サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

擬木にてムシ

よくムシ探しに行くフィールドのそばにある、あずまや。
16191

この間、アズマー宣言をしてしまったので、写真を撮ってみた。

新緑の季節などにはここでちょっと休憩したり、お昼を食べたりするんだけど

今の時期は蚊がすごいので、憩うことなく退散。

先日も書いたけど、なんでもない場所にあるあずまやがとくに好きなので、ここはポイント高め。

そういえば沖縄の人はのんびり気質なのか、なんでもないあずまやでも人が休憩してる率高いなあ。


少し離れた場所にあるべつのあずまや。
16192


竹林がそばにあって、なかなか風情あり。

16194_2


周辺にてムシ探し。

地味すぎるゾウムシ発見~。
16091_2


ヒサゴクチカクシゾウムシ。見た目もだけど存在も地味。。。

16092


16094


ツツジ地帯にて、ツツジコブハムシがたくさんいた!

16195


16192_2


ぱかーんは、また今度じっくり撮ろう。。。
16194


正面顔、好き。フンのかぶりものしてるみたい~。
16193


この日はシギゾウムシもたくさんいた。

これはコナラシギゾウムシ。
16091


ぱかーっとしたのが撮れたんだけど
16092

右の後翅、Zみたくなっている。

鞘翅の中で、後翅はZ状になってしまわれているんだね。


不思議な歩き方をしているアリがいたのでじろじろ見てみると
16091_2


……あーーー!!

脚に頭がくっついてるじゃん。別のひとの頭がー。
16092_2

これ、死んでも離さないぞ!ってやつじゃん。。。

すごい歩きづらそうだし、気になって仕方ないってかんじだった。

ちょっとしか調べていないけど、生きてるほうはイトウオオアリっていうのが一番近いみたいで

脚にくっついてるのは別種ぽい。

2匹の間に何があったんだろう。。。


クヌギシギゾウムシ。ここでは初めてかも。
161901


と、ここで、前からやってみたかった撮り方をしてみよう!と思いついた。

それは……

…内容があまりに散らかってしまうので、次回にします~。


2016年9月24日 (土)

鳥が……

秋の渡りで鳥が入ってきているので、久しぶりに森へ行った。

最初に行ったときには人が20人弱いて、ツツドリやムシクイなどが一ヵ所に入ってるらしい。

双眼鏡を使うのも久しぶりだし、鳥が見つからないんだよね。。。

「どこ?どこ?」とか言ってばかりで。

みんなのシャッター音が響く中、一人でぼんやりつっ立ってるっていう。。。

で、数日後同じ場所に行ったらもう誰もいなくて、ツツドリは3羽いた。

16092


どうやらツツドリブームはもうすっかり去ったらしく

別の場所にてサンコウチョウとかキビタキがブームになっていた。

うーん。夏の間、虫撮影ばかりやっていたので、鳥が… ファインダーに入らないんです。。。

このままじゃヤバイ、と思い、また別の日に森へ行ってみると

だんだん鳥が見えるようになってきて、ファインダーにも収まるようになってきた。

キビタキ♂がなんとか撮れたけど。微妙。。。
16092_2

16091_2


アカゲラ♂も今年はもう姿を見せている。
16091_3

16092_3


鳥に慣れて春になると、今度はまた虫撮影が難しくかんじるんだよねー。


田んぼでムシ探ししてみようーとぶらついてみた。

サクラタデが目立っていた。
16091_4


ツバメシジミが来た。
160912


ルリクビボソハムシかな?
16091_5


かわいい花にマダラヨコバイ。にらむよね~。横目でにらむよね~。
16092_4


アオクサカメムシ幼虫。赤青黄色でカラフル。
16091_6


ポップな色合いにしてみた~。
16092_5


アジアイトトンボのメスかな。
160913


よく見ると、食べられてるキジラミみたいなの、ちょっとかわいい。
160912_2


2016年9月20日 (火)

身近なムシ

今の時期の河川敷ってどんなムシが見られるのかな~と、ぶらぶらぶらついてみた。

河川敷、日陰がなくて。。。風も通らなくて草いきれが、むああ~。

暑い。。。着いてすぐ、もう帰ろうかなと。

帰る前にまあちらっとそこら辺を見てみよう… としぶしぶあたりを見回すと

オニグルミの葉に、なんかいいヨコバイを見つけた。

16091

ヒシモンヨコバイの一種。

ヒシモンヨコバイの仲間には、アライヒシモンヨコバイとかオオヒシモンヨコバイなどいて

ちょっと区別がつかないので、ヒシモンヨコバイの一種とさせていただきました。。。


葉っぱの上にはドウガネサルハムシの銅金いろバージョンと
16092


青色バージョン。
16093


ヤブガラシで仲良く一つのお花を分かち合うトビイロシワアリ。
16091_2

よく見ると、ときどきこぜりあったりしておもしろー。


珍しいものはいないけど、なんか今の時期って逆に楽しいかも…!

オンシーズンだと、とりあえず今はいいかなーと通り過ぎてしまう身近なムシを

今の時期、じっくり観察したりゆっくり撮影したりできる。って、去年も同じこと思ったんだった。

めっちゃ楽しくなってきた!


ちいーさなハエトリがいた。チクニハエトリかな?
16091_4


几帳面に並べて卵を産んでいた、シロヘリクチブトカメムシ。
16091_5


卵、よく見ると歯車みたいなギザギザが。
16092_3


石の間を、ささ!ささ!と走り回る、小さなムシ。撮ってみるとコメツキ。
16091_3

たくさんいたけど全然撮れない。。。


アリ状の生きものが、私の視線に反応してすばしこく動いた。

アリは人の視線ですばしこく動くということはほぼないので、アリじゃないな。アリグモかな?

よくよく見ると、カメムシ幼虫。
16091_6

ホソヘリカメムシ幼虫かな。

顔にトゲというか、ぽよぽよしたものが生えてるんだね。
160912


アオモンイトトンボ。久しぶりに見た。
16092_2


帰りに、駅の近くの緑地をのぞいてみたら、サルスベリの樹がぼろぼろに剥げていて

なんかいるかな~とじろじろしてみると

あ!見たいと思ってたキマダラカメムシ幼虫!終齢かな。
16091_7

この押しボタン付きみたいなの、見たかったんだ~。

ってかほんとは押しボタン押したいけど、臭いの出そうだからやめとく~。


成虫もいたし
16091_8


4齢幼虫?もいたよ。クサギカメムシ幼虫ぽいです。ジダンさん、まーくさん、感謝です!
4

2016年9月12日 (月)

タマムシ など

知り合いのブログで見て、「これ見たいな!」って思って心に残るものってありますよね。

かと思えば、「これ見たいです~」とかコメントに書いておきながら

すっかり忘れしまって「こんなのいるんですね、知りませんでした!」と

新鮮な気持ちで書き込んでしまったり。。。

で、覚えてるほうのやつで、ムネアカチビナカボソタマムシっていうアカメガシワに付くタマムシがいて

アカメガシワがあるとなんとな~く気にしていたんだけど

先日偶然見つけることができた。

ムネアカチビナカボソタマムシ。胸が赤くチビっこい中細な玉虫 ということです~。
16093


大きさは、4mm程度。。。

暖地性らしく、千葉神奈川あたりだとけっこういるみたい。

16096

16098

----------------------------------------------------------------------------

別の日、山にて。ヨコヤマヒゲナガカミキリ見れた~。
160918


ちょっと遠かったけど、なんとか写真が撮れた。

いやーうれしいなあ!よかったよかった!

……って不自然に喜びすぎですかね。

ブナの高いとこ、3mくらいのとこにいて、カメラを向けた直後すたたたーーと登って行ってしまった。

撮れて嬉しい!でもしょぼ写真しか撮れなくて悲しい!の複雑な気持ちに。

なので、撮れて嬉しいのほうを前面に押し出してみた…

ちゃんとした写真は、また来年かなあ。。。


オオヒナノウスツボ。ぎりぎり終わりかけのを見ることができた。
16091
「まーたらーいねーーん」

2016年9月 2日 (金)

アズマー など

あずまや、ってなんか好きなんです。

日本庭園にある風情のある建物のほうのあずまやが好きというわけではなく

公園とか、道端とかでよく見かける、コンクリート製だったりする

ただ柱と屋根があるというだけのあずまや、「四阿」ってかんじのあれが好き。

車で走ってたりするとおもむろに現れるあずまや。

ここに必要?というような場所に設置されたあずまや。

座ってゆっくりしてったらいいじゃない、急ぐことないじゃない、と語りかけてくるような。そんなあずまや。

あれを見ると、座ってぼーっとしたい~憩いたい~という衝動にかられるんです。

で、あずまやを見たらとりあえず座ろう、アズマーになろう、と気まぐれに思い立ち

あずまやコレクションをしてみることにしました。

何回続くのか。1回で終わるのか。それはまあ気分次第ということで。。。


乙女湖を見おろす高台で見つけたあずまや。

といっても、ここではとある事情があって座ってくつろいだ時間は1分。

16091


あずまやに座ってお昼を食べよう!やたー!と喜んでいたのもつかの間。

人馴れして、エサをもらうことに慣れてしまったようなキツネが現れた。

ずんずん近づいて来る。たぶんパンとか食べ始めたら、食いつく勢い。だめだこりゃ。

諦めて移動することに。

机の上にとり水筒を置きっぱなしにしてたら、キツネが机に登って水筒をガジガジと。うわー。。。

エサをあげた人間が悪いんだよね… と、友だちと複雑な気持ち。しょんぼりモード。

16092
あずまやとキツネ。

------------------------------------------------------------------------------

高原では、マツムシソウやワレモコウなど秋の花が咲いてた。

先日知ったアケボノソウ、ここでも会えた!
16091_2


アリンコが蜜をなめてる!

160912


クジャクチョウ、久しぶりに見た。
16091_3


これは、ゲンノショウコかな?
16091_4


ハナイカリ。
16091_5


ルリマルノミハムシ付き。
16092_2


« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »