サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

船橋の海

先週のこと。久しぶりの三番瀬に行ってみた。

ハシブトアジサシ。
140904


アジサシは基本海にいる鳥なので、ふつうの人にはあまりなじみがないかもしれないけど

ビュンビュン飛んで、かっこいい鳥。

ハシブトアジサシは、名前の通り、くちばしが太くてがっしりしてるのが特徴のアジサシです。

夏羽→冬羽に換羽中なので、頭が白黒で、人間でいう青年→中年に移行中みたいになってた。

ビュンビュン飛ぶよ!
140905


カニをくわえて飛ぶよ!
1409092


へんなかっこで飛んだりもするよ!
140906


へんな顔で… 何か粒状のものを…
140907


ミヤコドリも海の鳥で、三番瀬ではたくさん見られる鳥。

白黒の体に赤いくちばしが特徴。

14095_2


14093


14091


コオバシギ幼鳥。
14093_2


コオバシギ成鳥。幼鳥はほぼ毎年見られているけど、成鳥はあまり見られないです。
14092

2014年9月27日 (土)

カメムシの仲間 など

キウイヒメヨコバイを見たいなーと、前から思っていて

とりあえずは近場で見られそうなところを自転車にて回ってみた。

キウイヒメヨコバイは、名前の通りキウイの葉裏にいて、葉の汁を吸う害虫。。。

キウイの仲間のサルナシの葉裏にもつくので、キウイとかサルナシのある場所に行ってみる。

1ヵ所め、植物園で、サルナシの場所を管理事務所の人に教えてもらって葉裏チェック。けど、いなし。

ヒガンバナが咲いてた。
14091


バラ園のバラで、ルリマルノミハムシ。背中に炎が!
140913


思いつくところを回ったけどいないので、ウェブサイトにて区内の公園でキウイがあるところを調べたら

意外とあちこちにあることが分かって、家から近いところから回ってみる。

キウイ棚なんてあるのね。砂場の上に。こういうことがなかったら、気づかない。

砂場。。。子供のころ遊んでいて、野良猫のウンをそれと気づかずにつかんでしまったことがあるので

なんとなく気を付けながら歩いてしまう。。。

そしてそんな砂場のキウイの葉裏に、やっと見つけた!キウイヒメヨコバイ。

メスは白いっぽい。たくさんいた。
14091_2


たぶんこの公園で、この虫が見たくてキウイの葉裏をめくった人は今までいないと思う。

この公園どころか、この町内でもいないかな。。。

オスの赤いのがいた~!思ったより小さい。また撮りなおさねば。。。
140912

  
メダカみたいでかわいいな~。

この公園がすぐ近所だったら、キウイも食べられるしメダカ(じゃないけど)も愛でられるのにな~。


先日の里山にて。

渋カッコいいカメムシが葉裏にいた。オオメダカナガカメムシ。
14091_3


翅の隙間からオパールのような輝きが!
14092


オパール状の拡大。なんかおもしろいよね。
140922


タテスジグンバイウンカ。おめめくりくりだね。
14091_4


トビイロハゴロモは思ってたより白かった。ゴミかと思った。
14091_5


マルアワフキ。たぶん。。。
14091_6


2014年9月22日 (月)

甲虫と花

二週前に行った里山、また回ってみたら、一週間でけっこうメンバーが変わっていた。

ヨツボシテントウダマシがそこらじゅうにいたのに、今回は一粒も見つけられなかった!

前回撮った、ヨツボシテントウダマシ。たくさんいたので、やっつけ的になってる。。。
14091


絵の具の水色みたいな、不思議ないろの虫が、葉裏に隠れたのを発見。

ちらりと見ると、不思議いろのゾウムシ。交尾個体。ピンボケ。
14091_2

クチナガチョッキリ。

ピント合ったやつをもう一度… と再び撮ると、1個体になっていた。

私が邪魔したせい??ごめーん。眼が超怒ってるよ~~!
14092


肩を怒らせて、向こうへ去っていってしまった。

そのあと別の個体をヤマブキ(たぶん)の葉の上で発見。
14093


カナムグラヒメゾウムシがカナムグラにたくさん。
14091_6


ヒメケブカチョッキリ。この間も撮ったけど、また。
14094

14093_2


サメハダツブノミハムシかな?
14091_5


オオキイロマルノミハムシも最近よく撮ります。
14091_7


ツルボ。たくさん咲いてる。
14091_3


なんだろうこれ、きれいだなーと思って撮った花。キハギというらしい。
14091_4

2014年9月18日 (木)

白黒くんたち

近場でもまだ見たい虫がいるので、探してるのだけど、全然見つからない。

なのに往生際悪く歩き回ってしまうのよねー。

トゲグモは見たかったのでうれしかった!トゲが6つあるんだよ。
14091_5

乳牛ぽいよね、がらが。

腹部背面を正面から撮りたくてあれこれやってみても、どうしてもくるんくるんと背を下にしてしまって

どうにもこうにも斜めからしか撮れず。結局あきらめた。。。


乳牛ぽいといえば、これもどちらかといえば乳牛ぽいかも。ホソアナアキゾウムシ。
14091_2

いいかんじでぶらさがって、楽しそう!


これはブチヒシウンカの一種でしょうか。超キテレツくんだよね!(旅姿さん、またいただきました!)
14091_3


アカスジキンカメムシ幼体。撮って撮ってーと言っていた。いろんな年齢のがたくさん!
140912


大きなキノコ、大きさ伝わるかな。イスかと思って座っちゃったよ。(ウソ)
14091_6


これはふつうにテングダケ。
14091_7


2014年9月16日 (火)

ゾウムシ多め

久しぶりにあきる野市でぶらぶらしてみたのだけど、途中で雨が降ってきて早め撤収。。。

鳥とか花とかの人に、何の虫を撮っているのかと聞かれ、ゾウムシなどの小さな甲虫だと答えたら

「地味だねーー!!」と言われた。

やっぱり花とか撮ってるのがマジョリティだもんねー。

みんなしてゾウムシ撮影してて、カメラでゾウムシ撮影モードとかいう機能ができたり

雑誌で「ゾウムシ大好き!」とかいう特集が組まれたり

ゾウムシ女子が増えたり…とか、おかしいもんね。


ブドウハマキチョッキリ。まだ1匹しか見なかった。
14091


ヒメケブカチョキリかな。この時期多いよね。
14092


14091_2


トゲアシクチブトゾウムシ。クチブトゾウムシはあまり撮らないのだけど、これは模様が派手!と思って。
14091_3


マメホソクチゾウムシ。
214091


ハコベタコゾウムシは、初だと思う。オオタコかと思ってしっかり撮らなかったよーsweat02
14091_4

リストつけてないので何種撮ったとかではないけど、初めて見るものは嬉しい!


ウバタマムシ。もう時期が時期なので、おっとりしていた。
14091_5

どこにでもいる的な扱いだけど、一回しか会ったことなかったんだよねー。


オオトリノフンダマシ。彼女の卵のうを前ボケに入れて。
14091_8


アカアシカスミカメ。この白い花、なんだっけ。。。
14091_7


2014年9月11日 (木)

しつこく…

先日、鳥のお仲間に、「いつもおもしろい虫の写真載せてるね~」と言われ

虫に興味のない人でもそうやって見ておもしろがってくれてるんだー、と嬉しくなった。

もともとは、鳥や虫に興味のない人にも分かるようにと書いていたのに

最近はある程度分かっている前提で書いている気がしてきて、ちょっと初心に帰ろうかな。。。

ということで、しばらくは、いちいち説明してみようと思う!


田んぼには、おもに春と秋、「シギ」とか「チドリ」の仲間が、渡りの途中で立ち寄ってくれるのだけど

とくにシギは、くちばしがすらっとしていて好きなので

もうシーズン終盤だけど、しつこくシギを探しに行ってみたよ。

農作業の人以外誰もいなくて、車内から鳥が近くで見られた。

トウネンが1羽。
14092


トウネンは、小さくて、その年に生まれたみたいなので「当年」という意味で名前がついてるのだそう。
14093


オジロトウネン。トウネンと似てるけど、脚が黄色いのが一番の違い。
14092_2


オジロトウネン、撮ったのすごい久しぶりだった。。。ここ5年は撮っていなかった。

5年、あっという間だなあぁ。こわいわ~。

14093_2


14095


目をつぶってるシギって、かわいくてちょっと好きconfident
140912


それから近くの公園では、またテングスケバに会えた!今回はしましま濃いやつ!

この間のより濃い~~catface トロピカルぽさが5割増し~~。
14098


眼もしましまだね!
14097


正面顔を今度こそ撮ろうと思って、手前の草が邪魔だけどとりあえず撮ってから

14096

手前の草をそおっとどかしたら、ぴよよーーんと遠くまで飛んでしまった。。。

2014年9月 6日 (土)

ハエトリ / カミキリ

昨年載せた、ウミウシのようなハエトリ、名前が付いたそうです。

シロスジカノコハエトリです。

リンクを貼ってある、ハエトリ博士(本物の)須黒さんの「ハエトリひろば」に詳しく出ています。

未知種に次々と名前が付いていて、おととし見たかっこいいハエトリにも

「クマドリハエトリ」という名前が付いたそうな。

既知種ハエトリの数が、うちの図鑑の倍くらいに増えている。。。あれもこれも見たいよ~。

------------------------------------------------------------------------

先日、気になっていたカミキリを探しに埼玉の公園へ行った。

アカマツをじろじろすると、なんとか見つかるのだけど、撮影が手ごわい。

撮ろうとすると樹皮下に隠れる。を、くりかえして、超イライラした!

久しぶりにこんなにイライラするよ!と思った。

一匹がまた樹皮下に隠れようとして、そしたら先客カミキリがいて、入れず

こんなふうになってるところを何とか撮れた。 先客よ、ありがとう。

14091


きれいでもかわいくもないような、このような黒い虫が

カミキリだというだけでかわいく見えてしまうという不思議。。。

急に観念して、じっとして動かなくなったケブカヒラタカミキリ。
14092


すぐそばで、その一部始終を見て鼻で笑っていた(かどうかはわからない)、マツアワフキ。
14091_2


ヒメヨコバイのTogaricrania rubrovittaがいた!
Togaricrania_rubrovitta140913

「見たかった、あのなんとかだ!!(名前はもちろん覚えてなくて)」ってすぐ思ったけど

タイミング悪くストロボの電池が切れて、遠くから豆粒みたいな一枚しか撮れなかった。

まさに、これ以上ないくらい、嬉しさとがっかりのミルフィーユだよーー。(旅姿さん風)


ヨコバイつながりで、これは先日近くの公園で撮ったヒメヨコバイ。
Sp14091

きれいなんだけど名前分からず。。。


先日、ジダンさんのブログで、「つばさかりん」ていう川越のお菓子がおいしいと書いてあって

お店の近くを通る用があったので、行ってみたら、「本日売り切れ」。

試食したらおいしくて、ますます欲しくなり、店員さんにがっかりしている旨を話していたら

近くの店舗(ふじみ野店)にまだあるとのことで、そちらでなんとか買えた。

かりんとうとお芋のコラボが超おいしかった!

翌日以降はトースターでちょっと焼いた方がいいと書いてあって

そのとおりにしたら、まわりのカリッと感が復活。絶対やったほうがいい!

2014年9月 5日 (金)

ヒメイトカメムシ など

自転車でいつも行く、近場の公園へ。

この間載せたイトカメムシよりもっと小さいヒメイトカメムシが、フヨウにつくと何かに書いてあったので

まずはフヨウの葉をチェック。

うーん、いないかーと思いつつ、しつこくじろじろしてたら、いた!ヒメイトカメムシ。
14092

ヒメだしイトだねーー!
14093

キリやフヨウの葉などにつくらしいよ。


公園を歩いていたら、おじさまたちの会話が耳に入り

「この公園で…高熱が出たら…」という部分だけ聞こえてきた。

今どき、高熱というキーワードといえば、デング熱の話だよね。

この公園でも患者が出たってこと?と不安になる。(結局違ったみたい)

虫よけスプレーしてるけど、全然刺されてるし。。。

で、雑草ぼうぼう地帯でじろじろしていたら、なんとこのタイミングでテングスケバ!
14091


今まで一度しか撮ってなくて、しかも前はすぐに逃げられたので、慎重に撮影した。

14093_2


正面顔は失敗。。。

14094


「テングスケバ撮影中にデング熱の蚊に刺されたら、二重の意味で笑えないなー」とかいう考えが

浮かぶよね。そりゃね。タイミング的に。


この日はけっこう虫が見つかるデー。

全然見つからない日もあれば、こういう日もあるのねー。

クロヒラタヨコバイも初物~~。あまり黒くないけど、剥げたのかな?
14091_2


ビロウドコガネ。ビロウドぽくて触りたくなーる。
14091_3

14092_2


ハンノキ地帯にいたのでハンノキハムシかな。
14091_4


以前、ルリマルノミハムシをハンノキハムシと書いてしまい、sodaさんにご教示いただいたのだけど

たしかにハンノキハムシの大きさは8mm近くで、ルリマルの倍近く。てか形も全然ちがーう。


« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »