サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

冬鳥ちらほら

あずまや

ちょっと前だけど、群馬の川沿いで、あずまやを見つけた。

161112


すごく好きな雰囲気!憩おうと思って近づいたら、イスが壊れていて座れなかった……

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
狭山丘陵の鳥

狭山丘陵を久しぶりにぶらぶら。

着いてすぐに、ルリビタキの声。

16111


複数個体いるのだけど、まだ到着したばかりで縄張りが定まらず、剣呑な雰囲気があちこちで。

ピリピリムードが漂う…

16112


残雪があり、キセキレイがいた。 しゃがんで、きもーち気配を消してみる。
16111_2


どんどん近づいてくる… やばい、かわいい… 

16113


16115


「ほら見て~こんなの食べるんだよ~」
16116


アオゲラが遠くに。
16111_3


ルリビタキ♂もいた。今の時期特有の高ーいところを飛び回る動き。

落ち着きがなくて、じっとしていない。

16112_4


まだ冬鳥は落ち着かないけど、これからいろいろ見やすくなりそうな予感…。

-----------------------------------------------------------------------
近場の鳥

久しぶりに行くほうの近場の公園にて、鳥を探す。

この周辺にもアトリが群れでいるらしく、降りてくるという池に行ってみて

この日は3羽しか見られなかった。

16118

16116_2


オナガが水浴びをしていた。本当に暗いところが好きだね。カケスもだけど。
16112_3

2016年11月24日 (木)

あとになって気づいた

数年前に撮影したハエトリグモ。

金色できれいなんだけど、極小。なんとなく、未知種だと思っていた。
120812

たまたま先日、コミナミツヤハエトリというクモに似ていることに気付いた。

「非常に珍しく超難関種」と書いてあったので、違うかも…と不安になって先生にお聞きしたところ

コミナミツヤハエトリで合ってるとのこと。 触肢が黒いのでたぶんオス。

私が撮影した埼玉県では初認みたい。

3mm弱くらいの小ささで金色で、まさに「砂金」。。。またいつか会えるかなー。


そして、同じ日にこんなヨコバイを撮影していたんだけど、これもまったく記憶になかった…。

120812_2

これはシロズオオヨコバイのメスで、茶帯型というやつと思われる。

ちなみにシロズオオヨコバイ♂はこう。

150713

別種みたいにちがうね~。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

以前記事にした、すたすた歩くクヌギシギゾウムシを撮影した日

シギゾウムシを見て最初に思ったのは、「お尻がへん!ブラシみたくなってる!」ってこと。

でもそのあと、すたすた歩きを撮影することに夢中になってしまって、ブラシの件は頭から抜けてしまい

しばらくしてから思い出して、画像を見直してみた。

すたすた歩きのクヌギシギゾウ♂のお尻。
161915

突出していて、毛束が。すごく違和感があった。(というか気持ち悪かった)


ブラシ状の毛束がつんつん尖ってる。剣山みたい。
161914


頭に浮かんだのは、蝶とか蛾のヘアペンシル。

アサギマダラなどの蝶のオスは、お尻からヘアペンシルというブラシ状のが出て

そこからフェロモンを出してメスを呼び寄せるんですよね。

で、「ゾウムシ_ヘアペンシル」とかで検索したけどまっったく出てこなくて…

なんか額の生え際を黒く描く、鉛筆みたいのがいっぱい出てきた。。。笑


以前撮った写真を、お尻に注目して見直してみることに。

ブラシ的なものは、クヌギ・クリ・コナラのシギゾウ3種に共通して見られるようなので

その種類分けは今回はさておき、口吻の長さから雌雄が分かるもののみ注目してみた。

オス。顕著な剣山がある…
15106


別個体のオス。
15113

 

メス。ちょっとブラシ。両脇からトゲ状のが。
14101


別のメス。
14105


メス。まったくない!ノー毛束。
15114


こうして見てみるかぎり、オスのブラシは長めで、メスは短めな傾向にあるよう。

サンプル数が多くないので、確実ではないけど。

なんなんだろう、このブラシ。

図鑑やネットで調べても、今のところまったく情報が得られず。


すたすた歩きのシギゾウは、同じ場所を何往復もしていて、見ていて気の毒なほどあわてふためいて

人間でいうと、切羽詰まってトイレを探してる人、みたいなふうだった。

メスを探してるのかな?と思ったり。

ブラシ状は、やっぱりヘアペンシル的なもので、フェロモンを出してるとか…。

でもそうだとしたら専門家の人がとっくに調べていそう。

もし何か分かる方いたら教えてください~。

2016年11月17日 (木)

群れでいるんだけど…

先日、写真展片付けの前に、森をのぞいてみた。

アトリとマヒワの群れが混じって飛んでいて、ハンノキにとまった。

右上にマヒワ、左下にアトリ。 (って書かないと分からなそうなのが悲しい)
16111

マヒワににらまれたアトリが、涙目で許しを乞うてるぽく見える。。。


アトリが上下に2羽。
16111_2


マヒワが左右に2羽。
16111_3


そして仕事の空き時間に、ちょこっと… 近場の公園へ。。。

ここにもアトリの群れ。 なんだけど、1羽ずつしか撮れない… アトリのメス。
16113


アトリのオス。
16114


池には違和感ありありのカモ。
16111_4


マガモとカルガモのハイブリッドですね。

16112

うーー、じっと見てたら乗り物酔いしたときみたくなった~~。


最近は、ムラサキツバメという蝶の開翅を撮るべくしつこく探しているのだけど

ムラサキシジミばかりが何頭も何頭も見つかる。

ムラサキシジミのメスと
16113_2


ムラサキシジミのオス。
16112_2


帰り際に、やっとムラサキツバメのオスの開翅を撮ることができた。わーい。
16114_2


2016年11月 9日 (水)

あおときいろとあか

先日、群馬の渓谷へ紅葉を見に行きました。

色づきはいまひとつのような…
16112


せっかくなので、鳥も探してみようと、車が来なそうな道を入ってみると

目の前にカケスが現れた。

車を停めて、今降りたら絶対飛ぶしなーどうしようかなーと思っていたら

その向こうにも鳥がいて、なんか実を食べてる。

アオバトであった。
16111


ずっと向こうを向いて実を食べてる…
16112_2


車なんか全然通らない道なのに、このタイミングで向こうから車がきて、飛んでしまった……


黄葉したカラマツに、アオサギがとまった。
16112_3


じーっとしゃがんで写真を撮っていたら、フィッフィッとベニマシコの声が。

オスメス二羽のペアで行動していて、私の頭上を通過~~
16111_2


16115


もじゃもじゃのところで食事をし始めた。
16114


この写真を見て、ベニマシコの名前に猿という文字が入ってるのが分かる気がした。。。
16113


2016年11月 7日 (月)

チョウや鳥やカエル

あちこちで撮った写真です。

近場の公園にて、ムラサキツバメを撮りたいと思って探してるのですが、見つからず。。。

開いてるのがいるーと思って撮ると、ムラサキシジミのほう。
16111


いじけて地面を見ていたら、後ろ向きで地面に潜ろうとしている、不思議なムシ発見。
16101


調べたら、ムネアカセンチコガネ。ちょっと貴重なムシぽい!
16102

でも、途中で潜るのをやめて、飛んでいってしまった。。。


上を見上げると、紅葉しかけたおもしろい葉っぱ。ナナカマドとか?
16101_2


最近ウラギンシジミをよく見かける。止まってくれたのは、メス。
16101_3

16102_2


==========================================

別の日。日本で確認されるのはごく稀なムシクイ、を見に行った。

16103


ムシクイと付く鳥は数種類いて、どれも似通っていて識別が難しいのですが

これは黄色味が強くて、個性があるほう。なので、見てみたいな~と思っていた。

動きもちょこまかして撮影困難なものが多いけど、比較的おっとりだった。

鳴き声は、メジロをかぼそくしたような。ピョーというような声を小さく発していた。

16105


桜の樹に手をつこうとしたら、なんかウズラの卵みたいのがくっついてた!

アマガエルかな。日光浴してるの?
16101_4


========================================

先日の土曜から、写真展始まりました!

まだ行っていない方、ぜひ今週末あたりお出かけください~。

で、秋ヶ瀬の森にて、見られたのは…

ムラサキツバメ。メス。開翅がやっと撮れた~。
16111_2


アカハラはたくさんいました。
16111_3


シメ。ムクノキの実を食べていた。
161112


マヒワも10数羽いたけど、落ち着きがない。2羽いるのが分かりますか…?
16111_4


2016年11月 1日 (火)

甲虫まだいた

この時期、しかも寒い日に、自分一人だったら甲虫なんて一つも見つけられないけど

みんなで歩いたらなんといろいろ見つかった。

というか見つけてもらった。。。ありがとうございます。

ハッカハムシは、ニホンハッカと思われるハッカの葉っぱにいた。
16101


よく見ると、触角と眼と脚が青いね。
16102


ベニカナメモチの葉上には、カシルリチョッキリが。この時期にチョッキリは嬉しいね!
161022


クチナガチョッキリも鉄柵の上にいた~。
16101_2

16102_2


ハッカの葉っぱで丸くなるヒメクチカクシゾウムシ。
16101_3

この、顔を隠してうつむく姿勢もちょっとコワイんだけど、肌の質感?トリハダぽさ?もちょっと苦手。。。


ヨモギハムシはけっこうあちこちにいた。
16101_4


畑の脇で、コガシラアオゴミムシ。これも一人では絶対見つけられない。。。
16101_5


渋い色合い、けっこう好みかも!
16102_3


カメムシの仲間では、コミドリチビトビカスミカメウスモンミドリカスミカメ。
16101_6


ミドリグンバイウンカもいた。
16101_7


大きな白い花。しょうがの花だと教えてもらった。爽やかないい匂いがしたよ!
16101_8


« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »