サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 白樺峠 | トップページ | ヒタキづくしだった »

2012年9月30日 (日)

秋になってきたかも

短時間でちょこちょことまわった場所で、虫がまだあれこれ見つかった。

コナラシギゾウムシ。ちょこまか動き回って撮りづらいことこの上なし。。。
12091


登ってきて、崖っぷちで、あわあわ~~。
12092


ミゾソバに。タデサルゾウムシかな??
12091_2

ヨツボシハムシ。久しぶりに会ったなー。
12091_4


別の場所ではコサメビタキが撮れた~。

12091_5


今期中、久々コサメビタキ撮りたいなーーと最近思っていたので、嬉しかったす。
12092_2

ナンバンギセルがひそっと。
12091_3

« 白樺峠 | トップページ | ヒタキづくしだった »

コメント

こんばんは〜
なんだか、戻って来たnoriさん的な構成で。。。(笑)
どれもポートレート風、良くまとまってますよ♪
なんかテーマを見つければ特集できそうな出来では?

コサメには会えなかったけど、今週はエゾビにぞっこ
ん、1点豪華に凝ってしまいました(笑)

コナラシギ!来ましたね~!
ちこちこ動き回った感じが伝わってくる写真です。
サルゾウムシもヨツボシも花絡みでキレイです。

コサメもすっきりくっきり!
典型的コサメ個体で良い感じですね。

そうですね、いつの間にか秋の気配。
風が心地よいと思ったら台風でした。
エゾビタキばかりがはびこっている昨今にコサメがきれいに撮れています。
ナンバンギセルってススキの根元にしかないかと思ったら、こんなところにもあるんですね。
ちょっと驚き。

isa-birdさん、ありがとうございます~。
小さな虫はかわいいです。
小ささが伝わるともっといいと思うのですが
写真は大きさを表すのは難しいですね!

一点集中、いいと思います!

らーしょんさん、コナラシギきましたー!笑
ちこちこ動き回って、いらつきました。。。
サルゾウは、花と絡んではいるもののなんとなく残念なできで。
もうひと踏ん張りでした。
ありがとうございます~、コサメは会えて嬉しかったですよ~。

normanさん、まだまだ秋は楽しめそうですね!
エゾビタキ、はびこってるって。。。言い回しが笑えます。
コサメ、サメ、にそろそろ会いたかったです。
ナンバンギセル、ススキとセットなのですね。
知らなかったです~!

コナラシギゾウムシですか、これも見てみたいなぁ。
身近な所にもいるのでしょうか。
コサメ、いい感じですね~。
ベストなところに止まってくれましたね。
そういえば峠でサメとエゾは撮ったけどコサメは撮らなかったなと。

ゾウムシさんたち出会えましたね。
案外いるもんですよね。
タデゾウ君は花を食べるのか、
最近、よくミゾソバに付いていますね。
歩いている様子がいい感じ。

コナラシギゾウムシって鼻?が長いですね!
これが一番名前にぴったりですね。
コサメ可愛いですね。
ヒタキ類今季は多そうです。

ジダンさん、コナラ・クヌギ・クリシギゾウムシはこれからの時期
けっこう見られるのではないでしょうか?
といいつつ、私は初めて見たんですけど…coldsweats01
コサメは近いところでじっとしてくれました。
そうそう、峠でもコサメはいるにはいましたよね!

tokiさん、タデゾウはミゾソバにけっこうついてますか。
このあとつぼみのとこにも来たのに、全然撮れなくてsweat02
歩いてるのは不本意ながらで…ほんとはお顔が撮りたかったです。
今度しつこく狙ってみます。

moto8さん、そうですね、まさに象ですよね!
こんなのでつつかれたら痛そうです。笑
ヒタキ類、確かに今年は多そうですね。
エゾビタキなんて、またかと言われてしまって…かわいそうに。

シギゾウムシは特別に嬉しいですよね!!
友達が実家から栗を貰ったからというので、
孔があいているのがあったら頂戴といったら、
「??」
「虫が産みつけられていたら大事にするから」っと。

気持ち悪いと思われてしまいました。

あんさん、シギゾウムシはいいですね~~。
いろんなのを見てみたいです。

気持ち悪がられてしまいましたかー、あははhappy01
栗にいる幼虫はかなーり苦手なのですが…
どうやって成虫になるんだろう?っていうのは興味があります!
あれって、穴が開いてなくても虫が潜んでるときありますよね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白樺峠 | トップページ | ヒタキづくしだった »