サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« オオムラサキ など | トップページ | カミキリ亜科・フトカミキリ亜科 »

2013年7月16日 (火)

ハナカミキリ亜科。

甲虫を中心に、クモや蝶や、かわいいと思うものをどんどん撮影していたら

収集がつかなくなってきている。。。

ゾウムシはとくに同定が進まなくて、一種に30分とかかかっても結局だめだったり。

もともと画像の整理や記録をまとめたりも、あまりきちんとしないのだけど

まめな人間をめざしてあれこれやってみようと努力したりしなかったりしてるので

なおさら全部が中途半端になってる感が否めない。

まめ子になれる日はやってこないような気がしてきた。。。


埼玉県と山梨県で撮影した写真で、今回はハナカミキリ亜科のめぼしいものを載せてみます~。

ハナカミキリ亜科、ハイイロハナカミキリ族から。

チャイロヒメハナカミキリ。小さくてかわいくて好き。ピドニアもっといろいろ見てみたい!
13072


ミヤマホソハナカミキリ。細くてしましまでおされ。
130712


コウヤホソハナカミキリ。コウヤは高野山だそうで。そう聞くと、なんかストイックなカミキリに見えてくる。
13071_3


続いてハナカミキリ族。

フタコブルリハナカミキリ。おぼれる~~。
13071_2


マルガタハナカミキリ。
13071


ヒメアカハナカミキリ。確かに、そう言われれば、小さい。ずんぐり。
13071_4


ハネビロハナカミキリ。真上からの写真が撮れなかったのが残念sweat02
13071_5


連休中にお世話になったみなさまありがとうございました。


« オオムラサキ など | トップページ | カミキリ亜科・フトカミキリ亜科 »

コメント

あははっ。。。泥沼にはまるとはこのことでしょうか。。。。^^;
私も比較的きちんとしなきゃ、でもあれこれ考えてしまうタイプ、
でも虫ほど未見で種類が多くないから助かってるかも(笑)

花のムシムシも大切な役割、頑張ってますね〜ま〜それにしても
色や柄がとりどりで楽しいですね!

ピドニアたくさん見たいですか、そうですか。
鳥でいうジシギを極めるのに通ずるものがあるように思えるのですが・・・
いゃ~身近にこういう方がいると心強いです。
頼りにしてますぜ、師匠。

isa-birdさん、ノートをつける努力をしてるのですが
データの整理だけでもあっという間に時間が経ってしまいます。
時間の使い方を考えないとだめですね~。

だんだん、ムシムシにも目が慣れてきましたか?
大きさも柄もいろいろで楽しいですよね。

ジダンさん、たしかにそうですね。
採集しないで撮影だけでピドニアは無理ですね。
やっぱりあきらめます!(早い…)
いや、分かりやすいのだけ、見やすいのだけ、見たいですeye

花につくのは背景が良くていいですよね。
動き早いけど(^^;)
フタコブはジョウカイに似てスルーしそうです。
みんなスレンダーでカッコイイですね。

tokiさん、花についてるのを撮るのって難しいですね。
何枚も撮ったのに全部だめ、ていうのもありでしたsweat02
フタコブルリは、私も今まで全部ジョウカイで
またどうせジョウカイだろうと思ったらコブがぽこぽことあってあわてました。

きっとnoriさんの頭の中は引き出しがいっぱいあって、カミキリ、ハエトリ、その他の虫もきちんと収納されていて、
いざというとき、パッと取り出せるようになっていると想像していましたhappy01
なんか・・安心paper

花にくるカミキリを撮るのは難しいですよね。
来るもの、来るものに目が飛んでしまいます。
でも、写真を見ていたら、また行きたくなります!!

色とりどりのカミキリですね。
ハナカミキリって花につくからですか、
他のカミキリより花に来ることが多いんでしょうね
最後のは並んでいるように見えますが交尾してるんですよね。
昆虫が好きな人は可愛いんでしょうね。

あんさん、頭の中も机の上も、とっ散らかってるタイプです。。。
そして、整理が苦手なので、物もデータもどんどん捨ててしまいます。

ほんとうに、花にやってくるカミキリは動きも素早いし
こちらも目移りしてしまって、難しいですよね。
撮ってる時間が楽しいのでまた行きたくなってしまいますね。

moto8さん、ハナカミキリは花粉を食べに来るのだと思います。。。
蜜ならともかく、花粉なんておいしくなさそうですよね~。
産卵の時は普通に伐採木にやってきます。
最後のは交尾してますね。
わりと動かないので撮影はしやすいかもです。

花にいるハナカミキリ。 絵になってますね〜。いいなー
 
ぼくもマネしてこんなの撮りたいのだけどもなかなかこういうシーンに出会えません。
今回もあんまりチャンスなかったですし。
また探しに行かなければなりませんね。

にしむらさん、花にいるカミキリは動きが早くて
いいシーンを逃してばかりです。。。
顔が埋もれちゃってたりして。
土場のカミキリも、これぞ王道!というかんじですよね。

コウヤホソハナカミキリ、ストイックですか?なるほど。
そういえば花に群がっている時も他種ほどガツガツしていなかったりして。(気のせい??)
私は好きなハナカミキリの一種です。

ヒメアカハナカミキリはそういうのがいると知らなければ、
アカハナのバリエーションの一つと思ってしまいますね。

らーしょんさん、コウヤホソハナカミキリかっこいいですよね。
がつがつしてないですか?やっぱり!

ヒメアカハナカミキリは、ちょっと自分だけだったら自信が持てないですね。
でも体型がやっぱり寸詰まりというか。
あれ?と思ったら要注意ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オオムラサキ など | トップページ | カミキリ亜科・フトカミキリ亜科 »