サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

今季初もの

今年最後になるかも、と、いつもの公園へ。

まずサイコへ行くと、人が数人いて、ベニマシコを見ている。

遠いけど、今季初なので、見たり撮ったり。ああ、やっと見れた。

♂♀1羽づつ。
10121


ヨシガモを見てたら、どんどん近づいてきた。
10123

私が善良な小市民だということを分かっているらしく、群れで近づいてきて、上陸。
10122

立ち上がったら、もちろん逃げてゆきました。。。


それからP森に移動。

クラブのお仲間がいたので、とりあえずおしゃべり~しながら、ぶらぶら。

シジュウカラを一生懸命撮影してる人がいて、始めたばかりなのだな~なんて

温かい目で見守りながら横を素通りしてしまった。

で、後で聞いてみたら、ヒガラだったらしい。なんてこと~!

すぐそばにいたのに、もう高ーいところへ行ってしまっている。

またまた反省。ちゃんと見ないと。

ここで見るのは初めて、のヒガラ。
10121_2


居ついているらしいルリビタキ♀タイプ。
10126


アオジもなにげに今季初。
10121_3


あとはハイタカとアリスイか~。楽しみはとっておこうっと。(言い訳)

2010年12月19日 (日)

ハイチュウ(ただし雌)

きのう、茨城のたんぼへ。

ホシムクは、もう騒ぎがおさまったころだろうと思って行ってみたら

すっかりおさまっていた。

それでも近所迷惑にならぬよう、気を使いながら探してみるけど

風がものっすごく強くて、探す作業は難儀だった。

あなどっていた。

騒ぎがおさまったらゆっくり探してゆっくり見れる~なんて思っていたことを自省した。

結局、カメラマンが数人固まっているところに加わって、教えてもらった。ださー。

止まってるとこまで教えてもらって、もうほんとにでくのぼう状態(使い方違うか…)。

でも、たんぼでの探し作業は、あながち徒労に終わったともいえず

ハイイロチュウヒ♀が、すぐ近くを飛んでくれた。

10121


10122

すぐ目の前を飛んでいたので、幼鳥なのかと思ったけど

図鑑を見ると、メス成鳥のよう。

10123

♀はね~、ゆっくり飛んでくれるんだけどね~~。

♂は夕方、1羽だけ塒入りを見れたけど、写真にならず。

猛禽は他に、チョウゲン、ノスリ、チュウヒ、ハイタカ、ミサゴ。

シギチは、コアオ、エリマキなどまだ居ました。

あ、いちおうホシムク証拠写真も載せておきます。
10121_2


2010年12月13日 (月)

ツイているのかいないのか。。。

きのう、午後から出動して、三番瀬へ行った。

着いたときはもう2時で。鳥を見てる人はちらほら。

堤防のところに行ってみる。写真を撮っている人が二組いる。

アメリカヒドリが目に入った。とりあえず証拠写真を撮っておこうっと。

10121_4


「コクガンて今日はいるんですか?」「そこにいるよ、ほらほら」

教えてもらって、すぐそこにいて、撮る。

10122


羽を広げた。
10121_5


おお~~、なんて思ってたら、急にぱーーっとみんな飛んでいってしまった。

ええーー!

「さっきもハヤブサがきて、1回なーんにもいなくなったんだよ~。

今やっと戻ってきたとこだったのにまた飛んでっちゃったよ」とのこと。

ボートがぶんぶんやってて。そのせいもあって、鳥がいなくなってるみたいだ。

うう~~、あぶない。いちおうアメヒとコクガン撮りたくて来たので。

データを確認したら、私が着いてから飛んでいくまで、1分ちょっと。

1分て。信号ひっかかってたら…とかで、すぐじゃん。

もう少しで「たった今まで居たのに~」のパターンに陥るところだった。

コクガンは、飛んでいったところを探しに行って、なんとかみつけたけど、逆光。

10123


アメヒやビロキンやスズガモの群れは遠くにいて、もう戻って来ることはなかった。

アメヒ、もっときれいな緑を撮りたかったのに。。。

あとは、ハジロカイツブリが近くにいたり
10121_6


ハマシギが大群で飛んだり。
10121_7


カモって、ずーっと寝てるパターンとか、遠くにいるパターンとか

逆光パターンとか、よく考えるといいタイミングって難しいなーと思った次第。

2010年12月11日 (土)

狭山丘陵

実家に用があったので、近くの狭山丘陵へ行った。

山(というか丘?)を登ったところで、ルリビタキのヒッヒッヒッが聞こえる。

近づいて行って探してみると、鳴き声が止んでしまう。

声が止んでしまった~~、と立ちつくしていたら、目の前に小鳥が現れた。

ルリビタキのオスだ。

10121


枝が前に~~~sweat02
10123_3


証拠写真しか撮れなかったけど、オスのルリちゃん、去年も見てないし。2年ぶりかも。

この場所は、私が始めてルリビタキを見たところでもあるし

思いがけず会えただけでも嬉しくなれた。

会いたかった鳥にバッタリ会えるのって嬉しい。

一期一会的な。

山を下りたら、今度は♀タイプが。

10121_3

♀タイプは、そのあとすんごい近くにも出てきた。

これは♂若かも。

10124


10125


蝶は、ムラサキシジミがけっこういた。
10121_5


ウラギンシジミも。
10121_6

この人たちは越冬するんだろうね。


狭山湖にも行ってみたら、カモが堤防の向こう端にたーくさんいて

でも端から端まで歩く気力がもう残ってなかったので、見なかったことにした。

モミジのところにツグミが来た。

10123_2


シメも今年初めて見たけど、実をむさぼっていた。
10121_7


« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »