サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« フユシャク・シノリガモ | トップページ | カワセミ など »

2016年1月12日 (火)

キクイタダキ など

久しぶりに秋ヶ瀬に行きました。

しばらくぶりでお仲間のみなさんに会いたいと思ったけど、意外と人が少なかった。。。

もっと頻繁に行くようにしよう、とまた今年の目標がひとつ増えた。。。


最初、湖の方からぐるっと。

アリスイいないかなーと探したけどいないので、立ち去ろうとしたら「ちょっと待ったー!」とばかりに

アリスイの高らかな鳴き声。こういう現象ってたまにあるよね。

で、ちょっと待ったら出てきたアリスイ。
160112


ベニマシコはけっこうあちこちで鳴いていて、ちょいちょい出てくれた。

メスが多い。
16013_2


ベニマシコのオス。メスはよく出るのに、オスはすぐに隠れる。
160112_2


飛んで上に出たとこ。
16012


森に移動して、キクイタダキ探し。人だかりがあって、そこに数羽いた。

めずらしく低いところに!
16016


16014

16015


最近思ったこと。「キクイタダキ」っていう鳥の名前は「菊」「頂」で

頭頂部が菊の花びらのようになっていることから名前がついていて

それはバードウォッチャーの間では有名な話なので

鳥の写真を撮る人はつい、その名前のとおりの「頭頂部の菊の花びら」を撮らなくてはならないという

義務感というか刷り込みのようなものがあるんですよ。

でもそれって、一般の人が写真を見たときには、けっこうどーでもいいことなんじゃないかなと。

いちいち「菊の頂でね…」と説明しないと分かんないし。説明しても、「へーー」ぐらいかも。

私は頭頂部が撮れるとやっぱり嬉しいんだけど。でもあまり拘泥しすぎることはないのかも、と思った。

そういう業界あるあるみたいなことって、どの業界にもありそう~。


「これがその『菊』なんです~」
16011

« フユシャク・シノリガモ | トップページ | カワセミ など »

コメント

そう言えば最近MFではお会いしませんね~。(笑)
って自分もあまり言ってませんが・・(^^;)
キクイタダキ、随分いい位置に出たんですね。
羨ましいです。
24日に公園主催のBW会があるので私はその時にでも改めてチャレンジします。

そのアリスイ、きっとオスです。
私は声をかけられたことがありません。
最近アリスイ見てないなぁ。

キクイタダキの頭頂部にこだわらずに撮る、良いですね。
私なんかこだわっているのに頭頂部が撮れません。
こだわってもこだわらなくても、撮れるときは撮れるし、撮れないときは撮れないと思わなくてはね。
悟りでしょうか、あきらめでしょうか。

ジダンさん、写真展のとき以外、しばらく行ってなかったです。。。
ジダンさんはちょいちょい行かれていますよね。
田んぼ、森、湖と見る所も多いですし、また行こうと思いました。
キクイタダキは、低くて近くて、ツイてましたよ~。

normanさん、帰ろうとすると鳴き声が聞こえる現象って
たまにあるんですが、声はしたのに結局出ない…っていうことも
よくあるんです(^ ^;

頭頂部はやっぱり撮りたいですよね。
中のオレンジのとかね。
あと、キクイタダキってホバリングの姿がかわいいので
あの姿をいい感じで写し撮れたらいいなーと思います。

キクイタは低いところで良かったですね!
可愛い感じに撮れてますね。
やっぱしパッと開いたキクの花びらを撮りたくなります。
アリスイやベニマシコにも会ったんですね。
たまに行った方がいいのかもですね。

moto8さん、キクイタダキは久しぶりに低いところにいるのを見ました。
開いたところ、私には撮れる気がしないです…(^ ^;
アリスイ・ベニマシコは、今回運がよかったみたいです。
運が悪くて何も見られないまま帰ることも
私の場合はよくあるので。。。

キクイタ撮れましたね。
カワイイです。
忙しく動き回り、おまけに上の方ばかりで、
お腹だけのカットが数枚でした(^_^;)
ベニマシコもアリスイもだめだったし、
やっぱりじっくり探さないとだめですね。

tokiさん、キクイタはずっと動き回ってますよね。
しかも常緑樹の奥の方。。。
おとといも行ったですが、私は今回もルリビタキやトラツグミは
会えませんでした~。
タイミングなんでしょうね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フユシャク・シノリガモ | トップページ | カワセミ など »