サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

野鳥

2019年4月25日 (木)

夏鳥チラ見

先日、朝の一時間ほど近場の公園へ行ってみた。

オオルリ、見たいな~と思って…

この時期、山菜やタケノコや春キャベツを食べたくなるような感覚に

近いのかもしれない。青いオオルリ。。。


着いてすぐにちらちらと見れたのはオオルリ♀。
190402_10


オオルリ♂もキビタキ♂もいたよ、と教えていただいたので、オスを探してみる。。。

どちらもまったく鳴かない。

そのあと、「こっちにいたのに」「今いたのに」とかで、後手後手。

今日はだめだな~もう帰ろう、と思っていたら

オオルリ♂♀とキビタキ♂がほぼ同時に現れた。
1904012_1


遠かったけどなんとか見れて嬉しかった。。。
1904013

2019年4月15日 (月)

鳥とスミレ

週末は夏鳥の渡りを見たいと思い、久しぶりに目線を上に。。。


土曜日の森では、見たいと思った夏鳥の渡りは見れず。

お仲間の方々とみんなで久しぶりに一緒に鳥探しできたのは楽しかった。

オオタカ成鳥が飛んだ。。。
190401_7


日曜は近場の公園へ。

ずーっと前この辺に咲いてたなあ…と探すと、咲いてた!アリアケスミレ。
1904042


これはツボスミレかな。
1904012


これはスミレ。
190402_2


スミレ撮影してたら、きょきょ!とアオゲラの声がするので

ふらふらと探しにいってみると… 近すぎるくらい近くにいた…。
190403_2


メスはすごい所で餌探し。なんかおいしいもの落ちてますか…??
190402_3


そのあと夏鳥を探して歩いてみるけど、なんとなく気配がないので

まただんだん視線は下に…

ヒメスミレが咲いてた。
190402_5


これはニオイタチツボスミレかな?外来のスミレかも…
190402_4


スミレ撮影してたら、今度はチヨチヨビーの声がするので

ふらふらと探しに行ってみると…飛びまわっていた。センダイムシクイ。
190401_5


見失ってしまったので、毎年センダイムシクイが入るあたりに行ってみると

鳥の人たちが数人カメラを向けていて

その先にもセンダイムシクイが。しかしまたしても写真が微妙…
1904022

鳥に花にムシに… 探し歩くだけでも楽しいな~~

2019年1月18日 (金)

貴重かもしれない

先日、近場の公園をうろうろしました。

==================================================================================

公園の鳥

着いてすぐ、ハンノキのところにアトリが。
190101

190102_4


オオタカがいるのを教えていただいた。
190102_5


先月撮影したもの。同じ個体かな?
181201


ヨシガモがいるのだけど、ずっと寝ていたので、これもまた先月の写真を掲載します。。。
181202


==================================================================================

クロバネフユシャク

ぶらぶら歩いていたら、擬木の上にフユシャクがいた。

今日に限ってマクロを持ってきていなくて、300mmF4で撮る。。。

クロバネフユシャクの♂♀かな。
1901022


♂♀で近くにいるので、きっと交尾解除後なのだろうな、と。 

このとき、12:02。


少し経って戻ってみたら、♂が動いてる…!12:11。
190104


♂が動いたからって、なに?という方もいらっしゃるでしょうが

私も以前だったらそう思っていたのですが

フユシャクは、一部を除きほとんどが夜行性で、♂♀ともに昼はほとんど動きません。

なので♂が動いていると、なになに?なにごと?と。。。


もぞもぞ動く。
190106


まだ動く。
190107


そして… まさかのコービー。。。
190108


フユシャクのペアって、なんか特別感がある…。

♂♀の形態が全然違うからというのもあるし、主に夜しか見られないというのもあり。


心優しきニコンユーザーの方にマクロレンズをお借りして撮影。。。フラッシュもたいてみた。
190109


「日本の冬尺蛾」という一昨年に出版された書籍によると

40年以上研究されている著者の方でも、クロバネフユシャクのペアは3回しか採れていないらしい。

「配偶行動は断片的な観察では、日没後1~2時間以内に行われると思われる」との記述も。

交尾でしかも日中見られるのは貴重なのかも。

ということで、行動記録を載せてみました。

2018年12月 1日 (土)

公園にて

久しぶりに近場の公園へ。。。

去年ムラサキツバメを見たところに行ってみたら… いた!
181101_4


ひらひらと落ち着きがない。
181103_2


サンショウクイみたいのが2羽飛んできてとまった!とおもったら、キセキレイ。
181101_5


あまり木にとまるとこ見たことないけど…
181103_3


お友だちとお会いしたのでクイナの出待ちをしながらおしゃべりしていたら

いつの間にか出ていた… そして水浴び…
181101_6


ぶるぶるっ。
181102_2


オカヨシガモ♂♀が最初いて
181101_7


そのあと♂3♀2で行動していた。
181103_4


カイツブリが渋い。
181101_8


アトリも20前後の群れでいたのだけど、写真が全然だめ。
181101_9


2018年11月27日 (火)

飛びタゲリ など

田んぼ周辺をふらふらしてみました。

タゲリが見たいと思って探していたら

向こうのほうで飛んでいてそして降りたのが見えたので、近づいてみた。
181101


別の群れがやって来て、合流して
181102

181103


181105


みんなで少し遠くへ行ってしまった。。。

1811103


その翌週もまたふらふら。。。

ハイタカが飛んだけど… 遠かった……
181101_2


チョウゲンボウがこっちに向かってきたー。
1811012

脚に何か持っている。ひも状の何か。。。


むこーうのほうからまたタゲリが飛んできた。
181112


いったん降りたんだけど…

犬の人が来たら飛んでいっちゃった~~
181113


2018年11月16日 (金)

カモ など

ちょっと見たいムシなどを探しがてら、久しぶりに行く公園へ。。。

ムシがいないので鳥を探してみた。

シロハラがたくさんいて、あちこちで鳴き声がしていた。

秋に入ってきてすぐと春に出ていく前には、枝によく止まる。
181101


アオジはお腹がぺこぺこのようで、アオマツムシ?を食べていた。
181101_2


ぶるんぶるんして翅や脚をもいで食べているよう…
181102


こちらは普通に種のようなものを。
181103


池にはカモが。

マガモ。頭の色がぴかっと。
181101_3


黄色く色づいた葉っぱとヒドリガモたち。
181104


ヒドリガモが急に目の前でぎゃーぎゃー騒ぎ始めた!
181101_4


すごい形相ー。ケンカか??
181102_2


…と、2羽の真ん中を1羽が割って入った。 身体を張って仲裁?
181103_2


よく見ると左がオスで右がメス。。。ストーリーがいろいろ浮かぶ。。。

その1. けっこう仲の悪い2羽がこぜりあい。世話役的な1羽が身を挺して仲裁に入った。

その2. 2羽がこぜりあい。ただ向こうに行きたかった1羽が一番近道で真ん中を通った。

その3. 本当は2羽は仲よしで、ちょっとじゃれてただけ。イラッとした1羽が割って入った。

いろいろ想像するとおもしろいね。

2018年10月11日 (木)

森や山で 鳥とか虫とか

森で

連休に写真展の集まりがあったので、森に寄って鳥探しをしてみた。

アカゲラの声がした気がした、ということで、お仲間たちと探して

今季初めて見られた。アカゲラ。
181001


ツツドリがいて、最初警戒心強いみたいだったのに

2羽で追いかけっこしはじめたら、こちらのことなどおかまいなしになった。
181001_2


メタセコイアにたくさん毛虫がついていて、食べ放題のようであった。
1810022

181006_2


メタセコイアってそんなに毛虫がつくんだ。。。


家族連れがバーベキューで肉をパクついてるすぐ脇で、ツツドリが毛虫をパクパク。シュールだった。。
1810032


そしてさらに帰りにひっそりとした森のほうへ寄ってみたら

ムシクイなどがちらちらと飛んでいて、オオルリ若もいた。 暗くて写真はだめだったけど……

=================================================================================

山で

連休の前半は、長野のほうに用事があり、行きと帰りにあちこち立ち寄ってみた。

新潟の、道の脇にあった名も知らぬ公園にて。

アカミゴケ?びっっしり。
18101


オオルリボシヤンマが悠々と。。。
18101_2


18102


アオイトトンボかな?好きな感じのとこにいた。
18101_3


山は紅葉が始まっていた。
18101_4


18102_2


鳥は、ゴジュウカラや
18101_6


カケス。
18101_7


池ではキトンボがいた!久しぶりに見たよ~。
18101_5

2018年10月 8日 (月)

脚がかわいすぎ

少し前に、千葉のほうにオオグンカンドリが長逗留しているということで見に行ってみたのだけど

そのとき現地では、大きくてしゅっとしていて、かっこいいなあと思い

その飛行の恰好よさに反して、亜成鳥?のせいか、表情やしぐさにかわいらしさもかんじた。


時間が経ってしまったけど写真整理をしつつ、真上を飛んでいったときの写真を見ていたら…

180918


なんか脚が… すごいかわいいんですけど…!
1809182


グンカンドリってこんなに脚が短いんだ。

そんなこと常識!ってかんじかもだけど、私は知らなかったので。


跗蹠(人間でいうlegの部分)がないんだね。。。付け根からいきなりfoot。
1809193


折りたたまれているだけ?と思って「海鳥識別ハンドブック」を見てみても、やはり脚が短いよう。

伸びをしても、短い。
180902


かきかきも、無理がある。。。
180903_2


そして着いてすぐ雨が降っていたときの、髪型がこれまた…
180901


ほかの海鳥もそうだけど、脚は飛ぶ時にぴちっと収納することもできるらしい。
1809103


おちゃめな変顔飛行とか。
180911


二羽でいて、きょうだいなのかな。すごく仲がいい。楽しそう!!!
180914


おちゃめでキュートなオオグンカンドリの脚やら表情に、目が釘付けになってしまったのでした。。。

2018年9月21日 (金)

トリ・ハチ・イクラ

久しぶりに鳥見に…。

今の時期、秋の渡りで小鳥入ってくるので、なにかいるかな~と森へ。

カラ類の群れの中にコサメビタキが入っていた。
180922


午後は、赤色型のツツドリが木々の間を飛びまわっていた。

赤色型は普通のツツドリよりも個体数が少なく、私はあまり撮ったことないので撮りたい。

しかし警戒心がすごく強くて、もしゃもしゃの場所に止まってばかりで、ちらとしか見えず。

翻弄されまくって、ものすごい逆光の写真が撮れただけであった。。。
180916


お世話になりましたみなさま、ありがとうございましたm(_ _)m

=============================================================================

ハチ

粘菌を探しているとき、枯れ枝の上に、素早く動きまわるハチがいた。

なんかキラキラしてきれいかも……

すごく速くてよく見えないせいで、キラキラ度が割り増しして見える。

無理やり写真に撮ってみた。
18091


18094


ブレてるほうが肉眼に近く、美しく見える気がする……
18092_2


===========================================================================

ピンクの粘菌

朽ちかけている伐採木の端っこで

イクラのようなかわいい粘菌を見つけた。未成熟の子実体と思われる。
180910


一日経つと、成長してますますかわいくなるのでは?!?!と思ったら、もう気になって仕方なく

翌日もまた見に行ってしまった…

しかし虫に食べられたのか、荒らされたあとのようになっていた。 ショック…
1809012


少し柄が伸びているけど…
180902

この後の状態は見に行けずで、確認できていない…

エツキケホコリかな?と思うけど。。。

2018年8月 4日 (土)

平地も楽しいな ~もろもろ編~

トンボを探しているときに、水が枯れかかっている池の、水のない所に降りてみた。

水が枯れているといってもどろどろだし、ちょっと油断するとけっこう沈むところもあり

慎重に歩かないと人食い沼に食べられてしまう…と、足元をよく見て歩いていると

すさ!すさささ! と、キラキラした虫がちょいちょい視界を横切る。

歩く振動で?泥のすきまから出てきて、またすきまに入っていく。

うーーーん、モグラたたき状態で、なかなか見れず。いらーー。

こんなかんじ。
18071


たまーにじっとしているのがいる。

18072


ヒメキベリアオゴミムシだと思うんですが…

18073


しゃがみ込んで一生懸命写真を撮っていると、すさささ!と視界を横切る虫が他にもいて…

見れば見るほどいろんな種類がいるような気がしてきて、楽しくて止まらなくなってしまった。

たくさんいた。ヨツモンコミズギワゴミムシかな。
180713


これはメダカハネカクシの一種かな。
180712


肉眼ではアリにしか見えなかった虫。撮ってみたらなんかおもしろい体型!ステキ!
180712_2


チビヒョウタンゴミムシの一種かな。

小さいし素早いんだよーー。←言い訳
18072_2


==================================================================================

葉っぱの上にツマキシャチホコがいるのを教えていただいた!
18072


顔がもふもふ。機嫌の悪い猫みたい。
18073


=================================================================================

田んぼにて

休耕田を回ってみたところ、タカブシギが1羽だけ見られました。
18071

18072_2

より以前の記事一覧