!チャイロチョッキリ!めちゃ見たかったやつ。

そおっと葉っぱをつかむとすぐにポロっと落ちてしまった。。。

悔やんでも悔やみきれず、必死に他のを探すとそこそこ個体数がいる。

どれも高いところ。
170633

チャイロチョッキリって、すごい撮りづらくないですか?

手が届かないくらい上のと眼が合っただけで落っこちちゃう。

でも、葉を後食している行動は観察できた。

産卵形態が謎に包まれていると図鑑に書いてあったので、産卵を見てみたいな~。


アオスジアオリンガがいた。なんかさわやか~~。
17061


エノキの立ち枯れに、アシナガオニゾウムシ。ちょい不気味~。
17061_2


帰り道、イチヤクソウが咲いてた~。
17061_3


チャイロチョッキリが撮りたくて、後日また行ってみた。

相変わらず、クロホシクチブトゾウムシが大量に。

大の字、ではなく、水の字?みたいな体勢が好きだよね。
17063


そしてチャイロチョッキリ、まあまあ低いところにも見つかった。
17065


一つ、鷹揚な個体もいた。葉っぱをつかんでも落ちない。奇跡。。。
17066


自然光でも撮ってみた。
17067

最後には落っこちて飛んでいってしまったが。長いこと付き合ってくれてありがとう!鷹揚な個体!

2017年4月25日 (火)

馴染みのムシたち

週末なにかと用事など重なって、ゆっくり遊べていないのですが…

狭山丘陵にて2時間だけムシ探しに…


キンランがぽつねんと咲いていた。採られずに咲いていてほしい。
17041


この間、場所によって普通種が違うというようなことを書いたけど

トビサルハムシも狭山丘陵ではたくさん見られて、他ではそんなには見ない気がする。

トビサルハムシの口の下にはなんかへんなのが4つぶら下がっているんだね。
17041_2


ヒメクロオトシブミもたくさんいた。
17043


あえてちっこい写真のみにしてみた…

17042


ヒシモンナガタマムシも毎年見られます。
17041_3


ナガタマムシの一種…。
17042_2

17043_2


ミカドアリバチ。お腹の毛がもふもふだーー。
17042_3

17041_4


ヨツボシチビヒラタカミキリはこういう緑の上であまり見かけない。
17041_7


小さなお花が咲いてた。クチナシグサ。自分では全然分からなくてtokiさんに聞いちゃった!
17041_5

2017年4月 3日 (月)

あれこれムシ

週末になると寒くてそして雨が多い気がする…。

ちょっと前とか最近とかの、虫や花の写真を載せます~。

丘陵のムシ

「おびやかされるゾウムシ」ことオビアカサルゾウムシ。今年もいたよ!
17031


コゲチャホソクチゾウムシも、この時期のおなじみさん。
17031_2


ムネスジノミゾウムシは、今年何回も会う。
17041


ヒサカキの裏にいたオビヒメヨコバイの仲間。まーくさんのとこに載ってたやつだー。
17041_2


ミヤマセセリ。♀が撮れるとなんかうれしい。
17041_3


ヒメオドリコソウで蜜を!
17042

=============================================================================

緑地の

木柵にて、同定難度A判定の渋虫を見つけた。
17031_4

レロフコキノコムシではないかと。。。

触角の玉が4つか5つか、とかがポイントなんだって。

コキノコムシっていうジャンル、初めて知ったよ。

こきりこ節っていう歌があったよね。響きが相当似てるよね。


見たことないスミレが咲いてた!ヒゴスミレと思う。
17031_6


ウグイスカグラ。この花を見るとなぜかアイスクリームが食べたくなる。
17031_7


2017年3月12日 (日)

鳥鉄

まだまだ寒いですが、少しずつ春らしくなってきましたね。

春前夜、といったかんじの今の時期って、わくわくするなー。


身近な春

わくわくする、とかいいつつ最近あまり鳥・虫写真を撮りに出かけていなくて

近場にて見つけた春らしい?かも?な写真を載せてみます。

田んぼでキジの♂が、仲良く2羽で並んでいた。
17031


先日お仲間のブログでも載っていたけど、オス2羽だと縄張り争いになりそうなものなのに

一緒にいるということは兄弟とかなのかな?

飛んだ~~。
17032


公園では、アマナが咲いていた。
17031_3


中をよく見ると、おしべが、黄色・ピンクの順で交互になってる!偶然か?
17033


たくさん咲いてるところもあった。
17032_2


八重の梅かな?メジロが一瞬来て、飛んでいってしまった。。。
17032_3


近場の公園では、カルガモの不思議な写真が撮れた。
17031_4


オシドリ夫婦、なかなか見られなかったのだけど、午後行ったら見れた。
17034


オシドリのペアってじっくり見てると、すごく仲いいんだね~。
17032_4


オシドリ夫婦ってこの仲のよさから来てるのかな。

一人でひっそり遠くから写真を撮ってると、なんていったらいいか…文春の人みたいな気分になった…笑

17035

うしろのゴイサギ~~、ちょっとーさっきからわちゃわちゃし過ぎ!


コブシの花をヒヨドリが食べていた。
17031_5

======================================

鉄道

少し前ですが、ローカル線に乗りたいと急に思い立ち、八高線の電化されてない区間に乗ってみた。

高麗川~高崎間が電化されていないらしいです。

よいスポットを見つけて写真を撮ろうと思ったけど、微妙~な場所しか見つからなかった…
17031_6


明覚という駅に電車が入ってくるところ。
17032_5


2017年3月 1日 (水)

小さい…

先日、ヤナギの樹にて、ヨコバイを見つけた。

車に戻らないとマクロレンズがないので、300mmで撮影したら微妙なもやもや写真しか撮れなかった。

17021

調べたら、ズキンヨコバイ。初めて撮るヨコバイであった。。。

今度また撮り直しに行こう~。


ズキンヨコバイ。

ズキン=頭巾なのだろか。頭巾て、なんだっけ??急に気になりはじめてしまった。

防空頭巾。赤ずきんちゃん。 そのくらいしか浮かばない、頭巾。

頭巾ずし、あ、あれはちゃきんだ。

茶巾てなんだろ… まあそれはとりあえず置いておいて…

ネットで調べると、頭巾といえば防災頭巾といったかんじ。

私がまっさきに思い浮かべた防空頭巾は、もはや戦後ではない、の時代以降絶滅している。(たぶん)

そして、ただの「ザ・頭巾」は、「水戸黄門のかぶってるあれ」としてしか存在しないようだ。

その頭巾をかぶっているように見えるということだろうか… ズキンヨコバイ…。


で、今までに撮影したズキンヨコバイの仲間、といっても3種類しかないけど

この機会におさらいしてみることにした。

シロズキンヨコバイ。これはただのズキンヨコバイよりもよく見られるみたい。
141212


ホシアオズキンヨコバイ。くろぽちが目印のようだ。
150112


ヤノズキンヨコバイ。この年にこの場所でしか見ていない…
150132


ズキンではないけれど…

先日、マダラヒメヨコバイを久々見つけたので、これも載せておきます。。。
17011_4


=====================================

2か月ほど前、植物に詳しいお知り合いのブログに「ナギイカダ」というかわいい花が載っていて

近場でどこの公園にあるかを調べたら、自転車で10分ほどのところにあるらしいので

行ってみたら、一つも咲いていなかった。。。

2か月ほど経って、咲き始めたのではないかと思い、また行ってみた。

また咲いていない…… と思ったけど、必死でじろじろしたら一つだけ咲いていた。

17031


さらに探したけど、結局もう一つ見つかっただけだった。
17032


すごい小さいんだよー。地味なんだよー。でもこのお花、なんかかわいくて好みです。

2016年9月12日 (月)

タマムシ など

知り合いのブログで見て、「これ見たいな!」って思って心に残るものってありますよね。

かと思えば、「これ見たいです~」とかコメントに書いておきながら

すっかり忘れしまって「こんなのいるんですね、知りませんでした!」と

新鮮な気持ちで書き込んでしまったり。。。

で、覚えてるほうのやつで、ムネアカチビナカボソタマムシっていうアカメガシワに付くタマムシがいて

アカメガシワがあるとなんとな~く気にしていたんだけど

先日偶然見つけることができた。

ムネアカチビナカボソタマムシ。胸が赤くチビっこい中細な玉虫 ということです~。
16093


大きさは、4mm程度。。。

暖地性らしく、千葉神奈川あたりだとけっこういるみたい。

16096

16098

----------------------------------------------------------------------------

別の日、山にて。ヨコヤマヒゲナガカミキリ見れた~。
160918


ちょっと遠かったけど、なんとか写真が撮れた。

いやーうれしいなあ!よかったよかった!

……って不自然に喜びすぎですかね。

ブナの高いとこ、3mくらいのとこにいて、カメラを向けた直後すたたたーーと登って行ってしまった。

撮れて嬉しい!でもしょぼ写真しか撮れなくて悲しい!の複雑な気持ちに。

なので、撮れて嬉しいのほうを前面に押し出してみた…

ちゃんとした写真は、また来年かなあ。。。


オオヒナノウスツボ。ぎりぎり終わりかけのを見ることができた。
16091
「まーたらーいねーーん」

2016年9月 2日 (金)

アズマー など

あずまや、ってなんか好きなんです。

日本庭園にある風情のある建物のほうのあずまやが好きというわけではなく

道端とかでよく見かける、コンクリート製だったりする

ただ柱と屋根があるというだけのあずまや、「四阿」ってかんじのあれが好き。

車で走ってたりするとおもむろに現れるあずまや。

ここに必要?というような場所に設置されたあずまや。

座ってゆっくりしてったらいいじゃない、急ぐことないじゃない、と語りかけてくるような。そんなあずまや。

あれを見ると、座ってぼーっとしたい~憩いたい~という衝動にかられるんです。

で、あずまやを見たらとりあえず座ろう、アズマーになろう、と気まぐれに思い立ち

あずまやコレクションをしてみることにしました。

何回続くのか。1回で終わるのか。それはまあ気分次第ということで。。。


乙女湖を見おろす高台で見つけたあずまや。

といっても、ここではとある事情があって座ってくつろいだ時間は1分。

16091


あずまやに座ってお昼を食べよう!やたー!と喜んでいたのもつかの間。

人馴れして、エサをもらうことに慣れてしまったようなキツネが現れた。

ずんずん近づいて来る。たぶんパンとか食べ始めたら、食いつく勢い。だめだこりゃ。

諦めて移動することに。

机の上にとり水筒を置きっぱなしにしてたら、キツネが机に登って水筒をガジガジと。うわー。。。

エサをあげた人間が悪いんだよね… と、友だちと複雑な気持ち。しょんぼりモード。

16092
あずまやとキツネ。

------------------------------------------------------------------------------

高原では、マツムシソウやワレモコウなど秋の花が咲いてた。

先日知ったアケボノソウ、ここでも会えた!
16091_2


アリンコが蜜をなめてる!

160912


クジャクチョウ、久しぶりに見た。
16091_3


これは、ゲンノショウコかな?
16091_4


ハナイカリ。
16091_5


ルリマルノミハムシ付き。
16092_2


2016年8月18日 (木)

花多め

長野方面へ。。。

道中、アカマツらしき材がちょこっとあったのでのぞいてみると

カラフトヒゲナガカミキリ交尾態。
16081


単独でいたのはメスかな。
16082

思いがけず、初めて見る種が見られてラッキーだったhappy01


そのそばには、クモゾウムシの一種。コウノクモゾウムシかな。。。
16081_2


霧ヶ峰では、キスジツツハムシ。以前撮った時もこの近くだったなー。
16081_3


ホソクチゾウムシ。ヒレルホソクチゾウムシかなあ?
16081_4


地べたを歩いていた甲虫。ゴミムシダマシとかそのあたりかと思ったら、ハムシのよう。
16081_5

ネギオオアラメハムシ。聞いたこともなかった。ネギにつくらしいです。


かわいい花に、かわいいツツハムシが!
16081_6

花はタチフウロ?ムシはチビルリツツハムシ?どちらも?付き…sweat02


湿原では、シュロソウ。渋い色のお花。
16081_7


イワアカバナ。柱頭が丸いのが、アカバナとの識別点だそう。
16081_8


フシグロセンノウ。全然花に詳しくない私は、最初ニチニチソウかと思った。。。
16081_9


場所を変えて、戸隠。ここでも花を。。。


前日、宿に置いてあった花の本を見ていて、見たいな~と思ったアケボノソウが咲いてた。
16081_10


花びらに、黄色いぷくっとした、どう見ても蜜状のものが。
16082_2


調べてみたら、やはり蜜腺があるらしい。

どうして花びらにあるんだろう~。不思議~。

おしべと花びらが、互生のようになっているので

蜜をなめにきた虫に花粉が付きやすい作りになっているとも考えにくいような。。。


タカネトンボが池の上を飛んでいた。
16081_11


花びらが上下2枚の小さ~い花。ミズタマソウ。
16082_3


派手めの花が目立っていた。サワギキョウ。
16081_12


小さなムシを追いかける気が起きず、珍しくお花ばかり撮ってしまった夏休みでした。。。

2016年8月 7日 (日)

地味だけど豪華 2

続きです。

黄色いホトトギスが咲いていた。タマガワホトトギスかな?
16071


クモゾウムシの一種。なんでしょう。。。
16071_2


16072


すぐそばで、チチチチ、とかピョピョピョみたいな、鳥の声がさかんにしていたので

足を止めて見ていたら、2,3羽動いてるのが見えた。

105mmしかないけど、いちおう撮ってみる。

あ!ヤブサメ。
16071_3


ヤブサメといえば、シシシシシという、鳥とは思えない虫の鳴き声みたいのが有名で

声はよくするのに姿は見えない鳥として知られているんです。

なので、ちらちら動く姿を見たことしかなくて、なにげに写真撮ったの初めて。

しかも、こういう鳴き声も出すんだーという、けっこう賑やかな声で鳴いてた。

あ!嘴が黄色い幼鳥。か、かわいい。。。
160733


なんかお腹いっぱいになった。。。まだ時間早いけどもう帰ろう。という気分に。

帰りがてら古い枯れ枝があったので、いちおうじろじろしていたら

ノコギリクモゾウムシがてけてけ歩いていて

16071_4


何か障害物にぶつかって止まった。

障害物、よく見るとヒゲがある。

チャボヒゲナガカミキリ。4個体いた。写真に写ってるのは2個体。
16071_5


ジュウジクロカミキリもいた。
16072_2

この個体はなぜか、ジュウジクロカミキリだ!ってすぐわかった。

最初のが分かっていないので、ここの時点でやったー初めてのやつだーと大喜び。

ほんとは2回めなのに。。。


羽根が落ちていた。ヤマドリのオスの尾羽みたいです。
Photo


2016年7月27日 (水)

低山にて

7月中旬。連休。またいつもの低山へ。。。

前日の雨で樹がびしょびしょで午後になっても乾かない。

マスダクロホシタマムシ、久しぶりに見た。
160722


ウリハムシのようでウリハムシでない。これ最近よく会う。クビアカトビハムシかな。
16071_4


ノコギリカミキリ。この手の黒光り系、ちょっと苦手。。。
16071_7


ニセノコギリカミキリって撮ったことないから、念力でニセにしようと思いながら画像をチェックしたけど

ノコギリカミキリであるという分かりやすい特徴の、後肢脛節の溝がおもきし写っていた。。。

これですよね、溝。
16072_4


伐採木にいたのは、チャマダラヒゲナガゾウムシ。
16071_6


メレンゲに焦げめをつけました~っていうお菓子みたいなキノコ。フクロツルタケかな。
Photo

猛毒らしい。。。


道の脇の落ち枝をじろじろしていたら、ヒゲナガカミキリがいた。

でも枝の裏側にいて撮れない。

ポトリ防止策で、折りたたみ傘を広げて、枝を裏返す… と、やっぱり落ちた!そして飛ぼうと!

勇気を振り絞って、むんずとつかまえ、そして枝に乗せる。

「ごめんごめん、ちょっとちょっと」とお願いしてみると、飛ばずに、しかもポーズまでとってくれた。

16071_10


じめっと薄暗いところに、紫のお花、イワタバコが咲いてた。
16071_8


葉っぱの上でじっとしてるオレンジ色のムシ。
16071_9


力こぶで有名なルイスアシナガオトシブミ。久しぶりでした。

16072_5


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー