サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

マダラ多め

お仲間たちと山梨へ。

朝、ムシが少ない。その辺に転がってる粗朶を見るけど、なんにもついてない。

セミがいた。よく見ると金色とか入ってきれい。
16071


コエゾゼミと思う。

あ!背中に蝶ネクタイした猫がいる!

蝶ネクタイした猫の部分を拡大↓
160712_4


フタコブルリハナカミキリ。なにげに遠めの写真しか撮ったことなかった。
16071_2


9時半くらいから急にいろいろ見つかり始める。

ゴマダラオトシブミ。撮りづらい場所にいたんだけど、かえって好きな雰囲気の写真になった!
16072


ブービエヒメハナカミキリ。わーい、初だ~。ぶーびえぶーびえ~~。
16071_3


ツチグリというキノコ。ミカン、皮むいたまま忘れて1年経っちゃった!っていうわけじゃないです。
16071_4


サルナシのつるをじろじろしていたら、小さなアリがくっついてた。

よく見るとアリモドキっぽいけど、アリかも。小さすぎてよく見えないので放置。。。

他もじろじろしたけどなんも見つからないので、アリモドキ、小さいけど撮るかーと

重い腰を上げて撮影してみると、アリでもアリモドキでもなく。カッコウカミキリ。
16071_5

去年も撮ってるけど、これ好きなカミキリなので何度見つけてもうれC~。


ゴマフキマダラカミキリも見つかった。
160712_2


160722_2


別の立ち枯れにもいて、そっちがポトリとしてうまく撮れなかったあとだったので

この日一番の盛り上がりに。

何が見られるかよりも、どういう状況で見られるかで、わくわく感てまた変わるな~とつくづく。


なんか模様の入ったコメツキ。キマダラコメツキかな。この日は3個体くらい見た。
16071_6


ヤナギにはミドリトビハムシがいた。
16071_7


登っていったところにちょうど陽が当たって、きらきらしてた。

160722


2016年7月27日 (水)

低山にて

7月中旬。連休。またいつもの低山へ。。。

前日の雨で樹がびしょびしょで午後になっても乾かない。

マスダクロホシタマムシ、久しぶりに見た。
160722


ウリハムシのようでウリハムシでない。これ最近よく会う。クビアカトビハムシかな。
16071_4


ノコギリカミキリ。この手の黒光り系、ちょっと苦手。。。
16071_7


ニセノコギリカミキリって撮ったことないから、念力でニセにしようと思いながら画像をチェックしたけど

ノコギリカミキリであるという分かりやすい特徴の、後肢脛節の溝がおもきし写っていた。。。

これですよね、溝。
16072_4


伐採木にいたのは、チャマダラヒゲナガゾウムシ。
16071_6


メレンゲに焦げめをつけました~っていうお菓子みたいなキノコ。フクロツルタケかな。
Photo

猛毒らしい。。。


道の脇の落ち枝をじろじろしていたら、ヒゲナガカミキリがいた。

でも枝の裏側にいて撮れない。

ポトリ防止策で、折りたたみ傘を広げて、枝を裏返す… と、やっぱり落ちた!そして飛ぼうと!

勇気を振り絞って、むんずとつかまえ、そして枝に乗せる。

「ごめんごめん、ちょっとちょっと」とお願いしてみると、飛ばずに、しかもポーズまでとってくれた。

16071_10


じめっと薄暗いところに、紫のお花、イワタバコが咲いてた。
16071_8


葉っぱの上でじっとしてるオレンジ色のムシ。
16071_9


力こぶで有名なルイスアシナガオトシブミ。久しぶりでした。

16072_5


2016年7月22日 (金)

虎視眈々

二週間近く前の週末のこと。

ちょっとした山にて、見つけた小さな花。
16071

バイカツツジでしょうか。見たいと思っていたので嬉しかった。

山では、同じムシ目的のお友だちに会った。いろいろ教えていただき、感謝です~~。

------------------------------------------------------------------------------

そして、近場の公園にて。

手すりにハエトリ。マツモトハエトリだ~~。4年前に1度見たきり。
16071_2


腕の長ーいオスの成体見たいな~。またこの辺をチェックしてみよう。

16072


公園では、お久しぶりのお友だちと、初めましての虫撮りさんにお会いした。

ヤンマを探しているとのことだったけれど、この日はヤンマには涼しすぎたみたい。


エゴヒゲナガゾウムシ、出てるころかな~と思って探したら、あちこちで見かけた。

いつものようにメスが実に穴をあけ、オスがそれを見守る。(監督オス)
16071_3


周りの枝を見ると、そのペアに割り込もうと目論むオスがじっと見ている。(虎視眈々オス)
16072_2


虎視眈々オス、じわじわとペアに近づく。

あ!ここで思い出した!オス同士が、ひらべったい顔をぴたっとくっつけて

顔の大きさを比べるのか、眼の離れ具合を比べるのか、とにかく顔比べみたいのをするんだよね。

あれ、撮りたい!と、粘ってみる。。。

虎視眈々オスが邪魔しに来た!
16073


うわうわ早い… あっという間に顔比べをして飛び去ってしまった。

早すぎて、どっちが負けたのかもよく見えなかったけど、たぶん監督オスが残ったんだろな。

しかし、虎視眈々オス、また離れたところで機会をうかがっている。これはまた来るな。

しばし待っていると、また来た!

わわわ、早い~。撮ったけど、うまく撮れてない~。
16074

オス同士、顔をぴたっとしてるの、見えますか?


また来るまで粘る。。。 もはや私が虎視眈々メスになってる。。。

来た! あ~~今度はボケてるし後ろ姿~~
16075

と、1時間ほど粘ったけれど、結局撮れず蚊に刺されまくったので今日のところは退散!

2016年7月19日 (火)

ヒゲ長め

10日ほど前、平日に時間が空いたので、いつも行く低山へ。

公私ともにっていうんでしょうか、参ってしまうことばかりだったので、とにかく気分転換したく。。。

セマダラコガネとアジサイ。
16071


伐採木に、初めて見るゾウムシ。シリジロメナガヒゲナガゾウムシ。
16071_9


アメイロハエトリもいた!未だ2回めの出会い。
16071_3


ウスモンオトシブミが、ぶらーー。
16071_4


別の伐採木にて、ノコギリクモゾウムシ。眼がくっつきすぎ。
16071_5


ちょっと遠めの場所に何かいるので撮ってみると、ヒゲナガゴマフカミキリ。意外と脚が長い!
16071_6

崖っぷちみたいなとこで写真撮ってたら、たぶん中国の方が「キヲツケテネ!」と気づかってくれた。。。


階段にいた交尾態。アトジロカレキゾウムシでしょうか。
16071_7

これを撮影中にも、外国人の方に「ナニカドウブツガイマスネ?」とか聞かれたけど

いやー4mmくらいのカレキゾウムシ紹介できないわー期待に添えてる気がしないわーと思って

いえいえなにも~ととにかく笑顔でごまかした。


ルッキング先生のブログで、アブラチャンの立ち枯れにてのヒゲナガヒメルリカミキリが載っていたので

立ち枯れを重点的にチェック。

いた。。。ヒゲナガヒメルリカミキリ。見たかったので、めちゃ嬉しかった。
160712

鞘翅のくすんだ水色が和風な色だなあと思う。

すっごい暗くて、同じような写真になってしまうので

つんつんとしてちょっと明るめのほうに誘導したら

ひとしきり迷惑がったあと飛んでいったんだけど、写真を見たら産卵してたぽい。

うーん、産卵中につんつんして悪いことしたなあ~、と反省。


2016年7月12日 (火)

草原性のムシ

2週間ほど前の話になります。。。

オオルリハムシ+カミキリ2種、をいっぺんに撮ろうという魂胆で、箱根方面へ。半日の予定。

というかこれは去年も目論んで、去年はオオルリハムシのみ撮れたので

今年はカミキリ2種を優先して探してみる。

この日は全体的にムシが少ない。。。

かわいいハムシがいるーと思って撮った。ジュウシホシツツハムシかな。
16061


セオリーでいったら、写真の条件としてよくないわけだけど

ぺかっと晴れた日差しの下の生きものの姿って好きだなー。

そういう日の当たる場所にいるのか、それとも日陰にいるのか。

そのあたりも含めて写しとりたい。  できれば、だけど。。。

160622


で、撤収予定の昼になっても目的のものは見つからず。

3種どころか1種もだめじゃん… と思ってたら

いた!ヒマワリの種ちゃん!

16064


アサカミキリ。2頭見つかった。

16063


16065


最後の最後に見つかるのって、嬉しいね!

-------------------------------------------------------------------------------

さらにさかのぼって、一か月以上前。。。河川敷にてムシ探し。

マルモンサビカミキリ、見たいと思ってやっと見られたその翌週に、全然違う場所で偶然見つかった。
160612_2

一度見られると続けて見る現象、誰しもが経験してますよね。

なんだろう、ほんとにこれって。


ヘリグロリンゴカミキリはヨモギにたくさんいるんだけど、いつもいつも葉裏で

たまに表にとまったと思ったら、たいがいすぐ飛ぶ。
16061_5


アオバネサルハムシ。サルハムシのこの、がにまたがたまらない。。。
16063


ナガカツオゾウムシ。なにげに初だった!
16061_4


« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »