サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

アカガネサルハムシ

2


ムシの写真は、撮り方も撮ってからも、あれこれ遊びが浮かぶ。

鳥の写真でもあれこれ遊べたらいいのだけど……

2018年1月27日 (土)

虫のいる風景 #10

「マニキュア」
1406


2018年1月25日 (木)

飛ぶトリ

少し前のことになりますが

以前行った川のことがふと気になり、様子を見に行ってみた。

土手を登ると、目の前の陸でヨシガモたちが草を食んでいたのだけど

目の前すぎてバサーーと飛んで川へ逃げ込んでしまった…。

ヨシガモ。翼鏡が意外といい。
18011


3羽で。
18012


土手のへりをちこちこと歩いていたのはイソシギ。
18012_2


ヒドリガモの中、頭に緑が入っているのがいるのは、アメリカヒドリの交雑でしょうか。
18011_2


ヨシガモが対岸にいるのをじーっと見ていたら、おもむろに飛んだ。
18013


田んぼの水路にはタシギが2羽いるのだけど、すごい警戒心。

遠ーくからチラ見しただけで飛んでしまうのだった。。。

翼下面。
18011_3


翼上面。
18012_3


2018年1月19日 (金)

虫のいる風景 #9

「人間ウォッチング」
17043


2018年1月16日 (火)

虫のいる風景 #8

昨シーズンの冬に載せていたシリーズの続きです。

風景、というとちょっと違うような気もするんですけど、まあそこは斟酌していただいて…。

コンセプトは昨年も書いたのですが

種の同定は抜きにして、絵として自分が好きだと思う撮り方をしています。

「虫嫌いによる虫嫌いのための虫写真」といったふうです。

虫が好きな方も、いつもと違った目線で楽しんでいただければ幸いです。

昔のや最近の、以前載せたものや載せないものなど、いろいろです。


「宝石箱」
32

2018年1月11日 (木)

最近のトリ など

前回の続き

前回、葉裏にいるヨコバイが透過光にて別人になる件について書いたのですが

葉の表でしか見たことのない種類もいて、

なんでこの種類は葉の表にしかいないんだろう… 撮りやすいからいいけど…くらいにしか

思っていなかったけど、あえて葉の表側にいる理由があるような気がしてきた。

葉の表側でしか見たことのない種類。マダラヒメヨコバイ。
17121

拡大して見ると派手なように見えるこの模様、遠目に見るとまったく目立たない灰色に見えるんです。

実際に見た人は分かると思うけど、周囲に溶け込んで、ゴミにしか見えない。

以前撮影した、遠目にゴミにしか見えないマダラヒメヨコバイ。
14123


このヨコバイの翅は光を透過するんじゃなくて、むしろ反射や吸収を利用してるんじゃないかな?

もし翅が灰色や茶色一色だと、光が当たった時に白く浮いてしまったり、陰では黒くなってしまうところ

このまだら模様は、日なたで光を反射した場合でも、また日陰で暗い場合でも

どちらの場合でも光の反射と吸収がバランスよく、灰色ぽくなって溶け込む色合いなのでは。。。

ヨコバイは名前の通り横歩きをするのだけど、このヨコバイは横歩きしているところを見たことがなく

それも、歩かずにゴミに徹していた方がより安全だからかな?と思ったり。

なんかヨコバイおもしろいな~。引き続き考察してみよう。。。

================================================================================

先週末の連休は、いつもの森へ…。

今旬の鳥と、お仲間の人たちとも何人か会うことができた。

湖のほとりで水を飲むタゲリ。こんなの初めて見たよ~。
18011


こちらはグランドでたたずむタゲリ。
18012


トラツグミが、芝のところに出ていた。もう逃げも隠れもしないらしい。
18011_2


近場の公園にも行った。こちらでもお友だちにお世話になりました。。。

ミソサザイ見たいな~と思っていたら、出てきてくれた!
18011_3


カワセミの♀。魚を捕ったりしていた。
18011_4


ヨシガモ。ここでは見たことがないので嬉しかったけど、換羽中でかわいそうなかんじ…。
18011_6


キセキレイが氷の上で
18011_5


なんか種を食べたりしていた。
18012_2


2018年1月 8日 (月)

ヨコバイについて

クロスジホソサジヨコバイというのがいるんですが

こんなヨコバイです↓
13112

こうして光が当たって見ると、「ああ新幹線のような形のヨコバイだな」ということになるのだけど

先日、シラカシの葉裏にいるところを見つけて

それが日に透けている様子を見たら、いつもと雰囲気が全然違って見えていたんです。

こんなふうに…。
17121

日に透けると、印象がまるで変ってしまうことに、とっても驚いた。

こうなると体が全然目立たなくなって、捕食者にもまったく気づかれなそう。

先日のカシヒメヨコバイの記事にいただいたコメントの中にもあったように

この写真でいう下側の黒い点が眼のようになって、脚のような線もあり、下が頭に見えて
17122

万が一気づかれたときでも、翅の端っこだけを襲撃されて頭は守れるのではないかな?


以前撮ったシロズオオヨコバイ。これなんかも、自然光だと黒いまったく別ものの虫にしか見えない。
15072


先日のカシヒメヨコバイ。翅の端に眼と脚のような模様がある。(とのコメントをいただきました)
17121_2

日に透けると左を向いてる黒っぽい虫みたいになるんだ、きっと!

眼を通過しているライン(鳥でいう過眼線)も、すごく気になる。

こういうラインがあるヨコバイは他にも結構いて

このラインは何かの役に立っているのかな?と思っていたのだけど

模様とつながったラインがあることで、眼の位置が俄然分かりづらくなる。

例えばオサヨコバイとかも過眼線があることで、眼の位置がうやむやにされている気が。
14081


ヨコバイのほとんどが偽瞳孔といって、黒目が常にこちらを見ているような構造なのですが

これがなければ完全に眼がどこにあるのか分からなくなるのに…

でもこの偽瞳孔のおかげで、ヨコバイの顔がぐんとかわいくなっていることは確か。


こんなやぶにらみ顔も、偽瞳孔のおかげ。。。
170812

2018年1月 5日 (金)

年末の猛禽

あけましておめでとうございます。 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


今年も、あれもやりたいこれもやりたいと、構想が膨らみます。。。

身近な場所で身近な種類をじっくり観察していきたい、というのがまずあって

その一方で、ワクワクすることをいろいろやっていきたい。粘菌とか。。。


お友だちのみなさんには感謝感謝です。

いつも優しくしてくれてありがとうございます。

会えばニコニコ楽しくお話ししてくれてありがとうございます。

気にさわる発言もしてるだろうけど、流してくれてありがとうございます。

メールやコメントでありがたい助言や感想や報告などくださり、めちゃ嬉しいです。

これからもどうぞよろしくです。

===================================================================================

猛禽

今年に入ってから、とくに生きもの撮影をしていなくて。

年末に撮影したのが、なぜか猛禽ばかりであった…。


頭の黒いハヤブサが見たくて待っていたら、普通のハヤブサの成鳥が飛んでいった。。。
171222


ノスリは近くを。
17121


少し遠くの公園にて。ハイタカがけっこう近くから飛んだのだけど、あっという間に高いところへ。。。
17123

17121_2


=================================================================================

千葉

千葉の、大山千枚田。「東京から最も近い棚田」らしい。
18011

ライトアップ用の電球がずららーと並んでいる。個人的には、すごい邪魔と思った。


いすみ鉄道。
18011_2


« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »