サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 最近の地味系 | トップページ | 岬のタカ »

2015年10月 6日 (火)

シギ・ミミズク(虫の)

久しぶりの擬木見て歩き。

シギゾウムシがたくさん歩いていた。

でも… シギゾウムシ、難しい。。。

今まで間違いていたかもしれないなーと思った。

特徴を自分なりにまとめてみた。

自分が分かりやすいようにまとめただけで

例えば縦横比とか、ウェブ上で確実に合っている個体のみの平均値的なものなので、要注意です。。。


コナラシギゾウムシ
 ・上翅の縦横比は横:縦=1:1.2
 ・基本的にまだらもよう
 ♀:吻の根元1/3の位置に触角
 ♂:吻の真ん中あたりに触角

クリシギゾウムシ
 ・上翅の縦横比は1:1.6
 ・中央部に横帯(白と黒)。帯の後方にまだらもよう有り。
 ♀:触角の位置は吻の根元1/4~1/3。触角柄節は中間節の第1~3合計よりも短い
 ♂:触角の位置は先端1/3

クヌギシギゾウムシ
 ・上翅縦横比1:1.2
 ・まだらっぽさは、ほぼない。白黒横帯。
 ・上翅点刻列の各点刻に1個の鱗片有り。(白いポツポツが目立つ)
 ♀:他の種に比べて吻が短い。触角は真ん中より根元寄り。
 ♂:触角の位置は真ん中やや先端より。

ニセコナラシギゾウムシ
 ・コナラシギゾウに似ているが、吻がコナラシギゾウより短く、♂♀で同長。


これはたぶんクリシギゾウムシ♂だろうかと。
15103_3


これはクリシギ♀かと思ったけど。。。吻が短い。こんなに短い♀がいるのかなあ?
15102_2


15101


ハイイロチョッキリもたくさんいた。一緒にいるのはたぶんコナラシギゾウ。
15091


ハイイロチョッキリのほうがだいぶ大きかった。10mmくらいあったような。

図鑑を見ると、ハイイロチョッキリは7.0~9.1mm。コナラシギゾウ5.5~10mm。

なので、ハイイロチョッキリの大きな個体とシギゾウの小さめ個体なんだろう。


ずっと前に撮ったこれは、コナラにいたのでコナラシギゾウと思っていたけど、クリシギだと思う。
12091


去年撮ったこれは典型的なコナラシギゾウなのだろう。
14101


コナラ、クリ、など、名前の木に必ずしも付くわけじゃないんだよね。それが間違いの元だ~~。


擬木見て歩きの最後、電車に合わせて駅まで歩こうと、せかせか歩きながら脇の草を見たら

いたよー!なかなか見られなかったミミズク成虫。やっと見られた~~。
15102_3


嬉しかったので、反対の面も。。。
15105


正面顔~~。
15106


« 最近の地味系 | トップページ | 岬のタカ »

コメント

ミミズクおめでとうございます。
顔、不細工ですね~(笑)
それにしてもこの形に何か意味があるのでしょうか。
虫の世界は不思議なことが多すぎて・・・
シギゾウも今度見つけたらここ読ませてもらいます。

そう言えば昨日の「情熱大陸」見ました?
「昆虫はすごい」の著者・丸山さんでしたね。
未知のハネカクシ、超面白かったです。
マニアックの極み!!

タイトルだけ見たらシギとかミミズクとか鳥かと思いました!
ゾウムシも難しそうですね。
だんだん虫博士になってきましたね。
ミミズクって前にも見たような気がしますがなんでしたっけ?

擬木でシギゾウムシやハイイロチョッキリを見ることが増えてきた感じですね。
シギゾウムシも、このあたりは見分けがつかず、怠惰な僕などは「とりあえず《シギゾウムシ》」で済ませがちです。
きちんと見分けようと分析するところはサスガ……頭が下がります。

ミミズクは見かけると撮りたくなってしまいますね。なんといっても、この造型がユニーク!
耳介状突起が「天使の翼」に見えてしまうのは僕だけでせうか?(笑)

ミミズク、良かったですね!

シギゾウムシ、思わず手持ちの画像を見返してみましたが、なんだか口吻の長さや
触角の位置もいろいろだし、色合いも茶色〜灰色までいろいろあって難し〜

ジダンさん、ミミズク成虫はずっと見たかったのでした。
パッと見、枯葉とかゴミとかそんなふうにしか見えないですよね。
不細工… たしかに不細工ですね!
私は、「かわいい~」としか思いませんでしたが
自分の目がもうおかしくなってることに気づきました。。。

情熱大陸、録画していて、きのう観ました!
超おもしろかったですね!
足元にも及びませんが、あの興奮はちょっと分かりますよね。

moto8さん、ミミズク、覚えてましたか?
以前は幼虫しか見たことがなくて。。。やっと成虫が見られました。
カメムシの仲間なんですよ。
コミミズクっていうのも載せたことがありますよ。

星谷さん、シギゾウ・チョッキリが多かったですね。
まだこれからゾウムシとかも見られそうかなと期待したいです。
シギゾウ、結局同定できないものもたくさんいました。。。
同定ポイントは、何度調べても忘れてしまうので、一度まとめてみました。

突起は天使の羽に見えますね!
いろいろ見方を変えると、何度も楽しめますね。

にしむらさん、ミミズク成虫、ずっと見たかったので嬉しかったです。。。

シギゾウは、写真での同定には限界がありますよね。
はっきり分かりやすい個体のみ、同定できればいいかなと思ってしまいます。

擬木はフユシャクの十八番かと思っていました。(^^;)
こんど見てみます。
クヌギの林にいたからクヌギにしていました~。
これでミミズクってことですね。

mtana2さん、擬木は秋~春にはいろいろ甲虫も見られたりするんです。
フユシャクもなんだかんだでもうすぐですね!
シギゾウは、名前の樹にのみ付くわけではないみたいで、ややこしいですね。

シギゾウ識別が書かれていても頭に入らないんですよね(^^;)
並べてあれこれ転がしてみたいです。
ミミズク正面顔が面白いです。
これって歩いてるとこ見た記憶がないような……。

tokiさん、シギゾウは毎回調べて時間を費やしてしまうんです。
でも、やっぱり全部は同定無理、ということが分かりました。。。
ミミズク正面顔かわいいですよね。
いつ動くのでしょうか?夜行性ですかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近の地味系 | トップページ | 岬のタカ »