サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« れんじゃく | トップページ | 海と森で鳥と花 »

2015年3月27日 (金)

虫がちょこちょこと

そろそろいい虫が出てるのではないかと思い、空き時間で虫を探しに。

撮影しようとすると逃げられていたビロードツリアブ、今日は撮らしてくれた。

眼がくっついてる、オスのビロードツリアブ。
15032

タヌキに見えてくるよ。。。

15031


ゾウムシは、レロフチビシギゾウムシ。でしょう。
15031_2


ジュウジチビシギゾウムシとの識別点が、「上翅中央白帯の第四間室が欠けている」というものなので

いつもいつもこれ系のゾウムシを見つけるとそこをチェックしていて

今回初めて、本当にその部分の白が欠けているのを見て

「これがあの有名な第四間室が欠けている現象なのか!」と感動したけど

その割には相変わらず同定に自信が持てないのであった。。。

15032_2


これはキンケノミゾウムシかな?
15032_3

ガロアノミゾウムシとの区別が一生できない気がする…。

15031_3


杉の材をチェックしたら、ヒメスギちゃんが出ていた。
15031_4


別個体が飛んできたと思ったらすぐさま交尾して

そしてそのあとすぐに産卵していた。

展開が早い!

15032_4

オスがずっとへばりついている。マウントっていうやつかー。


早咲きの桜が。ヤマザクラの仲間かな~。
15032_5


« れんじゃく | トップページ | 海と森で鳥と花 »

コメント

暖かくなるといよいよ虫の季節ですね!
あちこちへ忙しくなりますね。
頑張ってください。

確認済飛行物体=昆虫部門= 本格始動ですね!
またマニアックな昆虫達をおがめると思うと楽しみです。
さっそくヒメスギちゃんなんて、やりますね~~。
飛んで来て、交尾して、速攻産卵。。。  ヒメワイルドですね~。。。
次回も楽しみにしてま~~~す!

ではでは。。。。。。や

3月に入ってからも気温が低い日は擬木も閑散としていましたが、暖かくなって示し合わせたかのように色々でてきましたね。
ビロードツリアブはモコモコ感が面白いのでカメラを向けたくなるのですが、なかなか撮らせてくれません……。
エゴシギゾウムシをさらに小さくしたようなこの方面のゾウムシは、たまに見つけても小さすぎて「残念な画像」で終わることが多いです……。
ゾウムシは種類が多くて識別が難しそうですが、とくに小さなものは見極めるのが大変ですね。

ヒメスギカミキリ、出ていましたか。擬木ではナカジロサビカミキリが出ていました。
これから更に色々見られそうですね。

ここでヒメスギを見て、ビャクシンを探しに行ったらヒメスギもいました!!
日の出に合わせて行ったので、温度は3℃。
ヒメスギは材に張り付いたままで、つついて、生きているのを確認してしまったhappy01

ビロードツリアブ、なかなかすばしっこいので撮りづらいのにばっちり!
ヒメスギももう出てましたか。いよいよシーズン始まりですね。

moto8さん、暖かくなってmoto8さんの嫌いな虫が増えてきますね。
虫も鳥もで、体がひとつでは足りなくなっています。。。

旅姿さん、ヒメワイルドですよね~。
交尾したあとすぐに産卵するものだっけ…?と
自分が見てるのが産卵なのか、産卵風のなにかなのか
現地で自信が持てませんでしたsweat02
昆虫と鳥としばらく併走期間になると思いますがよろしくです~。

星谷仁さん、暖かいのに虫は少ない…と思う時期が続きましたが
やっと少しずつ見られるようになってきましたね。

ビロードツリアブってカメラを構えると
もういなくなってるパターンが多いですよね。
自分のやり方が悪いのかなあと思っていました。
2~3mmのゾウムシは、見つけると嬉しいのですが
撮影したあとにぐったり疲れ切ってしまいますね。

あんさん、ヒメスギは私は朝見たときはいなくて
昼ごろ帰りに寄ったら見られたのですが
早朝でもいるんですね。
3℃ですか!日の出に合わせてなんて、すごいです~。

にしむらさん、ビロードツリアブはできればホバリングしているところも
撮りたかったのですが、ファインダーをのぞくともういない、ということが
たびたびなんですよね。。。
ヒメスギは体色に個体差があって見ていて飽きませんね。

Noriさん、まいどです。
いよいよ始まりましたね。
相変わらずいい感じの虫写真に、小生気もそぞろです。
今年はどんな虫たちと巡り合えるのでしょうか。
課題は山積です。

ビロードツリアブのもふもふ感いいですね。
頬ずりしたくなります。
ヒメスギも早々にゲットとは幸先いいですね。
私は今年いつ頃参戦しようかまだ考え中です。(^^;)

Sodaさん、毎年のことですが、忘れてしまっていることを
思い出すことから始めなくては…です。
見たい虫が増えるいっぽうなので、飽きる心配はしばらくなさそうです。
今シーズンも誤同定などありましたらご指摘お願いします~。
頼りにしております。

ジダンさん、ほんとですね、頬ずりしたくなります~。
ヒメスギは久しぶりのカミキリだったので
ああカミキリってこうだったなあと、ワクワクを思い出しましたよ。
今年は本格的にカメムシになりそうですか?

キンケノミゾウムシは、今年是非撮りたいゾウムシです。
どうも今まで撮ったのは、ガロアノミゾウムシと指摘されて、識別ができないでいます。
両方ともジャンプする繭なのかと思っています。

写真の最初のほうはキンケみたいに思えますが、どこか確実な識別点がないのかなあ?

きのう、ヒメスギカミキリいたよと言われたところを探しましたが見つからなかった。

秀さん、今回ガロアとキンケノミゾウムシについてウェブでも調べたときに
長池公園のHPにて、秀さんの写真も拝見しました。
「凸の字」がはっきりしているのがガロアということですが、
今回私が撮ったのも、「凸」になってる気がするので、ガロアかもしれないですね。。。
他にも分かりやすい識別点があるといいですよね。
昨年、なぜか自信を持って書いている記事があるのですが、上翅が撮れていません。
http://ifo-nori.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-7a84.html

ヒメスギはこれからの時期、まだまだ見られると思いますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« れんじゃく | トップページ | 海と森で鳥と花 »