サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

富士山方面にてムシ

更新がずれ込んでおります。。。

富士山方面にムシムシ探しツアー。お仲間にお声かけいただき。。。

現地では、お久しぶり!の方や、初めまして!(ウェブでは拝見してます!)の方にも会って

いろいろ教えていただいたり、ムシ談義をしたりで、楽しく。


それから今回は自分ではあまりいいのを見つけられなくて、同行のお仲間に頼りきりで

人という字で言ったら、ノ こっちっていうの?寄りかかる側っていうかんじ?

でもそこは、ありがたいことだ~と素直に感謝あるのみです。。。


新しい、針葉樹メインの土場にて、ホンドニセハイイロハナカミキリがたくさん。

16061


タマムシいるよ~とのことで行ってみると、ヤマムツボシタマムシ。

16065


わーいわーい、うまく撮れてないけど、わーい。

16062

16064


前回こぶたちゃんと書いた、マツコ、あちこちにいた。
16061_3

マツコブキクイゾウムシです。。。


ナガアナアキゾウムシもいた。
16061_4


イタドリにドロハマキチョッキリ。
160663


16065_2


この周辺のイタドリにだけ、オトシブミが集まっていた。

ルリオトシブミと思う。
16062_2


ガマズミに、セダカシギゾウムシ。何頭かいた。
16061_5


以前撮ったのもセダカシギゾウだったんだなあ。。。

16062_3


これなんだろう… と悩んでしまった。
16061_6

フタスジハナカミキリ富士山タイプというのがいるらしく。その黒化型だと思う。


お友だちが見つけたキノコ~。こうゆうランプありそう~。
Photo


これが… いくら調べても正体不明。。。
160612

保育社(Ⅲ)を5往復くらいしてしまった。どなたか分かる方~。
(オビモンマグソコガネかなと思われます。Sodaさん、ヘムレンさん、ありがとうございます!)


クロコブゾウムシ。これがクロコブでなくて何がクロコブなんだ!ってことで命名したんだろうな~。
16061_7


オオキボシゾウムシかな。自信なし。あは。
16061_8


見られそうで見られなかったシラフヒゲナガカミキリ。ありがたや~。
16061_9


オオマルクビヒラタカミキリ。何か違うやつかも!と思って一生懸命撮ったけど…
16061_10


これはヒメマルクビヒラタカミキリ。ですよね… 顔がかわいい~。
16061_11


交尾態。これもヒメかなと思うけど。。。
16062_4

みなさまありがとうございました!

2016年6月20日 (月)

ゾウムシ多め

奥多摩方面で、新しい場所を開拓しよう~と歩いてみた。

ブドウの蔓にいたゾウムシ。たぶんツヤケシヒメゾウムシ。
16062

16061

これしか見つからないので、標高上げて、結局いつも行くところに行ってしまった。

ちょっと歩いて、虫が少ない。

ヒゲボソゾウムシだけは大量にいる。キュウシュウ、ハダカ、旧リンゴコフキ。

ゾウムシのいる風景。。。
16062_2


キンムネヒメカネコメツキがいた。金胸がいいね。
16061_2


去年の同じ時期に、コゴメウツギがほぼ終わっていた場所、今年はちょうど咲いてる。

パッと見よさげムシはいないんだけど

日陰にてぼーっとしてたらじつは細いハナカミキリがたくさんいた。

16061_3

前胸が黒いので、ハコネホソハナカミキリかも!と喜んだけど

結局何もつかないホソハナカミキリであった。。。

お腹が見えて、雌雄も分かって、同定しやすくていいわ~これ。
16062_3


頭上の葉裏に見たことないカミキリ。小さい。前肢が赤いのが目立ってた。

16061_4

これなんだっけ?

全然名前が浮かばない。。。

なんか存在が地味っていうか… 図鑑やウェブで目にしてるはずなんだけど見えてないっていうか…

チビハナカミキリっていうらしい。
16062_4

このような黒くて小さなムシが、カミキリというだけで急にありがたくなるとは。。。


派手めなヨコバイを発見。同定できず。
16061_5


タマムシ。かわいかった。これも名前分からず。。。
16062_5

16063


キクイゾウムシでこんなに口が短いのいるんだ?!
16061_6

こぶたちゃんみたい。

マツコブキクイゾウムシ。だと思う。

16062_6


クチブトヒゲボソゾウムシ。頭が剥げてる。。。
16063_2


ダルマカレキゾウムシかな。けっこう小さかったな~。
16061_8


ここではほぼ100%会う。ユリコ姫。
16061_9

ユリコヒメクチカクシゾウムシです。。。


なにげに楽しかったな~と駐車場まで歩いていたら、ドロハマキチョッキリがいた。

160612


都内では今まで紺色タイプしか見たことなかったので嬉しかった…shine

16063


最近ゾウムシをよく見かける気がする。。。

そのわりに写真がパッとしないんだけど。。。

2016年6月15日 (水)

ヒゲボソゾウムシ

ちょっと変わったゾウムシを撮影したのでその話を。。。

今年の4月下旬、森にて、お仲間の服にゾウムシが付いてた。

草に移して撮影。。。
160612_2

16062


真横から見ても毛はなし…
16063


「これ初めて撮るやつだー」と喜んで撮ってたんだけど、「…でも、じゃあ何?」となってしまい

あれこれ調べても結局よく分からなかった。

一番似てるかなと思ったのがツノヒゲボソゾウムシ。

ツノヒゲボソゾウムシはいろいろタイプがあるんだけど

mundus型という、以前ウスイロヒゲボソゾウムシという名前だったもの。似てませんか?
16062_2


でも顔が違うなーとか思って。

これがツノヒゲボソゾウムシの顔。
160612

眼が小さくて離れていて、前のほうに付いてる。


これが今回の顔。かわいさ割増し感あり。(個人の感想です)
160622

よく見ると鱗片なんかも全然違うかった。。。


しかも、ツノヒゲボソmundus型は平地にはいないらしいので、その点でも違う。


なんなんだろう…あれ… と思いながら2か月が経ち。。。

いろいろ調べるうちにたどりついたのが、ゾウムシに特化した書籍。

2016_2


すごいよまじで!この本… The Insects of Japan

vol.2とか、クダアザミウマ亜目だけだよ!クダアザミウマってなに!

推しといてあれだけど、ちょっと高価だったりしてあれなので、いつものごとく図書館で借りまして…

で、調べてみたら例の個体は、触角・顔・脚・上翅 などハバビロヒゲボソゾウムシという

ゾウムシの特徴にぴったり。

ハバビロヒゲボソゾウムシは、発生が局地的で「埼玉・東京・滋賀から採集され、浦和市では

荒川の河川敷に生えるオニグルミから採れている」とのこと。

まさに撮ったの荒川近くといえば近く!

ネットで調べると、渡良瀬とかあちこちで採られてるみたいだけど

月刊むしには、2007年に神奈川で初記録、とか書いてあったし、局所的なようですよ。


ということで、話が長くなったので今回はこれだけで〆ます~。

2016年6月10日 (金)

カマツカにムシ

先日、久しぶりにお仲間たちとムシ探し。山梨方面へ。。。

あー同定に時間かかったーー。

キュウシュウヒゲボソゾウムシ。でいいんですよね。。。
16061


コゴメウツギに来ていたピドニア。ニセヨコモンヒメハナカミキリかな。
16061_2


花の上にいる写真が撮れてない。。。
16062_3


糞虫が歩いてるの見っけた!マエカドコエンマコガネかな。
16063

なんかおもしろ~。

糞虫っておもしろデザインのが多いのにあまり会えないから、見つけると嬉しい。

眼はどこだろう。。。あ、あれかな?
16061_3


これはケブカトゲアシヒゲボソゾウムシでしょう。
16061_4

リンゴコフキゾウムシが名称変更してたって、今さら知った。。。


ピックでもなく、アカイロでもない、ニセハムシハナカミキリがいた。えとえとなんだっけ~!?

何もつかないニセハムシハナカミキリであった。
16061_5

初めて撮ったし、しかもカマツカの花の上で嬉しい!


これはホソガタヒメハナカミキリ♂でしょうか。
16061_6

前胸の前縁後縁が褐色で、H紋がなくて… Lmは三角じゃないし… とか

すっごいいろいろ調べて、最後のほう、すごくつらくなってしまった。

もうやめたい… でもここまで調べてやめたらモヤモヤするし~ と、悶絶。。。


ハダカヒゲボソゾウムシ。今まで会えそうで会えなかった。裸だ裸だ~~。
16061_12


大きいゾウムシ!と思ったら、オオクチカクシゾウムシというらしい。
16062


さすがの貫禄!といったかんじで微動だにしないのであった。
16061_7


小さなゴミムシ。ヨツボシヒラタゴミムシかなと思う。。。材にいた。
16061_8

16062_2


チャバネセダカシギゾウムシ。このような写真だけでポトリ~~。
16061_9


セボシヒラタゴミムシ。なんかきれいかも。
16061_10


アカハムシダマシ。アオはよく見るけどアカもキレイ。
16061_11


なんだかんだで初めて見るものにたくさん会った。。。

ありがとうございました~。

2016年6月 7日 (火)

ジュウシホシテントウ?

ムシ写真が圧倒的に多いこの頃ですが…

かっこいい、かわいい、と思うムシの種類がどんどん増える一方なので

撮影する種類もどんどん増えていきます。。。


ちょっと前に、山梨でぶらぶらとムシ探しをしたときの写真を。。。

ヤナギハムシが複数いた。
16051

本当は赤いハムシなんですが。去年も今年も白っぽいのしか見れない。

羽化して時間が経たないと赤くならないのかも。


ちょっとだけ、こっちのが赤いかな。とまってるとこひどいけど。笑
16052


この日は新たなポイントを開拓しようと、行ったことのないところをうろついたのだけど

なんかパッとしない。めげる…眠い…

私がよく見ているブログの人たちも、「今日はだめだった」とか書かれているのを見るので

みんなこんな日もあるんだよね、いい日ばかりじゃないよね、とか思ったり。

ヨツボシナガツツハムシ。
16051_2

以前、このハムシのことを「すごい大きい、3cmくらいあった」と話したら

3cmもあるハムシ?!と笑われてしまった。

たしかに!あっても1cmだよね。話盛りすぎー。こわいわ、盛りすぎてる自分がこわいわ。


はかなげな雰囲気のムシがいた。キアシクビボソムシかな。
16051_3


イボタの花が咲いていて、トゲヒゲトラカミキリ、ホソトラカミキリなど来ていた。

イボタと言えば… の、ウラゴマダラシジミも。
16051_4


近くにいたテントウ、かわいかったので撮ったんだけど。ジュウシホシテントウでしょうか。
16051_5

図鑑で見るとジュウシホシテントウが一番近いんだけど

「ジュウシホシテントウ」で検索すると「シロジュウシホシテントウ」ばっかり出てきて

全然たどり着けず、2つしか画像が出てこなかった。

こういうとき、どうやって検索するの?そしてこれは、ジュウシホシテントウで合ってますか?

レアなのかな?

ということで、思い切ってタイトルにしてみましたが、間違っていたら即変更しますので

分かる方教えてください~~。


追記です。学名Coccinula quatuordecimpustulataで検索したらたくさん出てきました。

お騒がせしました。。。

詳しい文献を見ていませんし、このような写真で同定できるわけではないのですが

紋の位置(4つが3列、その下に2つ)、上翅の形状等から、暫定でこれが一番近いと思われます。


ウツギには、また、ヒレルホソクチゾウムシ。
16054


土場をのぞくと、カミキリが。キイロトラカミキリとかキスジトラとか。。。

ダンダラカッコウムシ。トゲトゲがちょっとこわい。持ったら痛そう~。
16051_6


マツアナアキゾウムシ。大きい。3cmはないけど…。
16051_7


16052_2


ミドリカミキリもいた。
16051_8


オオコクヌストかな。これけっこう好き!かっこいいようなまぬけなような。
16051_9


2016年6月 2日 (木)

いぶし銀カミキリ

見られそうで見られていないムシ、まだまだたーくさんいて

そのうちのひとつ、マルモンサビカミキリが見られそうな場所をお聞きしていたので

家から近いほうのポイントに行ってみました。


このカミキリは各種広葉樹につく、とあるけど、私が行ったのはクワ地帯。

ここは実家から近い場所で、通学路にもたくさんクワ畑があったので、すごく懐かしい。

今度、子どものころの通学路を歩きながら、カミキリ探ししてみようかな~。


途中、ぶらぶら歩いていて、葉の裏にきれいな蛾を見つけた。

ウスキツバメエダシャク。和風なデザインで着物の柄みたい。
16051


伐採木がちょっと積んである地帯をのぞくと、ホタルカミキリが走り回っていた。
16051_2

このカミキリ、上品なかんじで好きです。


で、クワ地帯にて、マルモンサビカミキリを見つけることができた。。。
16051_3


どれもこれも枝の裏側に付いていて、立て続けにポトリしてしまい焦ったけど

複数個体見つけられてなんとか撮影。

全体的に白と黒のつぶつぶで覆われていて… 丸い紋も、きれいなまん丸で… 素敵。。。

そして、このすらーっとした縦長フォルムが、他のサビカミキリとは違うんだよね~、…と

今まで見られなかったということで、ものすごいひいき目に見てしまう自分がこわいです。

16052


クワナガタマムシもいた。渋いな~。
16051_4


未だ記憶に新しいところで、また景色吸いです。クロハナケシキスイ。
16052_2


シラオビゴマフケシカミキリもいた。これもまだ一度しか見たことない。
16051_5


まさにゴマです。白ゴマです。
16052_3

教えてくださったお知り合いに感謝です。。。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »