サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2019年6月24日 (月)

アリヅカムシ再び

先日、また丘陵の公園へ。。。

一番の目的は粘菌探しだったのだけど、この日は全然だめ。

道の脇で粘菌を探していて

アリがいると、好蟻性昆虫いないかな?とじろじろしてしまう。。。

もう脳を通さずに手が勝手に。。。

今日もいた。ツヤツチゾウムシ。
190601_20190620163001

アリのサイトに、ツヤツチゾウムシのことが「アリの巣周辺でよく見られる虫」と書いてあった。

ツヤツチゾウムシとコクゾウムシは、アリの巣の近くで本当によく目にする。

偶然ではないような気がしてくる。。。

でも、巣内で共生関係にあるというのではなさそう。

なんだろう…

「アリたちと一緒にいるとなんか落ち着く…」 とか

「そばにいたい…」 みたいなことなのかな。

 

朽木の皮をぺらっとしたら、中がぐづぐづになっていて…

アリヅカムシがいた!
Petaloscapus-sp1190604

 

捕獲して撮影。

Petaloscapus-sp1190601

この場所で記録のある petaloscapus sp.(ヒゲブトムネトゲアリヅカムシ属の一種)というのに

顔や触角、体型などがかなり近いように見える。。。

Petaloscapus-sp1190603

 

顔が大きくておもしろいハネカクシがいた。
190601_20190620154001

コバネアシベセスジハネカクシかな?

アシベって、、、なに? ゴマちゃんの飼い主?しか思いつかない。

 

先日載せたセアカチョッキリがいたカマツカをのぞいてみると

またいた……
190604_20190620163801

 

別個体もいた。これはオスかな? 全体丸っこい。
190605_20190620154101

この日は全部で4個体いた。

今度、行動を観察してみよう。

 

2019年6月20日 (木)

クロエリホコリ

去年お仲間が撮っていてうらやましかった、さくらんぼ粘菌。

今年はタイミングが合って、見ることができた!

クロエリホコリ(未熟)。まさにさくらんぼ状態。。。 190605_1

 

1906022_1

 

いろいろな段階のがあった!

一番若い段階は、真っ白。 190606

 

少し経つとほんのりピンク色がかってくる。 1906042

 

そして成熟する直前には黒くなる。。。(左のは成熟した子実体) 190607

 

教えていただいたお仲間に感謝です~~。

 

2019年6月18日 (火)

キノコ食べ隊

狭山丘陵の続き。。。

ツツキノコムシというちびっこ虫を見たいと思って

なんとなくキノコがあると注意してるのだけど

見れそうで案外見れてない。

調べてみたら、4年くらい前に見たっきり。

ということで、この日はキノコを重点的に見て回ってました。

 

これはキノコヒゲナガゾウムシ。オレンジのシフォンケーキに夢中…

190601_14

 

この間も登場した、キノコアカマルエンマムシ。珍しくじーっとしていた。

190601_15

 

顔のアップ。 かわいいようなコワイような。コワカワとでもいいますか。。。

190602_6

 

トウキョウムネビロオオキノコ。まれと書いてあるけど、けっこう普通にいる。。。

1906012_2

 

で、、、ツツキノコムシ…!

190601_16

キクイムシとかシンクイとかと、パッと見すごい似ているのだけど

ツツキノコムシはサルノコシカケが好きらしい。

 

おもしろいフォルムのツツキノコムシもいた!

190601_10

 

2mmちょっと。。。肉眼では形状がよく分かりません。

190603_2

ツヤツツキノコムシのオスかな?とおもうけど

自信がないのでツツキノコムシの一種ということで。。。

 

アゴはけっこう開くみたい。

190602_8

 

掘ったキノコをおでこの突起との間に器用に挟んでいた。

190604

このあとどんどんキノコに潜っていった。。。

 

«セアカチョッキリ など