サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月22日 (金)

虫のいる風景 #20

「All Along the Watchtower」
Watchtower18062_2


頭の中で流れ出すのは、やはりボブディランですかね? ジミヘンですか?

わたしはU2なんです。。。

2019年2月15日 (金)

シモフリトゲエダシャク など

この時期なかなか時間がなく

あちこち不義理だったりしてるかもですが…。ご勘弁を。。。

===============================================================================

シモフリトゲエダシャク

フユシャクは、隔週くらいで探して歩いており。

2月の初め、擬木をじろじろしながら歩いていたら… 

1902013


なななんと、シモフリトゲエダシャク。しかもコービー。。。

190205


シモフリトゲエダシャクは、メスかオスが単独で見られたらいいなと思っていたのですが

初めて見る個体がまさかコービーだとは。

ちなみに時刻はAM10:30くらいでした。

メスはふさふさとして、いわゆる毛皮のコートを着てるぽい。小さい翅があるよ。
190204


少し先に歩いていくと、♂の単独もいて
190201_3


♀も単独でいた。
190201_4


お顔がふさふさとしてかわいい…!
190202

==================================================================================

シロフフユエダシャク

そのほか、この日はシロフフユエダシャクがたくさん見られた。

♂単独はたくさんいたので撮影が雑……  
190201


これは♀。ちい~さい翅がかわいいね。
190201_5


=======================================================================

ウスモンフユシャク

さかのぼって、1月に見られたウスモンフユシャク。これは♂単独。
190101_3


名前の通り色がうすく、とくに目立った模様もないのが特徴。。。


コービーも見られた!
190101_4

2019年2月11日 (月)

虫のいる…

もはや… 虫はモチーフでしかなく…
120615

================================================================================

二か月くらい前に読んだ、角幡祐介の「新・冒険論」という本の中に

脱システムというのが出てくるのですが。

ガチガチにシステム化された現代においてあえてその外側に出てみる

そして自分の身体性を使う、という冒険論なのだけど

それがすごく生きものを観察したりすることの楽しみに似ている!と思ってしまい

未だにそのことについて考えたりする。。。


あまり人がやっていなかったり情報が簡単に拾えないことがあえて楽しいとかんじるときって

「脱システム」、ということなのかなと。

私自身はあまりできているとは言い難いけど

得られた情報を自分なりに分析したり

五感をフルに使って遊ぶのってすごく楽しいし、新しい発見があるとわくわくする。

これってささやかな冒険をしてるってことなんじゃないかな。


そうそうわたしがカーナビをほぼ使わないのも脱システムなのだよ~。

2019年2月 6日 (水)

虫のいる風景 #18

「起毛@起毛」
14091


« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »