サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月25日 (木)

ササササコクゾウムシ

また丘陵

先週末。暑くなるということで、気合を入れつつ、毎年この時期に行く場所へ。。。

午前中は、出会いが少なく。ていうかなんにもいなく。

眠い… 暑い… 帰って寝ようかなーとか。。。

葉っぱの上には、チャイロサルハムシかな?
17051


伐採木地帯に、キレワハエトリ。
17061


なんかいいゴミムシとか、ダンダラチビタマムシとかも見かけて(撮れてないけど)

昼過ぎから急にムシが増えてきたかんじ。


今までじっくり探索したことのない薄暗い水辺に、小さなゾウムシが…

17053


おあー、サ、ササササ、ササコクゾウムシだー。

170526


せっかくかわいらしいゾウムシなのに、よく撮れないうちに消えてしまった…

がっかり肩を落として3歩くらい歩いたところにまたゾウムシ。

小さい……。あまりに小さいので見なかったことにしたい気持ちを抱えつつ

いちおう撮影して画像を確認したら、アカクチホソクチゾウムシ。
17054

しかも今回のは口が褐色のやつぽいー。

わーーと思って、顔を上げたら速攻どこかへ消え失せてしまっていた…。

そこからまた10歩くらい歩いたところで、また小さなゾウムシが。

あー、さっきよく撮れなかったササササだ!と思って、今度はフラッシュ取り付けて撮影。

17051_2

家に帰ってよく見たら、ササササじゃないぽい。何もつかないコクゾウムシ。


極小ゾウムシが次々に見つかる、ポテンシャルの高い場所であった。。。

なんでもない、薄暗ーいところなのに。ぷちぎ~。


そして、さっき見たときにはなんにもいなかったコナラの木もパラダイス化しており。

カシルリチョッキリペアがいたり
170522


コナライクビチョッキリが葉裏に貼りついていたり。
170512


毎年この時期大量に見られていたシラホシナガタマムシが、今回は一つだけ。
17051_5


午前中何もいなかった伐採木で、クビアカトラカミキリも走り回っていた。
17051_6

やっぱり午後なんだなあ…

2017年5月22日 (月)

スゲハムシ など

丘陵にて

先々週、お友だちと丘陵にてムシ探しをしたとき

スゲハムシ(キヌツヤミズクサハムシ)いろんな色のが見たい~って言っていたらすごいたくさん

気持ち悪くなるくらいうじゃうじゃいた。

多かったのが、銅金色ぽいもの。
17051_2


青いのもいて
17057


赤いのも。
17056


やんややんや~~。
17053


青いのと赤いの、交尾成立するのかと見守っていたら
17054


離れて行った。
17055_2


その上では… 怒号が飛び交う。
170552


スゲハムシの体色の遺伝ってどうなってるんだろう、メンデルの法則?とか思って

ちょっと検索したけどそんな論文はまったく見つからなかった。。。


イチモンジカメノコハムシ。お顔を拝見さしてください。
17051_3

眼がなんかヘン。と思ったら触角を眼にぴたっーっとしていた。


キボシルリハムシ。
17051_4


ホソエンマムシ。口がコワイ。。。
17051_5

==================================

近所にて

平日の空き時間に、自転車でふらふら。

メスジロハエトリのメス、すごくきれいな個体がいた。
17051_6


これに似てる幻の生きもの的なのいたような… なんだっけ… と考えて

あ、ユキヒョウだ!と思い至った。笑

17053_2


ここの緑地、おかしいよー。入口がどこか分からないよね?!
17051


柵と柵の間の側溝をまたいで入るんだけど、ヒイラギナンテンすごい邪魔だし

そのあとも、植え込みと塀の間、20cmくらいの隙間をカニ歩きみたくしないと通れないんだよ~。

17052


そしてそこを抜けるとぽっかり不思議な空間があって、全然憩えなくてシュール。

2017年5月17日 (水)

ゾウムシ

神奈川方面

今年2回目となる緑地へ。

去年ここでちい~さなゾウムシを撮影したのだけど、数枚撮ったところでポロっとしてしまい

今年ももしかして見られるかな~、他にもなにかいいのいるかな~と、歩いてみた。

去年この辺で撮ったような気がするというあたりをじろじろしていたら、いた!

アカクチホソクチゾウムシ。小さいよ… 30分近く撮ってたよ…
17051


図鑑には口が褐色とあるので、これは近似種かと思ったけど

信頼できるサイトで、個体差で口吻が黒いのと赤いのといると書いてあったので

アカクチホソクチゾウムシの口が黒いバージョンでいいのだろうと思う。

口吻は、触角の先から急に細くなっている。

17052

=====================================

丘陵にて

クヌギにいた、ナラルリオトシブミ。初めて見た。
17051_2


複眼が大きいのが特徴。フラッシュの写真も撮ればよかったのですが。。。また来年。。。

170523


17052_4


ミヤマイクビチョッキリ。下草の花にいたので、どこかから落ちてきたのかも。
17051_3

似ているコナライクビチョッキリとは、前胸に縦のラインが入っていることと

メスでは後脚のふ節の長さで判断できます。


アザミホソクチゾウムシ。アザミの上で見たの初めてなので嬉しかった。
170512

17053


緑でキラキラして初めて見るゾウムシ!って間違えるのを何度もやってしまう… コフキゾウムシ。
17051_4


光の具合とか、個体によってとかなのか、すごくきれいに見えるときがあるんですよね。。。

「ちょっとちょっとー、間違えたとかひどいよー」
17052_3


2017年5月13日 (土)

オレンジ色が目立つムシ など

近場にて

先日、母がうちのほうに来たとき一緒に歩いていたら、道の脇にある花壇を見て立ち止まり

「ここの菊、なんで先端が全部折れてるんだろう…」と。

菊の先端が折れる原因と言えばあれしかない。探すといたいた。複数。

そして後日、カメラを持って行ってみた。

キクスイカミキリ。久しぶりに見るとすごく小さく細くかんじた。
17052


見つけたとき、私がわ~かわいいな~とか言っていたら、母は「花が咲かなくなってかわいそう」と

もっともな発言をしていた…

17051_2


近場の公園へ。

昨年は5/6にタケウチトゲアワフキを見ているけど、今年はどうかな?

いた~。トゲ付きで犬顔。
17051

2個体見つけた。よかったよかった。。。


アオゲラがいた。
17051_2

17052_2


赤い花のトチノキ発見。アカバナトチノキっていうらしい。
17051_5

======================================

ハエトリ

あちこちで、最近ハエトリをよく見かけるようになりました。

少し遠くの公園で、久しぶりのカタオカハエトリ♂。調べたら5年ぶり~。
17051

擬木の上を歩いていて、オレンジ色の脚がすごく目を引いた。

おもしろポーズ。
170523


ネコハエトリ。恥ずかしがってる風でかわいかった。
17051_3


アリグモ♂、300mmで1.4m離れて撮ってみたけど…。
17051_4


2017年5月 8日 (月)

ピリピリムード

あずまや

GWは素敵なあずまやに出会えそうな予感!と思っていたら、一つだけ出会えた。

道路脇に突然出現した、磐梯山を見ながら憩えるあずまや。
17051


アズマーになってみて思ったのは、公園や登山道にあるあずまやはカメラを向けるほどではなく

道端に突然出現する、休憩するつもりのない人が思わず寄り道したくなるあずまやが魅力的。

ってどうでもいい、本当にどうでもいい個人的ルール。

========================================

ピリピリムード

福島、裏磐梯には、まだ雪が残っていた。

夏鳥は姿もさえずりもあまりなく。

キビタキが縄張り争いで、きつい目つきになっている。
17051_2


縄張り争いの相手はコサメビタキ。キビタキを追い回して、私の目の前に。
17051_3

鶴ヶ城、日本の探鳥地に載っていたのでいちおう鳥のレンズをぶらさげて歩いていたら

観光客がものっすごい多くて鳥なんて探せないし、城もじっくり見られなかった。

散ってしまったあとの桜にコムクドリ。ほんっとにこの人たちは散ったあとのガクが好きだね!
17051_4


新潟の、すがすがしい高原にて。

ここでもキビタキが複数いて、縄張り争い。

2羽が同じフレームに。一触即発~。てか、ケンカしてた。
17053


新緑の隙間から撮ったら、ふわふわ。
17052


サンショウクイも。
17052_3


キバシリって久しぶりに見たけど、クチバシこんなに短かったっけ?若いのかな?
17051_6

2017年5月 2日 (火)

海にて 夏羽

たぶん2年ぶり?の船。お願いして乗せてもらいました。

ハイイロヒレアシシギのきれいな夏羽個体が3つもいた。。。
17042


2人で顔を見合わせてるような。
17041


1羽でぽつねんといたのは、換羽中の個体。
17043


おお~飛んだ~。
170434


アジサシ。
17041_2


流木に乗って仲良し。
17043_2


おお~飛んだ~。
17044


ハシボソミズナギドリは今回1羽しか見なかった。
17041_3


夏羽のシロエリオオハム。豆粒~。
17041_4


お世話になりましたみなさま、ありがとうございました。。。

« 2017年4月 | トップページ