サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ついついカミキリ探し | トップページ | 葉の上の虫 »

2015年6月 6日 (土)

予想外の…

平日の空き時間に、毎年恒例のミドリシジミ探しを。。。

今年はずいぶん早い時期から出ている。

オス。
15061


きらりん。
15064


メスはA型。
15061_2


サラサヤンマが飛んでいた。
15061_3


とまっているのは、うまく撮れなかった。。。がっくし。
150623


これは、マサキナガタマムシかな。
15061_4

-------------------------------------------------------------------------------

狭山丘陵の伐採木があるところに、そろそろ小さなカミキリでもいないかと思って探してみたけど

ケシカミキリ系はなんっにもいなかった。

じろじろ探して顔を上げると……

あーーっ!いつもいつも逃げられる、宿敵ムツボシタマムシ! 慎重に。。。

15063


そおーーっと。

15061_5


あれ?逃げない。まったりモードに入っているようだ。

15065

こういう個体もいるんだなあ…。ありがたいことです。


シラホシタマムシが交尾してたので、今度は普通に同種だろうね当然、と思って見てみたら…

15061_6


まただよ!!今度はクロナガタマムシか!!

15062


なんでいつも間違えるんだろう。。。

今回はよく見てみようと思って観察していたら、交尾器を下の木に刺している。

交尾は成立しないようだ。

もしかして♀?産卵管??とか思ったけど、違うよね。

結局ずっと、木に刺していた。。。

15066


もう一頭向こうから来た。

15063_2

きっと「おーい!間違ってるよ~~」と突っ込み入れてるはずと思ったら…

加わったよ…。そう来たかー!

15065_2


« ついついカミキリ探し | トップページ | 葉の上の虫 »

コメント

いや~、傑作ですね!
前回のシーンもレアだと思うのですが
またしても同じシーンに遭遇するなんて。。。
でもオスのシラホシタマムシの心情を考えると
ちょっと、切なくもなりますね。。。 タハッ。

ではでは。。。。。。や

翅を開いたミドリシジミ──これは美しい!
角度のちょっとした違いで色合いが変化するメタリック感がイイですね!

小型のタマムシ方面はよく動くし、すぐ飛ぶんですよねぇ……。
先日もマスダクロボシタマムシを見つけて喜んだのもつかの間、すぐにに飛ばれ、ムツボシタマムシにも飛ばれました……。
「今、撮ろうと思ったのに飛ぶんだものなぁ〜もう!」

シラホシタマムシの勘違い(?)にまたビックリ。もはやこれは普通の光景なのでしょうか?
トノサマバッタのオスはネギでも釣れるといいますが、あれと同じでとりあえず、そんな形のものがいたら飛びつくんですかね?
これも肉眼で気づくのは難しいでしょうから、こうした証拠画像は貴重かも。

度々スミマセン。
「マスダクロボシタマムシ」(誤)→「マスダクロホシタマムシ」(正)ですね。
「ムツボシタマムシ」は「ホ」ではなく「ボ」と濁るのに……虫の名前はよく濁点で迷います……。

ミドリシジミはこの日がピークだったようです。
その後はあの出方はしていません。
ひょっとしてもう1回くらいピークが来るやも知れませんが。
白樺峠だって、何回かピークがある…って、関係ないか。

サラサヤンマ、飛んでるところも撮ってるんですね。
おみごと、ジャスピン!!

タマムシって無地のばかり見てます。
こんなきれいなの西にはいないのかなってことはないよね。
三段重ね、笑えますね。
遊んでるみたいです。
サラサヤンマがMFですか、もっといろいろ増えてくれると
トンボファンも増えるかな?


旅姿さん、けっこうあることみたいですね~。
逆に普通の交尾に出会えないのはなんでだろう、とか
思ってしまいます。。。
オスのシラホシタマムシ、あわてんぼうだなーとしか思いませんでしたが
たしかに切なくもありますね。。。

星谷仁さん、前回のフチグロヤツボシカミキリ同様、ミドリシジミも
角度によって色が変わるんですよね。
青みがかった緑色が、個人的には好きです。

マスダクロホシタマムシもきれいですよね~。
飛ばれましたか。。。残念bearing
せっかくきれいなのに、撮らせてくれてもいいじゃん!て地団駄踏みたくなります。

シラホシタマムシは、そうなんです、もはやこれが普通なのかもと思えてきました。
ネットで検索しても、やはり出てきました。
また観察してみようと思います!
濁点、ややこしいですね。。。

normanさん、ミドリシジミは前日が雨だとあまり出ないんですよね?
なので、今日あたりよかったりして。。。
次のピークがまだありそうな気がしますね。
サラサヤンマは、飛んでるところは何とか撮れていてよかったです。
次はとまってるのをしっかり撮りたいです!

tokiさん、タマムシは地味めできれいなのがけっこういますよね。
じみびかりしてる、というかんじ…。
三段重ね、私も遊んでるようにしか見えません~。
サラサヤンマはMFで、毎年ミドリシジミの時期に見られていますね。
普段は鳥のみの方々もみなさんきれいに撮っていますよね。

サラサヤンマは懐っこく近くを周遊するけど、
やっぱり飛んでいるのを撮るのは難しい筈なのに、
いい具合に撮れていますね!!
シラホシタマムシは面白いね。
こんなこともあるんだeye

そう来たかーーー。
こりぁ、ピューリッツァー賞ものですね。
でも同じような場面に二度遭遇するってことはねこの種類には良くあることなのかも知れませんね。
もしかしたらこれを研究している人もいたりして・・・
なかなか興味深いものを見せていただきました。

あんさん、サラサヤンマの飛んでる写真は
何か分からずに撮っていたのです。
てきとうに撮った方が私の場合、いいみたいで…
うまく撮らなきゃ!と力が入るといいことがないんです。
△が連なった模様が素敵なトンボですね。

ジダンさん、ピューリッツァー賞ものなんて。。。
なんだかかっこいい写真を撮ったような気になってきました。笑
イグノーベル賞も狙って、観察を続けましょうかね。
そうなんです、よくあることなんだろうと、今回思いました。
今度時間があるとき英語の論文も含めて検索してみようかな。。。

今年はミドリシジミがウジャウジャいますね!
こんなに多いのは近年では稀のような気がします。
サラサヤンマのとまりものちゃんと撮れてるじゃないですか。
玉虫の地味なのもいろいろ居るんですね。

moto8さん、ウジャウジャですか。
数が減少していると思っていたので、復活してきてよかったです。
以前のようにもっと増えるといいですね。
サラサヤンマは、ちょっと遠かったのです。。。
みなさんみたいに近くで撮れるといいのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ついついカミキリ探し | トップページ | 葉の上の虫 »