サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

野鳥

2017年3月22日 (水)

ムシムシ出てきた

先日、久しぶりに擬木を見て回ったら、そこそこムシが出ていた。

おお!と思い、調子に乗って数日後また行ったら、今度は全然見られなかった…

気温だけでなく、湿度とか風とか、いろいろ要因があるのかな?自然界は謎だなあ。


ハエトリ

石神井公園でもムシがいろいろ見られるかもと思い、久しぶりにじろじろしたけれど全然だめだった。

ただ、ハエトリだけは、ここで初めて見るものが2種も見られた。

イワテハエトリ(もしくはヤガタハエトリ)。
17031

イワテハエトリとヤガタハエトリの2種は、専門家でも外見で判断できないらしいので

心おきなく同定を放棄することができます。。。


トサハエトリ。松の幹にいた。
170314


=========================================

花と鳥

オオカンザクラにメジロが来ていた。もうだいぶ散っていましたが…。
170312


トサミズキにヒヨドリが止まっていて、花をぱくぱくと食べ始めた。
17031_3


17033

君たちは何の花でも食べるんだね!

========================================

ハチ・ハエ

丘陵にて、見つけたムシたちです。

ハチには以前はあまり興味がなかったけど、みなさんの載せるコバチの写真を見ているうちに

いつの間にか私も「コバチかわいい!」と思うようになり

小さなハチに対してだけはカメラを向けるようになりました。。。

これはたぶんタマバチの一種。
17031_4


タマバチという名の由来が分かりますね。
17032


これは名前が分かった!キアシブトコバチ。
17031_5


お顔もかわいい。このハチ好きだ~。
17032_2


ナガコバチの一種かなあ。。。
170322


額の黄色がいやに目立つうえに猫背な個性派がいた。なんだこれ??
17061


シマバエの一種の未記載種で、「埼玉県昆虫誌」にて Steganopsis sp.2 として載っているらしい。


この猫背で、もみ手!媚びてる人にしか見えない!
17062


=======================================

渋虫たち

アカホソアリモドキ。翅が凹んでる、捕食者に襲われた跡かなーなんて思ってたら
17034

なんと性標だそうで。凹んでるのはオスなんだってー。びっくり。

アリモドキも飛べるんだね!
17033_2


アトホシヒメテントウ。渋い~。
17031_6


アラカシの葉上でじーっとしていたのは、キスイモドキではなかろうかと。これまた激渋~。
17031_7


2017年3月12日 (日)

鳥鉄

まだまだ寒いですが、少しずつ春らしくなってきましたね。

春前夜、といったかんじの今の時期って、わくわくするなー。


身近な春

わくわくする、とかいいつつ最近あまり鳥・虫写真を撮りに出かけていなくて

近場にて見つけた春らしい?かも?な写真を載せてみます。

田んぼでキジの♂が、仲良く2羽で並んでいた。
17031


先日お仲間のブログでも載っていたけど、オス2羽だと縄張り争いになりそうなものなのに

一緒にいるということは兄弟とかなのかな?

飛んだ~~。
17032


公園では、アマナが咲いていた。
17031_3


中をよく見ると、おしべが、黄色・ピンクの順で交互になってる!偶然か?
17033


たくさん咲いてるところもあった。
17032_2


八重の梅かな?メジロが一瞬来て、飛んでいってしまった。。。
17032_3


近場の公園では、カルガモの不思議な写真が撮れた。
17031_4


オシドリ夫婦、なかなか見られなかったのだけど、午後行ったら見れた。
17034


オシドリのペアってじっくり見てると、すごく仲いいんだね~。
17032_4


オシドリ夫婦ってこの仲のよさから来てるのかな。

一人でひっそり遠くから写真を撮ってると、なんていったらいいか…文春の人みたいな気分になった…笑

17035

うしろのゴイサギ~~、ちょっとーさっきからわちゃわちゃし過ぎ!


コブシの花をヒヨドリが食べていた。
17031_5

======================================

鉄道

少し前ですが、ローカル線に乗りたいと急に思い立ち、八高線の電化されてない区間に乗ってみた。

高麗川~高崎間が電化されていないらしいです。

よいスポットを見つけて写真を撮ろうと思ったけど、微妙~な場所しか見つからなかった…
17031_6


明覚という駅に電車が入ってくるところ。
17032_5


2017年2月13日 (月)

オシドリ撮り

近くの公園に、オシドリがいるとのことなのだけど

私が行くタイミングでは全然姿を見せず、あまりにもタイミングが合わず

いらーーとしていたら、ようやく先日姿を見ることができた。

170243


カルガモに混じ……れてない。
17025


170233


オシドリ夫婦というけれど、実際は別に夫婦仲がいいわけではないというのはけっこう有名な話。

この間BBCアース見てたら、マツカサトカゲのおもしろい話をやってて

このトカゲは繁殖期の2か月だけペアで過ごしてあとは解散するらしいんだけど

毎年同じ相手をちゃんと見つけるんだってー。

20年近く生きるものもいるけど、同じ相手としかペアにならず

相手が死んでも残された方は別の個体とペアになることはしないんだそう。

ほんとうにオシドリ夫婦的なのはマツカサトカゲ夫婦なのであった。。。

でもこの行動、進化の過程でどういう優位性があるんだろう…


いつも単独行動してるカイツブリが、三羽かたまって。悪だくみだな。
17022


目の前にミソサザイが。近すぎて……sweat02
17021_2


オオタカ若が止まってるのを教えてもらった。極悪カラス軍団に囲まれていた。
17021


カワウが大きすぎる獲物と格闘して、結局食べられずだったぽい。
17012


川をのぞいたら、カワセミ。こちらも大きなエビを捕らえていた!
17021_3


2017年2月 8日 (水)

みせてくれた

魅せてくれた

公園の池に氷が張っていて、その上をハクセキレイが歩いていた。

暗いとこに、一瞬スポットライトのように光が当たって
170112

ファインダー越しにドキドキしてしまった。

生きものの写真を撮っていると、わ~~ってドキドキする瞬間がありますね。

一対一のときのほうがドキドキが大きいかも。

対象が群れだと、一方的に覗いていてお邪魔してます感があるし

一対一で、向こうもこちらを認識していて、気持ちが通じ合ってるみたいなときドキドキする。


田んぼでタゲリがいて、このときもそんなかんじ。 最初遠くにいたんだけど
170203


じわじわ近づいてくる…

170204

「あの車、人乗ってない?カメラ向けてる?もしかして写真撮ってる?」ってかんじ…


確実に近づいてる… てかすぐそこまで来た
170208


「やっぱり私のこと撮ってる!魂取られる~逃げろ~」
170210


ぐんぐん近づいてくるタゲリって、若い個体というイメージだったけど

羽縁が白くない成鳥も近づいて来るんだねー。
170207


これは羽縁が白い第一回冬羽。こっちのがよく見るような。
170211


=====================================

見せてくれた

「タゲリの下尾筒はオレンジ色です」。 そうでしたか…
170209


シメは、何かを口に入れてもごもごと噛んでいて
170201


枝に移ってからもずーっともごもごしていて

170202


「こういう状態になったら飲みこみます」と見せてから飲みこんだ。
170203_2


ヒヨドリ、何かを必死に食べている。
170201_2


「こんなの~」と見せてくれたけど。葉っぱ??
170202_2


2017年1月31日 (火)

2大ウロコぽい鳥

生きものでも植物でも、美しい~っていう種ばかりがいいというわけではなく

おもしろかったり不思議だったり、ちょっと変わった風貌のものも人気だったりしますよね。

鳥の中でも、きれい~っていうのではないけど個性的で

自分の中で「2大ウロコぽい鳥」というくくりでなんとなくセットになっているのがいて。。。

2種とも、鳥を見始めたころはなかなか出会えず、見たいなーと思っていた鳥であった。


ウロコその1、アリスイ。野焼きの跡地にて餌を捕っていた。
17016


見れば見るほど爬虫類。後ろ姿も個性的。
17015


赤いストローでジュース飲んでるみたいにしか見えないけど
17011


実際は舌を焼け残った葦に刺している。どんどん片っ端から刺していくと
17013_2


ときどき中に入っている幼虫が釣れるのであった!
17012


ウロコその2は、トラツグミ。ちらっと見れた…
17011_2

2種とも、どこでも見られるというほど個体数が多くはなくて、そこそこ見つかりづらいのと

その個性的な風貌と相まって、なかなかの人気者になってるんじゃないかな。


なんかきれいだなー、と撮ったキジバトの背中。これもうろこぽかったりして。。。
Photo


===========================================

…ウロコ?

ウロコウロコと書いていたら、鳥の羽がものすごくウロコに見えてきた。

そもそも鳥類って、本当の鱗を持つ生きものと近いんだっけか??とめちゃ気になってきたので

いそいそと系統樹の本を出して調べてみた。。。

アリスイはキツツキ目。トラツグミはスズメ目。この2種、系統学的にけっこう遠いらしい。

この2種が一緒だったのは、7500万年前までさかのぼる。

キジバトのハト目はもっと遠くて、8000万年前にハト目として独自の進化の道を歩み始めたらしい。

鳥類に一番近いのは、爬虫綱のワニ目。

ワニ目と鳥類が分かれたのは2億4千万年前で

爬虫綱のその他のヘビやカメやトカゲが分かれたのが2億6千万年ほど前なので

イグアナみたいのがいて、ほぼ同時期に鳥とかカメとかヘビとかに

分かれて行ったのではないかなーとそんな風に想像できるような。

つまり、アリスイとトラツグミは本物のウロコとおさらばしてから2億6千万年くらい経つってことか。。。


ちなみにこれらの情報はすべて、この本によるもので…↓
Photo

人間とシャクナゲの共通祖先まで系統樹をさかのぼるという本です。

2017年1月23日 (月)

鳥の食生活 など

このブログを見てくださっている人のうち、何人の方が気づいているかは分かりませんが

「今年はヨコバイの写真がないんだね、もう撮らないんだね」と思っている人がいるかなあと。。。

今年もヨコバイ写真を撮るべく、ちゃんと葉めくりしてるんですよー。

カシやヤツデやツツジやその他常緑広葉樹…、のべ1000枚はめくってる

ていうか、ヤツデとか普通に10枚とかでワンセットなので10セット100枚なんてすぐなんです。

でも今年はヨコバイが全然見つからず、ムチムチムチで飴が少なすぎて心がおれおれ。


ということで、ひと月ほど前に撮ったフタテンヒメヨコバイスズキヒメヨコバイを載せておきます。。。
16121


------------------------------------------------------------------------------
食生活

最近、鳥の食べ物、その食べ方、について注目してみてます。

丘陵地をぶらぶら歩いていたら、ルリビタキのオスが目の前に現れたので、観察。
17015


地面の葉っぱをひっくり返して、ミミズを食べる…… 
17011


う、のどに詰まった。。。
17012


そしてすぐに二匹めをつるつるっと。のどごしで味わっている、かどうかは分からない。
17014


食後は杭の上にて縄張りの見張りも怠らず。
17013


近所の川にて、ハクセキレイ。
17011_3


あおさみたいなやつ、食べるんだーと思ったら
17013_2


ぱっと離した。ただ大きすぎただけなのかな…
17014_2


二週間ほど前、ウグイスにそっくりで地味な鳥を見に行ったときのこと。

上空にものすごたくさんのユスリカ?が飛んでいて、それを飛びながらパクパク食べ始めたので

写真に納めるべくがんばってみた。

チフチャフという鳥です。
17013_3


17011


画面からはみ出てしまったけど、2匹まとめて食べてるぽい!
17012_3


ヒヨドリは、道に落ちている柑橘類に夢中。もう皮だけになっていそうなのに。
17011_5


首を高速でぶるんぶるんさせてすごいことに!!
17012_4


--------------------------------------------------------------------------
その他

先日、アネハヅルというツルを見に行ってみました。

顔の白い飾り羽と眼の赤が、個性的~。
17011_6


近場にて、ツバキ。。。
17011_7

2017年1月17日 (火)

身近なトリ

激さむな日が続いてますね。

また更新が滞り気味ですみません~。

大相撲、今場所は優勝争いおもしろくなってるし、テニスも全豪OP始まったし

ゴルフも松山くん調子いいし、NBAもつい観ちゃうし… と、TVスポーツ観戦時間が増えており。

録画して観てるけど、時間がけっこうかかってしまう(-_-;

でも部屋でぬくぬくスポーツ観戦するのは至福のひとときですよねー。


先日は近場の公園へ。朝早めに行って(普通の人から見るとそんなに早くない…)

お友だちに蝶の越冬個体を教えていただいたり。探したり。

枯葉の下に固まってぶら下がってるのとか、自分でも探してみたいな~。

エナガの群れを見ていたら、どんどん近づいて来たので、ついたくさん写真を撮ってしまった。。。

ということで、軽くエナガ特集。。。

ぶらーーーん。
17011


「今日は鏡開きだよ~~」と鏡餅型になって教えてくれた。
17013


17012


17014


フクロウの真似~~。
17015


アオゲラは、熱心に樹をほじる。幼虫っていっぱい潜んでいるんだ。
17011_2


池では、オナガガモのオスが、水面をピシャ!ピシャ!とたたいて

派手に水しぶきを上げていた。
17011_3


水浴びというより、水面をひたすらたたくかんじ。何かの自己主張?

キンクロハジロのメスが1羽、まったく同じ行動をとっていて

2羽で追いかけまわしたりしていたので、縄張り争い的なことなのかな。

…遊んでる?
17013_2


向こうで、ハシビロガモが。撮って撮ってーー的な。。。
17012_3

2017年1月 4日 (水)

初日の出じゃないけど海

あけましておめでとうございます。

今年も、普段鳥を見ない方・虫を見ない方も、なるべく楽しめるように記事を書きたいと思っているので

上級者の方は初心を思い出しつつ… お付き合いいただければと思います。


2日の朝の、初日の出ではないただ日の出。海から太陽が顔出すのは見られなかった。
17011


朝日に照らされて、とことこ走る!ミユビシギ。
170102


波が引いたところには、おいしいものがあるらしい。
170101


けど、濡れたくはないので逃げる~。
170103


今の時期、このような姿を見ると、餅に見えてしまう…
170104


別の海岸にもいた。ミユビシギ。こちらもとことこ。
170105

170106


シノリガモが飛ぶーー。
170101_2


草地には、タゲリ。ものっすご警戒。
170101_3


飛ぶー、けどうまく撮れないー。
170103_2

170105_2


年末の記事でツキのなさを嘆いたけど、自分の撮影技術のなさを一番嘆くべきと思った年明け…


2016年12月30日 (金)

ありがたい被写体

最近… ツキがない気がしていて…

更新が鈍ってしまいました。。。

よく言う「日ごろの行いがよくない」というやつなのかもと思い、本気で自分の行動を省みた。

…けっこう真剣に考えたけど、「あーこれが原因かな」という、よくない行いが思い浮かばない。

よい行いしかしていない、という意味ではなく、よくない行いって無意識でしてるんだろうなーと。

しかも考えているうちに、そもそも悪い行いってなんだろう、人を不快にさせることなのか

モラルとして悪いことなのか、自分の信じる正しさ基準に反することなのか

よく分からなくなってしまい、まあ年末らしく自分の行動を反省するいい機会になりました。

そして、ツキがないと言いつついろいろなものに出会えているわけで

そういういろいろなものをなおざりにして、いいのに会えないとか言っているのが悪いのかもと

そんな気もしてきたので、とにかく記事に載せます。


近場にて

石神井公園では、アトリの群れがまだいた。
161201


161202


センダンの実に飛びつくヒヨドリの背中。
161201_2


オカヨシガモはオス一羽だけしか見られなかった。。。
161202_2


ホソミオツネントンボがいるのを教えていただいた!これからの時期探すの楽しみ。
161201_3


狭山丘陵にて

擬木歩きをしたけど、虫には全然会えず。。。

イチモジフユナミシャククロスジフユエダシャク(星谷さんありがとうございます)の♀が、かろうじて。
16121_2


葉裏でよく見る、オレンジのちいーーさなハチ。トビコバチの仲間かな。
16121


湿地にて

見たいゴミムシがいるので、一番見られそうなところをネットで調べて出陣~。

流木の朽ちたやつに潜んでいたりするので、ちょっとほじってみたりしたら

越冬中の幼虫やさなぎやダンゴ虫が出てきてしまい、みんな寒さで死んじゃうかもとか思うと

ほじる気が失せてきて、途中でやめた。


ベニマシコがすぐそばでイノコヅチをかなり真剣に食べていた。
161204


満腹になり、ぼーっとするひととき。
161205


すぐ目の前をノスリが飛んだ。
161201_4


チュウヒは少し遠くを。
161201_5

今年も最後の更新になりそうです。

今年も一年、お付き合いいただきありがとうございました。

来年は今年以上におもしろい記事を書く予定なので、って自分でハードル上げてますが

ぜひお時間あるときのぞいてみてくださいね。

ではみなさんにとって今年あと一日が、そして来年まるまる一年が

素晴らしい年になりますようにchick

2016年12月13日 (火)

川の鳥・虫

先日、多摩川に行ってみた。

家にあった、移植ごて?スコップ?をいちおう持って行ってみる。(ゴミムシ掘る用)

川にはカモがたくさんいる。なにガモ?と気になる。。。

鳥のレンズも持ってきたので、写真を撮ってみる。

コガモ・オカヨシガモ・オナガガモ・キンクロハジロ が写っているようです。
16121


カンムリカイツブリもいた。左端のはマガモ♀でしょうか。。。
16122


てきとうに砂地の壁を掘ってみると、アオゴミムシ。
16122_2


たくさん歩く気満々で来たけど、探している環境がまったく見つからないので

早々に目的のものを探す気がしゅうぅーとしぼんでしまった。

てきとうにしゃがんでじろじろしてみる。

あ!なんか翅におされな赤い点があるハネカクシ!
16123


「甲虫」を見ると、ホソフタホシメダカハネカクシかなと思ったけどハネカクシ談話会ニュースによると

翅に星があるメダカハネカクシは、本州にはフタホシメダカハネカクシとホソフタホシメダカハネカクシ

しかいないらしく、ホソ…は脚が黄色いことで区別がつくらしい。

私が撮ったやつは脚が黄色いようには見えないので、フタホシメダカハネカクシかと。

16124


アオバアリガタハネカクシもすたすた歩きをしていた。
16122_3

16121


トホシクビボソハムシ。相変わらずクコに。
16121_2


川にコサギがたくさん下りて、魚捕りをしはじめた。

16121_3


魚捕りをするコサギ撮りをしたかったけど、なかなかうまくいかない。

写真を撮ると魚が捕れておらず、魚を捕ると写真が撮れていない!

でも久しぶりにじっくり見たコサギ、ふわふわと舞いを踊っているようで、思わずうっとりしてしまった。

16122_4

16125

16126

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー