サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 葉裏のさかなたち | トップページ | ヘラサギ・カミキリ »

2013年11月18日 (月)

冬じゅういるのかな

土曜日は、森で鳥探しをしよう、そして真剣に写真を撮ろう、と思ったものの

思うように鳥は見つからず。

秋らしいジョウビタキ♂を撮ろうと粘ってみたけど、結局お茶を濁して終わり。ふがいなし…。

13112


狭山丘陵周辺にて、また虫探し。前回とちょっとかぶって、でも違うルート。

歩けば歩くほど、寒さこらえ虫が見つかるので、いくらでも歩けるいきおい。

甲虫は先週も見たカシアシナガゾウムシが、計3個体。
13112_3


アルファルファタコゾウムシ(?)。これ、たくさんいた。
13111


コルリチョッキリかなあ。2.5mmくらい。

チョッキリってこの季節にいるものなの?と思って調べたら、秋に出現する種類もいるらしいよ。
13111_2


カサハラハムシもたくさんいた。これも小さい。2.5mmくらい。
13111_3


クロオビカサハラハムシ。4mmくらい。これ見たかったので嬉しかった~shine って渋いね。
13111_4


13112


ニホントビナナフシ。ちょと不思議な切り取り方をしてみました。
13111_5


ハエトリはカラスハエトリが多数。

久しぶりに、Pseudicius sp.、♀タイプ。3個体見た。寒さに強いのね。。。
Pseudicius_sp13111


ミゾゴイは見たくて見れない鳥だったので、記念に載せておきます。
1311072_2


1311012_2


通りすがりの近所の子どもが、「この鳥いつまでここで飼うの~?」って言ってた。。。

« 葉裏のさかなたち | トップページ | ヘラサギ・カミキリ »

コメント

ゾウムシ2種、ハムシ2種、共におんなじに見えますです、はい。(^^;)
ハエトリはとてもカッチョいいですね~

まさかのミゾゴイ、いつまでいてくれますかね。
大阪まで見に行ったのに~~って感じです。
でも大阪のより背景が綺麗に撮れそうですので平日にでもちょこっとコンデジ持って行ってみようかなと。

あはは^_^; 努力のあとが・・・・良い心がけです!
私は、土曜のミゾゴイのあと、日曜結局サボってしまいました~

寒さこらえ虫? みな羽毛(とは言わないな~)のような毛があり
防寒対策とか、これもないですね(・・;

ミゾゴイはとにかく見たかった、これで外洋の鳥と島の鳥。。。。。
JAPANESEが英名につけられた鳥さん達です!固有種ばかりと
は言えないようですが、でも嬉しかったな~♪

ジダンさん、同じに見えますか。ですよね。
茶色くてちっちゃくて。
越冬カミキリも見つけたいです。

ミゾゴイは、びっくりですね。
東西でこのかんじ。
私も雨の中だったので、また晴れた日に行ってみようかな。

isa-birdさん、今回はイメージがあったんですけどね~。
懲りずにまたがんばってみます。

そういえば甲虫でも微毛が生えてますね。
ミゾゴイはjapaneseでしたか。
なかなか会えそうで会えない鳥でしたよね。

いえいえ、なかなか秋色ジョウビタキですよ。
胸の色と口の中は同じ色なんですね。
胸中と口先が一致してます、とでも言いたげ?

ミゾゴイの幼鳥は人慣れしやすいのでしょうか。
なるほど、飼い鳥みたいでしたね。
いつまでいる気だろう。
ちょっと心配になります。

アルファルファらしき私も今日見かけました。
ついでにジャバラSPも見ましたよ。
どこでも似た様な感じになるんですかね~?

それにしてもミゾゴイがついでのおまけになってるのが凄い!笑

normanさん、そう言われてみると、ほんとうに同じ色ですね。
胸中と口先が同じ。なるほど~。
私みたい。。。
ミゾゴイって幼鳥はそういうものなのでしょうかね。
人慣れしすぎで、カメラマンの靴をつつく勢いでした。
大丈夫なの?と心配にもなりますね。

らーしょんさん、同じようなメンバーでしたか?
寒さに強い子たちなのですね。
これから毎シーズン見てると、分かってくるのでしょうね。
ミゾゴイは、ウェブログ上は載せようか迷ったのでおまけですが
本人的には大ニュースでしたよrun

秋が深まってきましたね!
虫もこうやって同じ虫目線で見ると大きく見えますね。
撮り方が上手いですね!!
ミゾゴイは昨日、都の職員と警察によって無事保護されたようです。
やはり飼っていた人が飼育禁止の鳥と知って近くの公園に放したとか。

moto8さん、虫たちはけっこう小さいのですが。
アップで撮ると、小ささがうまく表現できないのが残念です。
ミゾゴイは、山に返されるのでしょうか。
警戒心が薄れてしまったようで、心配でもあります。

カサハラハムシ…たしかに渋い…。
というか地味ですね(^^;)
トビナナフシの目つきも何だか眠そうで、
おもしろいです。
ミゾゴイは保護されたんですね。
子ども、大事件になってちょっとかわいそうかな…。

tokiさん、カサハラハムシ、けっこうかわいかったのですが。
虫の少ないこの時期に見るからかわいく見えるのかな?
トビナナフシ、目がアニメみたいでおもしろいですよね!
たくさんかたまっていて、ちょっと気持ち悪かったです。

こんにちは。

Pseudicius sp.を3個体も見つけられたとは、すごいですね!
私は同じ狭山丘陵で、いまのところ2個体見ています。

そこで、このPseudicius sp.についてメールでお伺いしたいのですが
よろしいでしょうか?
宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葉裏のさかなたち | トップページ | ヘラサギ・カミキリ »