サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ミヤマカラスシジミ 等 | トップページ | 山梨・群馬の甲虫 »

2015年7月21日 (火)

ヨコバイとかクモとか

10日ほど前のこと。。。

蝶が見たくて檜原村へ行ったけど、かすりもせずであった。

けっこうゼフィルスとか見られてるみたいだったので

何かしらいるだろうと思い、いつもは下草をじろじろしながら歩くところ

今回は蝶を優先して梢のほうに注目していたのに、全然見つからなかった。。。

上の梢に注目してみると、葉裏の虫が目につく。

シロズオオヨコバイのオス。去年はご遺体のみだったので、嬉しかった!
150722


高すぎるところばかりだったけど。。。


150713


あまりに蝶がいないのでつまらなくなり、いつものように下のほうを見ながら歩く。

!!!
150712


アメイロハエトリじゃん!朽木の裏から出てきた。こういう場所にいるんだー。
150722_2

思いがけない初対面が続いて、ちょっとびっくり。


ウンモンテントウ。ちょうど陽が当たっていた。
15071


以前、ぽろぽろと落ちてしまって全然撮れなかったコブルリオトシブミ。
150722_3

この個体はじーっとしていた。うれC。


ワモンナガハムシも葉裏に。
150712_2


マツシタトラカミキリは下草に。
150712_3

最初、未だ見ていないトガリバアカネかと思ってぬか喜んだけど

マツシタトラもちゃんと撮っていなかったからよかった!

« ミヤマカラスシジミ 等 | トップページ | 山梨・群馬の甲虫 »

コメント

アメイロハエトリは個体数は多くないと書いてあったけど、
ちょうどいい時に下を見て歩いていたのねhappy01
ちょっと見、アリグモの仲間風に見えますね。
朽木を見る楽しみがここにもあったですね。

アメイロハエトリ、なんかおいしそうですね。
ワモンナガハムシって見たいって言ってなかった?
どんどん見つかりますね。
ウンモンいい感じです。

あんさん、アメイロハエトリは個体数多くないんですね。
朽木を見ていたのは、もちろんカミキリを探していたわけですが…
カミキリ探しの副産物として、いいのが見られてよかったです。
アリとかアリグモに似ていますよね!

tokiさん、アメイロって言われると、なんか飴に見えてきますよね。
カンロ飴的な。。。
ワモンナガハムシは、去年も会ったことあるんですが、柵の上でした。
見たいって言ってたのは、フタツメゴミムシかな?
これに黒目がプラスされたかんじの模様ですeye

シロズオオヨコバイを見てこの前自分も見たやつだと思って改めて自分の写真見返したらキスジカンムリヨコバイでした。
どうもこのグループは覚えられなくて・・・(^^;)
アメイロハエトリは言われて見ると確かに飴色に見えます。
じっくり見るとかなり綺麗ですね。

ジダンさん、キスジカンムリヨコバイっているところにはけっこういますよね。
黄色とか黒とか入っていて、確かに似ています。
アメイロハエトリ、なかなかきれいですよね。
ハエトリって思いがけない時に見られたりするのがおもしろいですね!

シロズオオヨコバイ、綺麗な個体に出会えましたね。
ウンモンテントウも赤が強かったり、黒い班が無かったりと
色彩変異があるようですが、noriさんが撮ったこのタイプが
個人的には、一番好きです。
トガリバアカネが未見でマツシタをビシッと撮っているあたりが
noriさんぽくて、いいですね。

ではでは。。。。。。や

トガリバアカネよりマツシタトラが先ってふつうあり得ないでしょう。
その辺が実にnoriさんらしいですよね。因みに私マツシタトラ未見です。
ワモンナガハムシも一度きり、しかも触角片方ちょん切れつのヤツ。
虫にも人それぞれの相性ってのがあるみたいです。

旅姿さん、シロズオオヨコバイは今年は数回会う機会に恵まれました。
でも、ヨコバイってやっぱり撮影が難しいような気がします。
冬の被写体が少ない時期に、じっくり撮りたいです。。。
トガリバアカネは今年も会えずでした~。
なんででしょうね。。。
マツシタトラ、ストロボがちょうど壊れて内蔵ストロボで撮ったので、ぎらりとしてますよねcoldsweats01

Sodaさん、トガリバアカネは普通にしていれば会えそうと思うのですが
なぜか縁がないんですよね。
普通種で撮っていないもの、まだまだあるんですよ。
相性ってほんとにありますよね!
Sodaさんもすごいのをたくさん見てるのに、意外なのが未だだったりするのですね。

シロズオオヨコバエやウンモンテントウなどは
良くみると絵柄のようで綺麗です。
でも小さいんでしょうね。
目を鍛えないとですね。

moto8さん、よくみるとすごく凝った模様をしていますよね。
でも、テントウもヨコバイも、今回載せたものはそれほど小さくないです。
昆虫は、すごく小さくても凝った柄のものがいますよね。
米粒に絵を描く人のことを思い出してしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミヤマカラスシジミ 等 | トップページ | 山梨・群馬の甲虫 »