サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • タイワンクロボシシジミ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月13日 (木)

最近のフユシャク

毎年書いてるかもしれませんが… フユシャクという冬に見られる蛾がいて

オスは普通に飛べるのに対してメスは翅が退化して飛べず

雌雄で全然違う風貌をしています。

メスが飛べないので、基本的に発生場所が極端に変化することはないようです。

私も詳しくはないのでざっくりとですが…

メスは落葉や下草にいたり、またはとことこ歩いて樹木やそこらの柵に上ったりして

コーリングといってフェロモンを出してオスを呼びます。

夜行性のものが多い中、前回載せたクロスジフユエダシャクは昼行性で

ちょっとした雑木林でも♂がたくさん飛んでいるのが見られ

気持ち悪いぐらいの数が飛んでたり…


クロスジフユエダシャク

先日も雑木林でたくさんの♂がふわふわ飛んでいる中、3匹ほど飛び方が違うのを見つけた。

自信のある飛び方。「♀がいる!絶対いるよ!」という声が聞こえた …ような気がした。

その声に勝手にお応えして、周辺をじろじろしたら、♀がいた!
181206


2匹の♂がひらひらしている。
1812072


そのうちの1匹が交尾。
181210


そのあと単独の♀も幹にいて、産卵しているようだった。
181212


=================================================================================

サザナミフユナミシャク

同じ日の夕方、お仲間のフユシャク先生たちがちょうど来られたのでご一緒させていただいた。

今の時期だとサザナミフユナミシャクなども見られるらしい。

木の幹をひたすらじろじろ……

サザナミフユナミシャク♂がぺたりとくっついていた。
181201


この日はちょうどタイミングがよかったらしく、♂がたくさん見られた。

サザナミフユナミシャクって、名前がかっこいい。

サザナミ。森の中なのにサザナミ。潮の香りがそこはかとなく漂ってきた …ような気がした。


♀も教えていただいて見ることができた。

サザナミフユナミシャク♀。フユシャク♀の中では翅が大きいほう。かっこいい…!
181202


あまり見られないらしく、ラッキーでした…。ありがとうございました!

=========================================================================

クロオビフユナミシャク

クロオビフユナミシャクは個人的にはけっこう毎年見られてます。

世の中的にはどうなんだろう。時期が短いとかいう情報も見かけたけど…

クロオビフユナミシャクはサザナミ同様、フユシャクの中では♀の翅が大きめ。

杭の上にぺったりとしていた。♀。
181202_2


別個体。
181201_2


つんつんしたら動いた。生きていた。
181203


クロオビフユナミシャク♂。たぶん黒い帯状もようが名前の由来かと…
181202_3

こちらも♂のほうが♀よりも多く見かける印象でした。


2018年12月 8日 (土)

擬木見てある記 (←ありがち)

久しぶりに擬木見てあるきをしてきました。

クロスジフユエダシャクがそこらじゅうで飛んでいる…

その中で、擬木の一つのまわりを執拗に飛んでいるのがいて

その周辺を見てみると交尾がいた。
181103


道の脇で、ノササゲがぶらーーんとなっていた。
181101


瀕死の状態のキボシカミキリ。紅葉を背景にお顔を撮ってみた。
181101_2


ピカピカのコバチ?かな。この季節見ると嬉しい。
181102


181103_2


アカハバビロオオキノコかな。
181101_3


飛んでいたクロスジフユエダシャクのオスが丸まった落葉のところに降りたので

メスがいるのかな?と思って見てみたら、やはり交尾であった。
181105

フユシャク探しも楽しいな~。

2018年12月 5日 (水)

虫のいる… #16

虫のいるネガ風

色をただ反転させたというのではなく… あくまでネガ「風」です~。

180814

«公園にて